「制作」と「製作」の使い分け。

「せいさく」には二種類の漢字がある。
「制作」と「製作」

 これってどう違うのだろう・・・?

辞書で調べてみた。
 制作:(芸術)作品を作ること
 製作:物品を作ること


 制作:芸術作品(絵画、工芸品、展覧会の出品作品など)
 製作:実用的で量産できるもの(精密機械、器具など)

たとえば
 舞台や映画は芸術作品であるので
 「制作」と表記するのが正しいのかな?

しかし、
 映画のDVDやビデオのパッケージをいろいろみてみると
 「製作」の文字が多いのだ。

 映画は芸術ではないのだろうか?

実はこの「日本語使い分け字典」には続きが書いてあった。
 「映画、レコード、演劇、放送、テレビ、
  ドキュメンタリー番組などは内容により使い分ける」

 そして例が一つ載っている。

 芸術映画の「制作」
 娯楽映画の「製作」

 だんだん雲行きが怪しくなってきました・・・。
 そもそも芸術映画と娯楽映画の境界って何?って話になる。
 それにこのたった一つの例だけでどう理解しろと??

今度は業界関係に重点を絞って
 「制作」と「製作」の違いを調べてみる事にする。

 制作:作品を作る為の実作業
 製作:作品の企画、資金調達、出資、制作、宣伝、興行全般

 つまり、
  作品そのものを作る人を「制作」といい、
  その作品に関わる(協力者を含む)すべての人を「製作」と表記する。

 「製作」の中に「制作」があるという関係。
 会社単位になると「制作」よりも「製作」の方が立場が上。

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などの
 3DCGアニメを例にあげてみる。
これらの作品は「ディズニー映画」と勘違いしている人も多いようだが、
 表記するとこうなる。

 制作:ピクサー(作品制作の実作業)
 製作:ディズニー(出資、配給協力)

この場合ディズニーは作品を作ってはいない。
だから正確には「ピクサー映画(アニメ)」が正解となる。
でも偉いのはディズニーって事(笑)

口で話すと両方とも「せいさく」。
 だからこういう業界で「せいさく」の話をすると
 ややこしくなるので使い分けがあるらしい。

 「制」と「製」は漢字で表すと足に「衣」があるかないかの違い。

 だから話をする時は
 「衣有り製作」
 「衣無し制作」と口にするようだ。

 (映像業界すべての共通語じゃぁないみたいだが^^;)

この違いを知っておくと
 映画やTV番組のエンドロールなどで、
 製作(制作)会社の関係が解ったりして、面白いかもしれません。

どこかのページに
 「製作進行のアシスタントをしていた」と書いてありましたが、
  正確には
 「制作進行」のようです
スポンサーサイト

「怖い」と「恐い」

「怖い」 
  主観的。
  説明不能の嫌悪感など。
 
 あの人怖い……変な霊が憑いてる。肝試しは怖いから嫌!

「恐い」 
  「平気」の反対語。
  客観的。他人にもそのこわさがわかる。
 
  戦争は恐い。強盗は恐い。

「寂しい」と「淋しい」

「寂しい」 
  客観的な静けさ、人気の無い。

「淋しい」 
  自分の感情面に関して。

すべて『寂しい』ですますのはオーケーだが、、

すべて『淋しい』は間違い。

「淋しい」には元々、
 さびしい、という意味が無かった。
 静かな水音などを表現する漢字だったのが、

「寂しい」と並べて使われるようになった。

「充分」と「十分」

「十分」 
  割合を示す。
 
  桜が八分咲き……などの意味の十分。十二分。

「充分」 
  分相応の充足。
 
  部長の職務を充分に果たす。

「硬い」、「固い」、「堅い」

「硬い」  
 「軟らかい」の反対語。

 客観的な度合い。
 「硬度」「硬い絆」「口が硬い」
 「力を加えても形が変わらない」

「固い」 
 「ゆるい」の反対語。

 物体の度合い。
 「固い友情」「固い握手」
 「全体が強くて形が変わらない」
「固まる・固める」という動詞の形がある。

「堅い」 
 「もろい」の反対語。

 人間関係の度合い。
 「堅い守り」「堅苦しい」
 「中が詰まっていて砕けにくい」「もろいところがない」
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: