スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章構造の基本

わかりやすい文章の条件

文章を作る上で基本に置かれるのが四段型の文章構成です。

起……話を起こす。
   書き出し、前提条件など(つまり、序論です)。
   文章の導入部。

承……起を承[う]ける。
   起を発展した話を提示。論文であれば論を説明する。
   小説であれば、本題に関する内容。

転……話を転じる。
   承とは視点や物事を変え、内容を深いものにする。
   論文であれば持論とは異なる論との比較・検証など。
   小説であれば、内容の転換。

結……話を結ぶ。話の結論。

この4つの中でもっとも難しいのが、
 「転」です。

せっかく「起」「承」「結」がうまい文章でも、
 「転」で失敗すると、
 説得力に変え、分かりにくい文章になってしまいます。

ですので、
 この四段型の重要な点は「転」を
 どうするかにかかっているかと言っても過言ではありません。

おそらく、
 学校の授業などでは(特に小中学校)、

 「転」とは
  「承」と異なる内容ですよ、
  話の展開がガラリと変わりますよ、
  と教わってきたのではないでしょうか。

しかし
 この説明では不十分です。
確かに、
 「転」とは
 漢字で見れば、
 話を転じる、全く違う内容に変えることになります。

しかし、
 違うのです。
 「承」と違う視点で見る、
 「承」の内容をより深く切り込む、
 「承」の内容を広げることが「転」なのです。
ですから、
 「承」と「転」とは密接な関係であり、
 まったく無視した存在ではありません。

なかなか慣れないとこのような四段型で文章を書くことは難しいことから、
 最近では「三段型」が一般 化しています。
論文などの多くは三段型ですし、
 文章教室の講義やカルチャースクールでも
 三段型を中心に教えるようになっています。

三段型の構成は、

首(序論)……書き出しや前置き、前提条件など文章の始まり。
       つまり、導入部。

胴(本論)……本文。芯となる部分。

尾(結論)……書き出し・本文に対しての結論。
       この「尾」か「首」で主題を明記。

のようになります。
この三つがしっかりしていれば、
 読み手には内容が伝わります。
ここで気をつけなければならないのは、
 序論から結論まで統一された内容であることです。
また、
 胴が一番長くなります。
頭でっかちや尾が大きい文章は、
 読み手にとってはあまり詠み読みやすいものとはいえません。
スポンサーサイト

ももたろう

事例で起承転結を説明します

実際の文章で起承転結をどのように考えればよいか説明します。
皆さんもよくご存知の
 ももたろうの話です。

起・・・分野は昔話
 昔、あるところにおじいさんとおばあさんがすんでいたと。

承・・・絞り込んだ情報提供
 おじいさんは山に柴刈りに、
  おばあさんは川にいって洗濯をしておった。
 そのころはな、
  村の娘さんが、
  鬼たちにさらわれて、みんな難儀しておったと。

転・・・新事実の付加でものがたりは展開
 あるとき、おばあさんがな、川で洗濯をしておるとな、
  おおきな桃がどんぶらこと流れてきたそうな。
 おじいさんとおばあさんが桃をたべようとしたらば、
  中から男の童(わらし)が生まれてきてな。
 おじいさんとおばあさんは童に、
  ももたろうと名をつけて、大切に育てとった。
 ももたろうが、いい若衆になったらば、こう言ったと。
 「おじいさん、おばあさん、悪い鬼たちを成敗してきます」

結・・・カタルシスのある結果
 ももたろうは、鬼が島へいって、
  家来のサル・キジ・犬たちと一緒にさんざん鬼をこらしめてな。
 娘さんたちを連れ帰って、
  おじいさんとおばあさんに宝をいっぱい持ってきたそうな。めでたし。

※カタルシスとは「精神の浄化作用」のことです。

こうした基本のストーリーができたら、
 あとは話を膨らませ、脚色して、
 作者の求める雰囲気に物語を洗練させてゆきます。

ももたろうの話では、
 きび団子をつかって、
 サル・キジ・イヌとの交流と仲間づくり、

 鬼との戦いのリアルな活劇など、
  わくわくする語りを入れてゆくわけです。

 臨場感や、情感などは、
  このような脚色の世界で得られます。

起承転結は
 物語の骨格です。

つまらないストーリーでも、
 よいシナリオライターがいれば
 読み応えのある脚色をしてくれますから、

そこそこ読むことのできる話には仕上がります。

しかし、
 よい起承転結でないと十分なカタルシスは得られません。

歴史に残ってゆくよい話とは、
 よい起承転結とよい脚色能力がかみ合ったときに生まれます。

長編の物語では起承転結の中に、
 小さい起承転結をいれて繰り返しながら話が進みます。

また、
 話の内容のなかで「承」におくべき情報提供の一部も、
 話が長くなると忘れてしまうために、
 話のつながる「転」の中のふさわしい場所に移したりと
 あれこれ処理を加えます。

起承転結はダメ

起承転結はダメ

起承転結は
 伝統的な文章作法
日本には
 古代中国から伝わった起承転結という文章作法があります。

元々起承転結は
 漢詩の絶句に用いられたスタイルだそうです。

広辞苑によれば
  第一の起句で詩思を提起し、
  第二の承句で起句を承け、
  第三の転句で詩意を一転し、
  第四の結句で全詩意を総合する
   のだそうです。

この影響でしょうか、
 日本では
 普通の文章を書くときにも
 「起承転結」に注意する、というようなことをよく言われます。

論文の書き方の本にも同じような説明がなされているものを、
 以前はよく見かけました。

特にポイントは
 「転」で、「起」「承」から一見すると外れた文章を提示し、

 そして
 「結」ではすべてがまとまる、という、
  言わば文学的にスリリングな文章を書く作法と言えます。


しかし、
 論文を書く場合はどうでしょうか。


論文では起承転結はダメ

はっきり書きますが、
起承転結は
 文学や詩文ならいざ知らず、
 論文やレポートに向いた構造ではありません。

論文は
 あらかじめ行く先がわかっている文章です。


小説のように
 予測できない話の展開や結論を楽しむものではありません。

「転」が入っては
 論文としては失格です。


論文の場合は、
 論理の流れが一本になっていなければなりません。


問題提起がなされ、
 その議論が進んでいく時に、
 思考を止めなくてはならないような
 「繋がらない」文章が挟まれていてはいけません。

たとえ「結」で
 「実は関係があった」
 「前振りであった」ことが明らかにされるとしても、です。

論文は
 結末への展開を楽しむためのものではなく、
 「これでもか!」と、
 相手の注意をそらすことなく自分の主張で説得するためのものです。

起承転結のコツ

起承転結

ルールに沿って文章を書いていくことができれば
 文章のレベルが上がっていきます。

しっかりとした文章を書きたいと思っている人のために
 ルールに沿った書き方と使用例を紹介していきます。

起承転結のコツ


 書く文章のテーマ(小論文や感想文)に対しての自分の意見を書きます。

 小論文なら
  テーマとなっている文章の著者の意見に対しての
  YESかNO

 感想文なら
  自分の思ったこと(感動した、面白かった)などの簡単に書きましょう。


 テーマとなっている物に対しての自分なりの
  解釈や要約のようなものを書いていくのがいいです。

 小論文ならば
  『著者の述べている‥』といった感じで始めて
  文章の重要箇所の要約を、

 感想文なら
  テーマとなっている物の大まかな内容などを書いていきましょう。


 自分が
  『承』で書いたことに対しての自分がどう思ったのか、
  そしてそう思った理由を詳しく書いていきます。

 小論文であれば
  ここで著者の意見に対しての
  自分のYES,NOの意見の明確な理由などを
  著者の意見と混ぜて書いていければいいです。


 『起』で述べた自分の感想に少し戻り、
  「『承』、『転』でこう思ったことにより
   自分は『起』のように思った。」
  といった風にまとめることができればベストです。

最後に
 最後に注意をしなければならないことがあります。
 それは起承転結の順番をバラバラにすることなく、
  起、承、転、結を順番に書いていくことです。

おわりに
 起承転結をしっかりとさせて
  四つの文章で構成された
 作文や小論文は
  読み手にとって読みやすくなっています。

 この順番をしっかりと守って文章を書いていけば
  高評価が得られる可能性が高くなると思われます。

さざえさん

サザエさんの例

「またまたサザエさんをさがして」
 (朝日新聞be編集グループ編,朝日新聞社,79Pより引用)

この漫画の各コマを順に見ていきたい。
(1コマ目)これが「起」なのは明らかだと思う。
(2コマ目)カツオをたたいたサザエにフネが反論。
  家族間のけんかが激しくなる

「起」の状況が進展しているため,「承」となる。
 そして問題は3コマ目である。

 このコマの内容
  (フネにマスオが再反論(サザエ擁護のため?)してけんか継続中。
 で,その最中に波平が帰宅してきた)は,
  どうみても2コマ目の状況(家族のけんか)が継続しているだけで,
 
 「転」となるものごとが起きているわけではない。

 さきほどのWikipediaの起承転結の説明では,
 「転 → 物語の核となる部分。「ヤマ」ともいわれる、
  物語の中で最も盛り上がりを見せる部分」

 「物語の中でも最も大きな転機を見せる部分」
 「読者が知らなかった事柄や想起を超える展開をすることによって
  関心や興味を引く部分」と説明されているが,

 この3コマ目はけんかが継続しているだけで話が盛り上がっているわけではない
 (波平が帰宅して「一体ことのおこりは~」と聞いているが,
  これは父親というか家族として当然のことで,
  特に話が盛り上がっているとは考えられない)。

 また,意外な展開などが起こっているわけでもない
 (これが,波平が帰宅したらなぜかみんな仲直りしたとかゆうなら
 「転」となると思うんですけど)。

 よって,この3コマ目は「承」が続いているだけと考えるしかない。

 (4コマ目)ここで,けんかの原因が実はそうめん*1

 であったと判明し(これが「転」),
 波平大ショック(「じ つ に く だ ら ん !」)=「結」

 よって,
  以上の4コマは,「起」→「承」→「転」→「結」ではなく,
 「起」→「承」→「承」→「転結」となるのではないだろうか。
さざえさん
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: