門松

中日春秋 2013年12月29日

昨日は門松を飾る人をよく見かけた。

門松を立てるのは
 十三日から二十八日までの間が望ましい


 二十九日は、
  「苦を待つ」
  「苦立て」につながるので、
  見合わせた方がいいという

▼三十一日も一夜飾りで望ましくない。
 三十日も二十九日と三十一日の間で良くないそうで、
 となると、
  二十八日が門松を立てるのに適した最後の日ということになる

▼縁起が良いに越したことはないが、
 忙しい中、
 本寸法にはいかぬ。

 <門松を三十日(みそか)の夜に立てしかな>。
 高浜虚子の句もある。

 「私の家では、正月の設けというものも、
  とかく大三十日の晩ぐらいにする…」(『俳句の作りよう』)

▼「紙の門松」。
 門松の絵を印刷した紙を玄関先に張る。
 岐阜出身の筆者は子どもの時、
  門松といえばあれだったが、
  全国共通ではない。

 東京では見かけぬ。
 名古屋、大阪出身者も知らぬという。
 逆に千葉では「今もある」。
 高知や岡山では紙の方が一般的と聞く。
 不思議な分布である

▼高知のある印刷所は
 昭和二十九年から紙の門松を製作している。

 松林の保護が目的と説明するが、
  あの頃、本物はぜいたくだったのか。
 紙の門松に豊かになりたいと願う、
  かつての日本人の前向きな熱を思う。
 しかもあの時の方が幸せだったような気さえする

▼破れやすい紙。
 気にしない。
 二十九日でも「苦を絶つ」と読めば、
 それほど後ろめたくないだろう。
スポンサーサイト

ひな祭り

3月3日の「雛祭り」は、
 ひな人形を飾り、
 女の子の健やかな成長を願う行事。

「桃の節句」「上巳の節句」とも呼ばれています。


ひな祭りの由来 

 流し雛や桃には、深~い意味があるのです。
 本来は、女の子のための行事ではありませんでした。

ひな祭りの起源は、
 300年頃の古代中国で起こった「上巳節」にさかのぼります。

「上巳(じょうし/じょうみ)」とは
 3月上旬の巳の日という意味で
 (のちに日付が変動しないよう3月3日となる)
 
季節の変わり目は
 災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、
 この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。

この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられ、
 禊(みそぎ)の神事と結びつきます。

最初は、
 天子(天皇のこと)のためにお祓いをしていました
 
平安時代に宮中行事として取り入れられ、
 「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、
 人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、
 川や海へ流すようになりました※。

今でも一部地域でみられる「流し雛」は、この名残です。

※人形流しは、
 人間が川や海につかって禊をするかわりに、
 草、わら、紙などで作った人形に穢れを移し流してしまう身代わり信仰。

「上巳の祓い」だけでなく、
 6月30日の「夏越の祓い」、
 12月31日の「年越しの祓い」など、
  老若男女を問わず人々の幸福を願って行われています。


流すものから飾るものへ

やがてこれが武家社会に広がり、
 江戸幕府によって
 「上巳の節句」が五節句のひとつに定められると、
 5月5日の「端午の節句」が男の子の節句であるのに対し、

 3月3日は
 女の子の節句となり、定着していきました。

「桃の節句」という別名は、
 桃の開花期に重なるというだけでなく、
 桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。

(余談ですが、だから桃太郎が邪気の象徴である鬼を退治するわけです)

また、
 人形(にんぎょう)作りの技術が発展し高級化してくるにつれ、
 人形は流すものから飾るものへと変化し、
 内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行しました。

こうして、
 女の子の幸せを願ってひな人形を飾るようになり、
 「ひな祭り」として皆でお祝いをするようになったのです。

年賀状の賀詞(決まり文句)

賀詞を重複させてはいけません

よくありがちな 間違い
×「迎春」+「明けましておめでとうございます」
×「謹賀新年」+「明けましておめでとうございます」


なぜならば、
 文章の賀詞を重複して使っている。


賀詞を使ったら、
 添え書き
  (「今年もよろしく」などの文)には
  賀詞を書かないように注意しましょう。



?「新年明けましておめでとうございます」

 間違いではありませんが、
 「間違いだ」と思っている人が多いのでご注意ください。

よく「新年」と
 「明けましておめでとうございます」が
 重複しているから間違いだと言われていますが、

『問題な日本語』(北原保雄編/大修館書店)の中で
 正しいという見解を見つけました。

「朝が明ける」「新年が明ける」は誤り、ほんと?
 夜が明けて朝になり、
 旧年が明けて新年になるのだからだ

「朝明け」
「新年明けましておめでとう」などの言い方は
  
 おかしいのではないかという疑問である。

しかし、
 これは正しい表現で、
 「夜 [旧年] が明ける」現象の変化に、
 「朝 [新年] が明ける」は変化の結果に注目していうもの。

 「湯がわく
 「風呂がわく」
 「家が建つ」
 「穴があく」なども同じいい方。

しかし、
 一般的に
×「新年明けましておめでとうございます」
  は間違いですという見解が浸透している


○「明けましておめでとうございます」
○「新年おめでとうございます」

 を用いたほうが無難でしょう

失敗しない賀詞の選び方

失敗しない賀詞の選び方

新年早々、失礼しちゃダメ!
賀詞の意味を考え、
 相手によって選びましょう。

■相手が目上の場合
・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます

■相手が目下・友人の場合(目上の人に使ってはいけないもの)
・「寿」「福」など1文字の賀詞
・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞

■相手を選ばず使える賀詞
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・Happy New Year
・(相手が目上の場合の賀詞もOK)

相手によって賀詞を変えられない場合には、
 相手を選ばず使える賀詞、
 または相手が目上の場合の賀詞を用いると無難です。

×「元旦」とは1月1日の朝のこと。
 「平成○年1月1日 元旦」は
 重複表現なので間違いです。



なぜ1文字、
 2文字を目上の人に使ってはいけないの?


もともと、賀詞の基本は
 「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」
 などの4文字からなるもので、

 「謹(謹んで。相手を尊ぶ)」
 「恭(うやうやしく。礼儀正しく丁寧)」
 「敬(尊んで礼をつくす)」
 「頌(ほめたたえる)」

 といった相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入ることで、
 礼儀にかなった挨拶の敬語となります。

ところが、
 漢字1文字の
 「寿」
 「福」
 「賀」などは
 「おめでたいことです」といっているにすぎません

 漢字2文字でも
 「賀正(正月を祝います)」
 「迎春(新年を迎えました)」
 「新春(新しい年です)」といっているだけです

 相手に対する敬意や丁寧さに欠けてしまいます。
 だから、
  漢字1文字や2文字のものは
  目上の方には使わないほうがよいとされているわけです。

年賀状

年賀状の賀詞(決まり文句)

「迎春」
「謹賀新年」
「A Happy New Year(誤)」

 安易に選んでしまうと思わぬ失敗をしてしまうことも。
 最低限のマナーを守るために、
 年賀状に不可欠な賀詞についてまとめました。

 意外な事実も判明!


「迎春」でひんしゅくをかうことがあります

「どうしてお正月なのに春なの?」

「昔は立春のころに元日が巡ってきたからだよ」

例えば
 「迎春」
 「謹賀新年」
 「明けましておめでとうございます」

 の中でどれを選びますか?

形式にとらわれすぎた年賀状は味気ないものですが、
 なんとなくコレ……と安易にセレクトしていると、
 思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

最低限のマナーを守るために、
 年賀状に不可欠な賀詞についてまとめてみました。

・賀詞とは?
 祝いのことば、祝詞。(本来は年賀状には限りません)


主な賀詞の意味

■1文字の賀詞
・寿 :めでたい
・福 :幸せ
・賀 :祝い
・春 :新年、年の初め
・禧 :よろこび

■2文字の賀詞
・賀正 :正月を祝う
・賀春 :新年を祝う
・頌春(しょうしゅん) :新年をたたえる
・迎春 :新年を迎える
・慶春 :新年をよろこぶ
・寿春 :新年を祝う
・初春 :新しい年、年の初め
・新春 :新しい年

「賀」が含まれる賀詞は
 相手に対してお祝いを伝える感じになり、

「春」がつく賀詞は春になりましたねという感じになります。
「春」が新年をあらわすのは、
  昔は立春ごろに元日が巡ってきたからです。

■4文字の賀詞
・謹賀新年 :謹んで新年をお祝い申し上げます
・謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます
・恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春 :うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます
・敬頌新禧(けいしょうしんき) :うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます

■文章の賀詞
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます

■英語の場合
○ Happy New Year : 新年おめでとう
× A Happy New Year : よいお年を 
 (年が明ける前に使うので、年賀状では Aをつけません)
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: