スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわして、打ち込む。会話は「剣術」だ -落語家 桂文枝

プロがそっと教える「話し方のコツ」
PRESIDENT 2014年9月15日号
山口雅之=構成

桂文枝(かつら・ぶんし)
1943年、大阪府生まれ。関西大学商学部中退。大学時代に桂米朝の落語を聴き、64年落語研究会を創設、66年落語家を目指して桂小文枝に弟子入りする。桂三枝として『歌え!MBSヤングタウン』に出演、『パンチDEデート』『新婚さんいらっしゃい!』などの司会で高い人気をえる。2012年7月、6代目桂文枝を正式に襲名。

話の「ほころび」をどのようにつくりだすか

6代目桂文枝でございます。本日は、「営業に役立つ話し方、聞き方」というお題を頂きました。実は私、何百人、何千人を前に話をするのは慣れておりますが、相手が1人や数人だと、どうも照れくさくて苦手なんです。でも、それじゃ話が前に進みませんね。『新婚さんいらっしゃい!』の話からしましょうか。

私が司会を務めるこの番組には、毎回2組の新婚カップルが登場します。一応ディレクターから情報はもらっていますが、私自身が事前に会うことはしません。だから、どういう展開になるか、毎回カメラが回ってみないとわかりません。その緊張感を大切にしたいのです。

本番中はいつも、
 どうやれば目の前の新婚さんのよさを引き出せるかを考えています。

そのために必要なのは「ほころび」です。
向こうの話をそのまま聞いても、面白くありません。
それはテレビ用に準備してきた、
 ほころびがない話だからです。
そこで、
 突然話の矛先を思いもよらぬ方向に持っていったり、
 相手の予想もしなかったような質問をしたりして、
 わざとほころびをつくるようにすると、
 相手は動揺します。
そのときの表情、
 ポロッと口から出た言葉こそが、
 その人本来の姿であり、魅力なのです。

ただ、相手は素人なので、何が起こるかわかりません。
なかには緊張で頭が真っ白になって、
 とんでもないことをしゃべり始める人もいます。
ただ、そういうのはたいてい男性で、
 女性は落ち着いていますから、
 奥さんに「ご主人緊張してますね」と話を向ける。
そうすると「いつもこうなんですよ。
あんた、しっかりしいや」と、そこでまた人間ドラマが生まれるのです。

以前、こういう私の司会ぶりを見たある外国の方から
 「まるで剣術みたいだ」といわれたことがあります。
確かに、
 相手が打ち込んできたらさっとかわし、
 ひるんだと見るやすかさず打ち込む
という、
 44年間番組をやらせてもらうことで身につけた私のスタイルは、
 剣術に通じるところがあるのかもしれません。



好奇心を持って、自分の引き出しをいっぱい持っておく

相手の話をうまく引き出すにはどうしたらいいかですか。
そうですね。
私は、大事なのは好奇心だと思います。
日ごろから好奇心を持って
 いろいろなものを見たり、聞いたり、経験したりして、
 自分の引き出しをいっぱい持っておくのです。
そういう人は話題が豊富だし、
 切り口がたくさんあるので会話が途切れることがありません。
特に営業だと、
 いろいろな人と話をしなければならないでしょうから、
 どんなテーマにも対応できるよう、
 いま流行っていることから
 政治、経済、歴史、文学、音楽……ありとあらゆることに興味を持って、
 首を突っ込んでおくことです。

ときどき忙しくて本を読んだり映画館に行ったりする時間がないという人がいますが、
本当に本が読みたい、
 映画が観たいと思ったら、時間は必ずつくれます。

例えば
 映画なら、休みの日に早起きして朝一番の上映を観るというのはいかがでしょう。

私も、話題の映画は必ず劇場に観にいくようにしています。
『ゴジラ』は封切りになってすぐに観にいきました。
『アナと雪の女王』は吹き替え版と字幕版を両方観ています。
『ハリー・ポッター』も2回観ました。
ただ、映画を観ることが何かの役にたっているのかと聞かれても、
 正直よくわかりません。

まあ、「ハリー・ポッターのバタービールはこんなんやった」といえるだけでも、
 観た意味はあるのではないでしょうか。


勇気を出して、恥ずかしさという鎧を脱ぐ

知識や情報を増やすには、
 人から学ぶというのも有効です。


このときも、
 何でも学ばせてもらおうという熱意が強い人ほど、
 より多くのことを相手から聞き出せます。


とにかく、
 恥ずかしがらず
 気になったことはどんどん質問することです。


先日、あるバイオリニストの方に直接お話を聞く機会がありました。
私は、バイオリニストはみな、
 バイオリンが当たるあごにあざがあるものだと思っていた
のに、
 その人のあごはきれいなままでした。
そこで「あざ付いてまへんな」というと
 「練習のときはあざにならないよう、
  あご当てとあごの間に布を挟むんですよ」
と教えてくれました。

もしかしたらその人は
 「そんなことも知らないの」と思ったかもしれません。

でも、たとえそうだったとしても、
 そこで確認したおかげで、
 私のバイオリンに関する知識は確実に増えた
のだから、
 それでよかったのです。

話が苦手という人も、
 この恥ずかしいという気持ちが強すぎるのだと思います。

要するに、
 他人の目を気にしすぎているのです。
それでいいたいことがあっても
 「うけなかったらどうしよう」
 「もし間違っていたら格好悪い」と、
 口を開くのを躊躇してしまうのでしょう。

うまく話ができるようになりたいなら、
 勇気を出して、恥ずかしさという鎧を脱ぐことです。


格好悪い自分を人目にさらして恥をかくのは、
 最初はしんどいかもしれません。
けれども、
 完璧で隙がない人より、
 多少失敗して笑われる人のほうが、
 可愛げがあって、
 結局は多くの人から愛されるのです。


それに恥をかくことに慣れると、
 相手の失敗にも寛大になれます。


それは人間力を高めることにもつながっていくのです。
営業といっても結局は人と人が行うのですから、
 技術よりも最後にものをいうのは人間力、
 それを高めることを目指してください。
スポンサーサイト

47.叱れるようになるためには

叱ることと怒ることは違います。

 叱るとは怒りの感情を抑え、
  子供のためになること(愛情)を
  子供が理解できる言い方(理性)で説得すること。
 子育てに必要なのは、愛情と理性。
 
 美輪明宏 『オーラの泉』より



『朝日新聞』(2007.7.22付)の「おやじの背中」で
 大黒摩季さんは次のように書いていました。

・・・・父との思い出で、強烈に覚えているのは、
 小学校低学年のころの出来事です。
学校で「生命と親子」というテーマで絵を描くよう課題が出て、
 私はアリの絵を描きました。
一生懸命に食べ物を運ぶアリと、
 その横で人間に踏みつぶされて死んだ血まみれのアリ。
担任の先生に出すと、
 「まじめに描いていない」と怒られました。

担任の先生は、
 アドバイスをすることもなく、
 ただ、感情的に大黒さんの絵を否定したのでしょう。

ちなみに、
 大黒さんの父親は、
  娘の絵をたくさん褒めた後、
  「絵をもう少しだけ明るくしたら」と
  アドバイスしたそうです


人は誰でも「怒る」のではなく
 「叱りたい」のだと思いますが、
 なかなか難しいですね。




たとえ叱ったとしても
 自分のために叱ってくれているだ
 とわかってもらえるような
 信頼関係を早く築きたい


始めに、はっきり言う!
 ということです


たとえば
A)
「自分は君を上達させるために言うのであって
  君を個人的に攻撃するつもりはまったくないから

  厳しいことを言うことがあっても
   悪意なんかはない


  誤解しないでくれ、と
   あらかじめ何度でも言う」


B)
「厳しいことを言うけれども
  君がそういうのに発憤して
  やる気を起こしてほしいがために言うんであって
  攻撃するつもりはないんだ」

C)
「期待しているから言うのであって
  期待していない人には
  厳しいことを言うと
  自分が嫌われるだけで
  損だから言わないよ

 僕を嫌いになったって
  君たちは伸びないんだから
  そういう無駄なことはしないように」

とはっきり言います
 それだけでも
  かなり誤解は少なくなります

陰暦の月の名称

季節の挨拶
1月
(睦月むつき)

 初春の候、大寒の候、厳寒のみぎり、新春とは申しながら、
 毎日厳しい寒さが続いております、寒さ厳しい折から
2月
(如月きさらぎ)

 晩冬の候、立春の候、春寒のみぎり、立春とは名ばかりで、春まだ浅く寒さ厳しいおり
3月
(弥生やよい)

 早春の候、浅春の候、向春の候、水温の候、啓蟄、
 日増しに暖かくなってまいりました、だいぶ春めいた昨今ですが
4月
(卯月うづき)

 春暖の候、春爛漫の候、陽春の候、花冷えの候、
 春もたけなわのこの頃ですが、春眠暁を覚えずと申しますが
5月
(皐月さつき)

 新緑の候、若葉の候、薫風の候、風薫る爽やかな季節となりました、
 若葉の美しい季節がまいりました
6月
(水無月みなづき)

 初夏の候、梅雨の候、孟夏の候、向夏の候、
 うっとおしい雨が続いておりますが、さわやかな初夏となり、いよいよ梅雨に入りました
7月
(文月ふみづき)

 盛夏の候、炎夏の候、酷暑のみぎり、暑中お見舞い申し上げます、
 暑さ厳しい折り、近年にない暑さですが
8月
(葉月はづき)

 晩夏の候、立秋の候、残暑厳しいおりから、
 立秋とは名ばかりで、まだまだ暑い日々が続き、なお厳しい今日このごろ
9月
(長月ながつき)

 初秋の候、新秋の候、秋冷の候、秋彼岸をすぎてめっきり涼しくなりました、
 朝夕涼しくなりましたとはいえ
10月
(神無月かんなづき)

 秋冷の候、錦秋の候、天高く馬肥ゆる秋、木々も色づきはじめ、
 秋もたけなわの今日この頃、秋も深まり
11月
(霜月しもつき)

 晩秋の候、深秋の候、向冬のみぎり、朝夕はめっきり冷え込む季節となりました、
 朝ごと冷気が加わって
12月
(師走しわす)

 初冬の候、寒冷の候、師走の候、年の瀬もおしせまり、
 歳末ご多忙のおり、何かとあわただしい年の瀬を迎え

3月

弥生(やよい)
弥生は草木弥生いる(くさきいやおいる)月が語源と言われる。
月名の語源には諸説あるものだが、
 弥生だけは異説が少ない。

「風雨改まりて、
 草木いよいよ生ふるゆえに、
 いやおひ月といふを謝まれり」が始めに書いた弥生です。

表日本の桜の頃。
盛りの桜を楽しみ別れを惜しむ気持ちが含ま れています。
陽暦では大体4月上旬から5月上旬に跨がる頃に相当します。
「さくら さくら 弥生の空は」の意味が理解できました。


二十四節気
二十四節気は、
 太陰暦を使用していた時代に、
  季節を現すための工夫として考え出されたものです。
 一年を二十四に等分し、
  その区切りと区切られた期間とにつけられた名前です。
 現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。


 「はる」は万物が発る季節

3.啓蟄 (けいちつ) 3/6頃
 二月節
 太陽視黄経 345 度
 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也(暦便覧)
 啓蟄は冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味。
 実際に虫が活動を始めるのはもう少し先。
 柳の若芽が芽吹き蕗のとうの花が咲く頃である。

4.春分 (しゅんぶん) 3/21頃
 二月中 二至二分 (如月:きさらぎ)
 太陽視黄経 0 度
 日天の中を行て昼夜等分の時也(暦便覧)
 この日をはさんで前後7日間が彼岸。
 花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと言っても油断は禁物。
 昼夜の長さがほぼ同じ頃であり、この後は昼の時間が長くなって行く。



会計年度や学年の年度替りのシーズンです。
そのため学校では卒業式、
 会社では送別会が行われます。
出会いと別れの多い時期です。
学生は3月末に春休み入り、
 会社でも、人事異動が行われやすい頃で、
 引越しや新生活の始まりの準備で忙しい日々を送る人も多くなります。
またテレビ・ラジオ番組の改編期(3月・9月)であり、
 それまで放送されていたドラマ・バラエティ番組などが終了し、
 新しい番組が始まる過渡期です。


■3月の主なイベントごと
・道路工事が盛んに行われる
・東日本大震災が発生した月(2011年3月11日)
・テレビ・ラジオ番組の改編期(3月・9月)

・3月3日 - 雛まつり
・3月14日 - ホワイトデー
・2月16日~3月15日 - 確定申告
・3月20日から3月21日ごろ - 春分の日の祝日(日にちは年によって違う)
・春分の日の3日前 - 彼岸の入り
・2月~3月 - 春闘
・3月下旬 - プロ野球公式戦開幕 (年によっては4月の場合アリ)
・3月下旬 - 桜が開花する時期 (東京の平年日は3/28頃)
・3月下旬 - 多くの会社が決算を行う



1日
 花粉シーズンに突入 「寒さが少し和らぎましたね。
 早く暖かくなるといいですね」
 「花粉がきましたね。今年は例年よりも多いようですよ。
  サバイバルグッズとそろえないと~」
2日
 「最近、道路工事多くないですか?
  通勤途中の道、3斜線あったら10分早く来れると思いません?(妄想トーク)」
 自治体による年度末の無駄使い
3日
 雛まつり
「女の子のお祭りですね。
  今度生まれてくるときも女の子がいいですか?女の子で得したことありますか?
 子供ができたら男の子と女の子どっちがいいですか?」
4日
 「卒業式の時期ですね。
  息子さんはもういくつになったんですか?」
 「じゃあ、そろそろ反抗期ですか」とか
 「恋人とか家に連れてきたりするんですか?」
5日
 「そろそろテレビドラマもクライマックスの時期ですね。
  何かドラマ見てますか。
  どんな番組見ますか?」
 (3月はテレビ番組の改編期)
6日
 「お店に行くとすっかり春物の服が並んでいますね。
  買いました?
  七部袖の着こなしやメリット教えてください。
  どんな時に着ますか?」
 早ければ2月下旬、多くのお店では3月上旬に春物(半袖・七部袖)が店頭に並ぶ
7日
 ホワイトデー1週間前 「もうすぐホワイトデーですね。
 もう準備しました?(返す予定ありますか?)」
8日  
9日
 ありがとうの日(3と9でサンキュー)
 レミオロメンに「3月9日」という名曲がある
10日
 「もうすぐ桜の季節ですね」
11日
 2011年3月11日 東日本大震災が発生
12日  
13日
 「カニ食べに行きたいですね。もうすぐ時期が終わっちゃいます」
 越前ガニ解禁時期(11月6日~翌3月20日)
14日
 ホワイトデー
 「今日ホワイトデーですね。何かあげるんですか?(もらう予定あるんですか?)」
15日
 確定申告受付終了(2月16日から)
 「昨日ホワイトデーでしたね。何かあげました?(何かお返しもらいました?)」
 ホワイトデー1週間後くらいまで有効な話題

16日  
17日
 彼岸の入り(春分の日の3日前)
 「暑さ寒さも彼岸まで」なんですよね?
 何でこんなに寒いんでしょ」
 「お彼岸ですね。田舎はどこなんですか?(墓参りから連想)」
 彼岸・・・
  春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間のこと。
 この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられている。
 「ぼた餅とおはぎって何が違うんでしょうね?」
 日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は基本的に同じもの
 違うのは食べる時期だけ。
  呼び名の違いは、
  彼岸の頃に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来する。
 ぼたもちは漢字で「牡丹餅」で春のお彼岸に食べるもの
 あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。
 一方、
  おはぎは漢字で「お萩」で秋のお彼岸に食べるもの
  あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたもの。

18日  
19日  
20日
 この辺りが毎年、
 春分の日
 「春分の日だね。これからドンドン暖かくなるね。
  暖かくなったらパステルカラーの服とか着たいですね。
  今年は何色が流行ってるんでしょ?」
 春分の日・・・
  自然をたたえ、生物をいつくしむ日。
 「昼と夜の長さが同じになる」といわれるが、実際は昼の方が長い
21日  
22日
 「だんだん暖かい日が出てきましたね。
  暖かくなったらアウトドアデビューするんですか?
 (あてづっぽうの質問)青空の下で炭火焼(BBQ)最高ですね!」
23日  
24日
 ホワイトデー1週間後 関東地方の小中学校ではこの辺りから春休み
25日
 プロ野球公式戦開幕は毎年この辺りから 「今年はいつ開幕するんでしょ?」
 「もうすぐプロ野球始まりますね。
 今年は○○(ひいきのチーム)優勝するといいですね」
26日  
27日
 「春休みで学生がよく目に付きますね。
  おじさんぽいコト言っていいですか?
  最近の高校生って大人っぽいですね。
  学生の頃年相応に見られました?
  大人っぽい人と若く見える人どっちが好きですか?」
28日
 東京の桜の開花平年日 「桜咲きましたね。お花見の予定は?」
29日  
30日
 「あなたの会社は新入社員入ってきますか?」(来月4月は新入社員が入る時期)
31日

2月

如月(きさらぎ)
如月
 暖かくなったとはいうものの、
 それゆえに感じるうすら寒さ のために服を更に着るので「衣更着」。 
 陽気が発達する季節なので「気更来」
 または 「息更来」。
 草木の芽が張り出す月なので「草木張り月」。
 田を鋤き畑を打つところ から「鋤凌(すきさらぎ)」等々。
 陽暦では、ほぼ3月から4月頃になります。



二十四節気とは
 二十四節気は、
  太陰暦を使用していた時代に、
  季節を現すための工夫として考え出されたものです。
 一年を二十四に等分し、
  その区切りと区切られた期間とにつけられた名前です。
 現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。


 「はる」は万物が発る季節

1.立春 (りっしゅん) 2/4頃
 正月節 八節
 太陽視黄経 315 度
 春の気たつを以て也(暦便覧)
 この日から立夏の前日までが春。
 まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、
  九州や太平洋側の暖かい地方では梅が咲き始める頃である。

2.雨水 (うすい) 2/19頃
 正月中 (睦月:むつき)
 太陽視黄経 330 度
 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)
 空から降るものが雪から雨に替わる頃、
  深く積もった雪も融け始める。
 春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。



2月はどんな時期か?

日本の多くの地域で、寒さのピークを迎える月です。
早ければ2月下旬には春の気配を感じる日も出てくるでしょう。
2月4日ころは立春で、暦の上ではこの日から立夏(5月5日ころ)までが春です。
九州など暖かい地方で梅が咲き始めるのもこの時期です。



■2月の主なイベントごと
・冬季オリンピック(4年に一度)
・春一番 - 例年2月から3月の半ば
・2月1日 -プロ野球キャンプイン
・2月3日 - 節分
・2月5日から11日あたり - さっぽろ雪まつり
・2月11日 - 建国記念の日
・2月14日 - バレンタインデー
・2月16日~3月15日 - 確定申告
・2月29日 - うるう日(4年に1回)
・2月~3月 - 春闘

1日
テレビ放送の日
プロ野球キャンプイン
「今日はテレビ放送の日らしいですよ。初めて日本でテレビが放送されたのが2月1日らしいです。テレビなくてもインターネットがあれば十分ですよね?」(あてづっぽうの質問・・・「テレビがないと困りますか」でもOKだが、質問にひねりを利かせました)
※1953(昭和28)年2月1日午後2時、日本初のテレビの本放送がスタート
「プロ野球のキャンプインですね。今年の○○(ひいきのチーム)はどうなんでしょうね?」
2日
 
3日
節分
「マメ買いました?」
「恵方巻き作りますか?」
4日
立春 「暦の上では春みたいですけど、冷蔵庫みたいな寒さですね。冷蔵庫そろそろ買い替えよっかな。ああいうのってどのタイミングが買い替え時なんでしょうね?(たとえ連想)」
※立春を起算日(第1日目)として88日目が八十八夜となります。
5日
さっぽろ雪まつりが開催される時期(期間1週間ほど) 「さっぽろ雪まつりの時期じゃないですか?行ったことあります?旅行に行くなら、北海道と沖縄どっちがいいですか?」
6日 「九州ではそろそろ梅が咲きますね。あっという間に春ですよ。梅と桃と桜どれが一番好きですか?」
7日
バレンタインデー1週間前 「もうすぐバレンタインデーですね。手作り派ですか、買う派ですか?(もらえそうですか?)」

8日  
9日
「寒いですね。でももうすぐ『春一番が吹いた』とかテレビで言うんでしょうね。春一番で『ぱんちら』を連想する男はどうですか?やっぱり猪木かキャンディーズが妥当ですか?」
※春一番・・・例年2月から3月の半ば(立春から春分の間)に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風のこと。その日は暖かく次の日は寒くなるといわれる。
10日  

11日
 建国記念の日 「『日本』の誕生日ですね。
 「建国をしのび、国を愛する心を養う」

 戦前の「紀元節」の日。
 この日だけなぜか法律に日付を記さず日付は「政令で定める」となっている。
 2月11日に決定するには紆余曲折があったらしいことが伺える。
 余談だが、
  ほんとにこの日に神武天皇が即位したのか、
  知っている人がいれば教えてほしい
 (「神武天皇東征上陸地点」は和歌山県新宮市に看板で示してあった。あくまで余談である)。


 日本と外国どっちで暮らしたいですか?」
 「外国人の恋人はアリですか?」
 「エイゴデキマス?」
 ※「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのは、
   建国された日とは関係なく、
  単に建国されたということを記念する日であるという考えから。
  この日を建国日とする考えに反対する者がいるから。
12日  
13日  
14日
バレンタインデー
「今日バレンタインデーですね。何かあげるんですか?(もらう予定あるんですか?)」
15日 「昨日バレンタインデーでしたね。何かあげました?(何かお返しもらいました?)」バレンタインデー1週間後くらいまで有効な話題
16日
確定申告受付開始(3月15日まで) 「サラリーマンでも、給料が年間2,000万円を超えると確定申告が必要ですよ。大丈夫ですか?」
「こっそり副業やってたら確定申告必要ですよ。稼いでるんなら何かおごって下さい。何だったらおごってくれます?」
17日

18日  
19日  
20日 「オリンピックが開催されていたら今頃ですね。スポーツってやる派ですか?見る派ですか?」
・冬季オリンピック 過去開催日データ
長野オリンピック 1998年2月7日~2月22日
ソルトレイクシティオリンピック 2002年2月8日~2月24日
トリノオリンピック 2006年2月10日~2月26日
バンクーバーオリンピック 2010年2月12日~2月28日
21日  
22日  
23日  
24日
バレンタインデー1週間後 「そろそろスキーシーズンも終盤ですよ。次の休みには行っとかないと!(しない人にも有効)」→「スキーはしないんですよ」→「やらず嫌い派ですか?やってコリゴリ派ですか?」(相手の感情・考えを引き出して話を盛りあげる)
25日  
26日  
27日  
28日  
29日
うるう年(4年に一度) 「4年に一度しかない日なんだから、もっと華やかにやればいいと思いませんか?たとえば、JR乗り放題とか。お祭りごとの嫌いですか?将来は田舎でひっそりと暮らしたいですか?(連想の飛躍)」
うるう年・・・1年は、地球が太陽を中心とする軌道を1回転(公転)する期間。しかしこれが365日丁度より少しだけ長いため、ズレが生じてきます。そのズレを直すのがうるう年。西暦が4で割り切れる年(2008年、2012年、2016年とか)がうるう年。うるう年は夏季オリンピックの開催年でもある。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: