スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来客を迎えるポイント

来客を迎えるポイント
 1.訪問の申し入れを受けた時は、訪問の日時・用件・人数・おおよその所要時間を確認。
 2.打ち合わせに必要な書類は事前に準備。応接室や会議室の予約も忘れずに。
 3.「いらっしゃいませ」と、来客には立ち上がって応対。
  自分への来客ではないからと見て見ぬふりをするのはマナー違反。
 4.自分への来客の場合は、たとえ上司との打ち合わせ中でも一言断ってからすばやく応対。
  会議中などでやむをえず来客を待たせる場合も、
   本人が顔を出してお詫びをするか、代理の人にその旨を伝えてもらうこと。
 5.名指し人が不在の場合は、
  「まことに申し訳ありません」と丁寧に詫び、本人にかわって訪問の用件をたずねておく。

取り次ぎ・案内・誘導のマナー

取り次ぎのマナー
 1.「失礼ですが、どちら様でしょうか」と丁寧に社名・名前・用件・約束の有無などをたずね、
   名指し人に伝える。
  名指し人が接客中や会議中の場合は、口頭で伝えずに、メモで知らせる。
  来客が複数の時は「○名様でおこしです」と伝えた方がさらに親切。
 2.取り次ぎで来客を待たせる時は、「ただいま○○を呼んでまいります。
  しばらくお待ちください」と言って手近な椅子をすすめる。
  立ったまま待たせるのはマナー違反。
  案内する場所を名指し人本人に確認してから来客を誘導する。
 3.名指し人が会議などで来客を長く待たせている時は「お待たせしております。
  もう間もなくまいりますので」など、本人にかわって伝える気配りも大切。

お茶のおもてなしのマナー

お茶を出す時は「失礼します」と来客に一礼してから。
お盆はサイドテーブルにいったんおき、
 茶托を両手でもって来客の前に。

お菓子を出す時は、
 お菓子を先に出してからお茶をすすめる。
フォークや楊枝が来客の側にいくようにおくこと。
お茶は来客から見て、お菓子の右側に出す。

来客の案内・誘導のマナー
 1.廊下
   来客の斜め少し前を歩いて誘導。
   来客に廊下の中央を歩いてもらう。歩く速度も来客に合わせる配慮を。
 2.階段
   上りは自分が来客の後ろにつき、下りは先に立って降りる。
   来客を見下ろす位置にならないよう心掛ける。
 3.エレベーター
   「上位者先乗り、先降り」が原則。
   ただし「開」ボタンを押す必要がある場合は先導者が先に乗って来客を迎え、来客のあとから降りる。
 4.応接室
   案内する時は、押し開きのドアの場合は誘導者が先に入室。
   からだの向きを変えて「どうぞ」と中に招き入れる。
   手前開きの場合は、先に来客を通してから入る。

名刺交換のマナー
名刺を出す時のポイント
 1.相手が来たら、まず立ち上がって挨拶。
   訪問先では相手より先に名刺を出すようにする。
  その場になってあわてないように、
   訪問の際にはあらかじめ名刺入れを用意しサッと出せるようにしておく。
 2.ぞんざいに机の上に突き出したりしては失礼。
  「○○会社の○○と申します」と挨拶しながら、先方が読めるような向きにして差し出す。

名刺を受け取る時のポイント
 1.名刺は来客の存在そのもの。
  扱いはくれぐれも慎重に。
  出された名刺は両手で受け取る。
  この時も文字に指をかけないように配慮をすること。
 2.名刺はしばらくテーブルの上におき、覚えてから名刺入れにしまう。
  相手が複数の場合は、並んでいる順にテーブルの上に名刺を並べておいてもよい。

紹介の仕方とされ方
紹介の基本

初対面の二者を引き合わせる時には原則的に守る順序がある。
 1.年少者や地位の低い人を先に紹介し、年長者や地位の高い人をそのあとに紹介する。
 2.身内の人を先に紹介する。

紹介のT.P.O
 1.他社に同行者をともなって行った場合、
   まず「当社の営業部長の○○です」と同行者を先に紹介する。
 2.来客に自社の人間を引き合わせる場合、来客の方が若くても身内から先に紹介する。


お辞儀のT.P.O

会釈
 同僚や社内ですれ違った上司・来客に対してする軽いお辞儀。
 からだを傾けて目線は足もとに。首だけカクンとまげるのは失礼。

普通礼
 初対面の人や訪問先でするごく一般的なお辞儀。

敬礼(最敬礼)
 一番丁寧なお辞儀。とくに敬意を表する相手や慶弔の儀式の際に使う。
スポンサーサイト

お部屋の上座・下座

上座とはもっともくつろげる場所です

お部屋に通された場合 上座・下座って何?


お部屋に通された場合

訪問において、
 部屋まで上がる際は、
 玄関ではまず簡単な挨拶を、
 そしてお部屋に入ってから正式な挨拶をします。

お部屋までは相手からの案内に後ろからついていきます。

こちらがむかいいれるケースでも、
 相手に後ろからついてきてもらうのが基本ですが、
 階段部分では先にお客様を通します。

お客様が足を踏み外しても対処できるようにという配慮からです。


上座・下座って何?

部屋には上座・下座という席があります。

上座とは目上やご年配の方用の席です。

上座・下座を決める際に最も重要なことは、
 その場所がいかにくつろげるか、
 休まるかという点です。

こうした考えにのっとって上座・下座は決められます。

では具体的にはどのようにして決めるのでしょうか。
和室、洋室とに分けて見ていきます。


和室では

和室の場合、上座・下座を決める一番の要因は
 床の間と床脇棚の位置です。

床脇棚とは床の間の脇にしつらえられた棚や戸棚のことです。

床の間は礼拝の場所とされていてそこからもっとも近い席が上位な場所となります。

したがって床の間、
 床脇棚から最も近い席が上座となります。

くつろげると言うよりはむしろ相手を敬うという意味合いのほうが強いです。

床の間や床脇棚のない部屋では入り口からもっとも遠い場所が上座となります。

ちかいと出入りが激しくておちつけないからです。

クーラーのあたる位置や日のあたる位置、
 景色の見える位置など、
 くつろげるいくつかの要因などによっても上座の位置は変わってきますので、
 判断が難しいときがあります。

その場合は床の間の位置や入り口からの位置などで判断してもらえば間違いないのですが、
 相手から薦められた位置に座るのが一番です。

位置を指定されない場合は下座に座るようにしましょう。

和室で、
 座布団が用意されている場合はまずは座布団の横に座ります。

座布団をひくように薦められた場合はのってもかまいません。

相手があらわれたら挨拶をして、
 その後に座布団に座ります。

すでに座布団に座っている場合は一度畳の上におりてから挨拶をします。

座布団への座り方は、
 まず体を斜めにし、膝を座布団の上にのせます。

そして両手を座布団の上にのせ、
 体を真中へと移動させます。

座布団の上に直接立っては行けません。


洋室では

洋室の場合は入り口から最も遠い席が上座となります。

理由は和室の場合と同じで入り口から近いと人の出入りが激しくおちつかないからです。

洋室の場合はいすが置かれている場合がほとんどです。

このいすの様式からも上座・下座を判断することができます。

幅も広くゆったりとしていてくつろげるという意味で、
 ソファーが最も格が高いとされます。

次にアームチェア、アームレスチェア、スツールと続きます。

上座の位置といすの格式は大体比例しているものですが、
 下座の位置にソファーが、
 上座の位置にアームチェアがといった具合に
 上座・下座の位置と椅子の格式が一致していない場合もあります。

その時は入り口からの位置を優先しましょう。

もちろん洋室の場合でも、
 上座・下座の位置はクーラーや日のあたり具合、
 景色など、いくつかの要因に左右されます。

ですから一番は相手から進められる席に座るということです。
そうでない場合は入り口から近い下座の席に座るようしましょう。

いすへの腰掛ですが、
 特に何も言われないときには相手がくるまで横か前に立って待つようにします。

腰掛けるように薦められた時は先に座っていてもかまいません。で

すが相手が見えたときには立ち上がって挨拶をしますので、
 足を組んでいたり、
 深く座っているとすんなりと立てません。

先に座る際は背筋をピンと伸ばして浅く座るようにします。


上座に進められた場合

目上の方から上座の位置を薦められた場合には、
 下座の位置を申し立てるべきなのか。

いえ特に気にする必要はありません。

下座の位置は入り口から近いことが多いので、
 先に座られてしまうとかえって出入りの邪魔になってしまうかもしれません。

それに出入りの際には前を通りますので
 「すみません」といちいち声をかけなくてはならず
 かえって気を使わせてしまいます。

あまりに立派ないすに勧められた場合などは別でしょうが、
 そうでない場合は進められた位置に座ってもかまわないでしょう。

「(株)」は失礼?

「(株)」は失礼?
 よく会社間の書類のやりとりで・・・

 株式会社 を (株) 
 有限会社 を (有) などで
  社名を記入しているのを見かけますが、
  これって失礼には当たらないのでしょうか?

 私自身は自社名は省略する場合がありますが、
 相手先の社名は必ず省略しないで記入するようにしております。

(株)(有)は略称であり、
 正式な社名ではありません。

 書類等で略称を使うのは失礼ですので、
 正式名称で記載するようにしましょう。

例えば、
 渡邊さん→渡辺さん
 齋藤さん→斉藤さん
 等、簡単な漢字に略して記載するのも失礼ですよね。
 私自身、自分の名前が略字で書かれ、ムカつく側です。

http://okwave.jp/qa/q2731003.html より
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: