スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬語力診断テスト(初級編)

第1問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.弊社に参られる際には、地下鉄が便利です。
2.弊社にお越しになる際には、地下鉄が便利です。
3.弊社にいらっしゃる際には、地下鉄が便利です。

正解は、1の「弊社に参られる際には、地下鉄が便利です」です。

解説
1.目上の人の「来る」は
 「いらっしゃる」「おこしになる」「来られる」と尊敬語を使って言います。
 「来られる」はやや軽い言い方です。
2.「参られる」は、自分が目上の人のところへ行くことをあらわす謙譲語
 「参る」に「れる」をつけて尊敬語っぽくしたもの。
 目上の人の「来る」を「参られる」と言ってはいけません。

【第2問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.ご担当の方はいらっしゃいますか?
2.ご担当の方はおられますか?
3.ご担当の方はご在席でしょうか?

正解は2の「ご担当の方はおられますか?」です。

解説
1.目上の人が「いる」かどうかをたずねるときは、
 「いらっしゃいますか?」と言います。
 「おられますか?」の「おられる」は、
 自分が「いる」のあらたまった言い方「おる」の変形なので、
 目上の人がいるかどうかをたずねるのには、ふさわしくありません。

【第3問】お客の名前の読み方を尋ねる場面です。最もスマートな言い方はどれでしょう?

1.あの、お名前は何とお読みすれば…
2.お名前は何とお読みすればいいですか?
3.失礼ですが、お名前は何とお読みすればよろしいでしょうか?

正解は3の「失礼ですが、お名前は何とお読みすればよろしいでしょうか?」です。

解説
1.言いにくいことを言うときには頭が混乱しがちなので、
 まず、自分が何を言いたいかを普通の文で考えて、それを敬語にしてみるといいでしょう。
2.前置きに「失礼ですが」「おそれいりますが」とつけると、角が立ちにくいです。

【第4問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.我が社の新製品のご説明をさせていただきます。
2.弊社の新製品のご説明をさせていただきます。
3.当社の新製品のご説明をさせていただきます。

正解は1の「わが社の新製品のご説明をさせていただきます」です。

解説
1.自分の会社のことは弊社、小社、または当社といいます。
 「わが社」という言い方は自分たちの会社の中でしか通用しない言い方です。

【第5問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.よろしければ、傘をお持ちになってください。
2.よろしければ、傘をお持ちください。
3.よろしければ、傘をお持ちしてください。

正解は3の「よろしければ、傘をお持ちしてください」です。

解説
1.目上の人に「持っていってください」とお願いするときは「お持ちください」といいます。
 「お持ちしてください」と間違いやすいので注意しましょう。
 「して」は余分です。

【第6問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.当日は、筆記用具をご持参してください
2.当日は、筆記用具をお持ちください
3.当日は、筆記用具をお持ちになってください

正解は、1の「当日は筆記用具をご持参してください」です。

解説
1.申し込み、持参にふくまれる「申」「参」には
 謙譲語としてのはたらきはありませんので、
 目上の人に「お申し込みください」「ご持参ください」といってもかまいません。

【第7問】お客様の予約を受けるときの言葉遣いとして、スマートなのはどちらでしょう?

1.はい、大丈夫です。ご予約確かにお受けいたしました。
2.はい、お席のご用意ができます。ご予約確かに承りました。

正解は2の「はい、お席のご用意ができます。ご予約確かにうけたまわりました」です。

解説
1.お客様の「予約」は「ご予約」ですが、
 自分の店の「予約状況」を指す場合、「予約」に「ご」は不要です。
2.「大丈夫」は便利な言葉ですが、
  若者言葉として嫌われる傾向にあります。
 自分が言いたい内容をよく整理して、それを敬語であらわすように心がけましょう。
例1) 今、お話しても大丈夫でしょうか?
   →今、お話してもさしつかえないでしょうか?
例2) 明日おうかがいしても大丈夫でしょうか?
   →明日おうかがいしたいのですがご都合はいかがでしょうか?
例3) 予約状況を確認しました。大丈夫です。
   →予約状況を確認しました。お席をご用意できます。
3.「お受けしました」より「うけたまわりました」のほうが洗練された感じで好感度がアップします。

【第8問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.このカードは各店でご利用できます。
2.このカードは各店でご利用になれます。
3.このカードは各店でご利用いただけます。

正解は1の「このカードは各店でご利用できます」です。

解説
1.「ご利用できます」「ご利用できません」は、不適切な日本語です。
 「利用する」の尊敬語「ご利用になる」を使って
 「ご利用になれます」「ご利用になれません」と言うのが適切です。
2.自分が「利用してもらう」という視点で、
 謙譲語「ご利用いただく」を使って「ご利用いただけます」
 「ご利用いただけません」という表現もできます。
3.「ご利用いただきありがとうございます」
 「ご利用くださいましてありがとうございます」は、どちらもOK です。

【第9問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.先のお客様より順にご乗車ください。
2.この機会にどうぞご入会してください。
3.所定の用紙にご記入ください。

正解は2の「この機会にどうぞご入会してください」です。

解説
1.「入会する」「利用する」など、
 漢字2文字+「する」という形の動詞を尊敬語にするときは、
 「ご~してください」ではなく「ご~ください」という形にします。
 「して」はいらないとおぼえておきましょう。

【第10問】敬語の使い方が適切なのはどれでしょう?

1.社長が僕のことを存じていたとは、光栄です。
2.社長が僕のことをご存じだったとは、光栄です。
3.社長が僕のことを存じ上げていたとは、光栄です。

正解は2の「社長が僕のことをご存じだったとは光栄です」です。

解説
1.「存じ上げる」は「目上の人のことを知っている」ということをあらわす謙譲語です。
 くれぐれも目上の人が「知っている」ことを「存じ上げる」と言わないようにしましょう。
 それを言うなら「ご存じだ」です。
スポンサーサイト

敬語力診断テスト(入門編)

【第1問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.社長が申し上げられた通りです。
2.社長が言われたとおりです。
3.社長がおっしゃったとおりです。

正解は1の「社長が申し上げられたとおりです」です。

解説
1.目上の人の「言う」は「おっしゃる」「言われる」です。
 2つをくらべた場合「おっしゃる」のほうがていねいな言い方です。
2.「申す」「申し上げる」は自分が目上の人に何かを「言う」ことをあらわす言葉です。
 「れる」をつけても目上の人の「言う」をあらわすことはできません。

【第2問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.すみれ財団の理事長様が、遅れて参られるそうです。
2.すみれ財団の石田理事長が、遅れていらっしゃるそうです。
3.すみれ財団の理事長が、遅れてお越しになるそうです。

正解は1の「すみれ財団の理事長様が遅れて参られるそうです」です。

解説
1.目上の人が来ることは「参られる」ではなく、
 「いらっしゃる」「おこしになる」「お見えになる」です。
2.「支店長」や「社長」は、それだけで相手をうやまった呼び名です。
 「様」をつける必要はありません。

【第3問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.明日、2時に弊社までお越しください。
2.明日、2時に弊社までお伺いください。
3.明日、2時に弊社までいらしてください

正解は2の「明日、2時に弊社までおうかがいください」です。

解説
1.「伺う」は自分が目上の人のところへ行くことをあらわす謙譲語。
 目上の人に来てくださいと言うときに「伺ってください」と言ってはいけません。
 「お伺いください」とていねいに言ってもダメです。
2.目上の人に「来てください」というときに適切な言い方は
 「来る」の尊敬語「おこしになる」「いらっしゃる」を使った
 「おこしください」「おこしになってください」
 「いらしてください」「いらっしゃってください」です。
 ビジネスの場面でよく使われるのは、「おこしください」です。

【第4問】敬語の使い方が適切なのはどれでしょう?

1.詳しくは受付でお伺いください。
2.詳しくは受付でお尋ねしてください。
3.詳しくは受付でお聞きになってください

正解は3の「詳しくは受付でお聞きになってください」です。

解説
1.「うかがう」は自分が目上の人から何かを聞くとをいう謙譲語。
 たとえ「おうかがいください」とていねいな表現にしても、
 目上の人について使ってはダメです。
2.目上の人に「聞いてください・たずねてください」というときは、
 「お聞きになってください」「おたずねになってください」
 「お聞きください」「おたずねください」といいます。・
 「聞かれてください」「たずねられてください」は不適切な日本語です。

【第5問】言葉の使い方が不適切なのはどちらでしょう?

1.御社の社長もゴルフをなさいますか?
2.御社の社長もゴルフをいたされますか?

正解は2の「御社の社長もゴルフをいたされますか?」です。

解説
1.「する」「言う」「行く・来る」「食べる」「いる」「聞く・たずねる」は、
 尊敬語と謙譲語を間違いやすい動詞です。
 しっかり違いを押さえておきましょう。

【第6問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.あの映画を見られた方もいられると思います。
2.あの映画をご覧になった方もいらっしゃると思います。
3.あの映画を見られた方もいらっしゃると思います。

正解は1の「あの映画を見られた方もいられると思います」です。

解説
1.「いられる」という敬語はありません。
 上の人が「いる」ことを言いたいときは「いらっしゃる」を使いましょう。
2.上の人が見ることは敬語「ご覧になる」「見られる」を使って言います。
 「拝見する」は自分が上の人に何かを見せてもらうときに使う言葉なので、使ってはいけません。
3.「ご覧になる」「見られる」では「ご覧になる」のほうがていねいな言い方です。

【第7問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.評判のロールケーキをいただかれましたか?
2.評判のロールケーキを食べられましたか?
3.評判のロールケーキを召し上がりましたか?

正解は1の「評判のロールケーキをいただかれましたか?」です。

解説
1.目上の人の「食べる」をあらわす尊敬語は
 「召し上がる」「お食べになる」「食べられる」です。
 「食べられる」は、もっともていねいさの度合いが低い表現ですが、
 親しい目上の人には使ってもいいでしょう。
2.「いただく」は自分が目上の人に何かをもらって食べることを指して使う敬語です。
 目上の人が「食べる」ことを「いただく」といってはいけません。

【第8問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.課長はこの本を拝読しましたか?
2.課長もこの本をお読みになりましたか?
3.課長もこの本を読まれましたか?

正解は1の「課長はこの本を拝読しましたか?」です。

解説
1.「拝読する」は、
 自分が、上司など目上の人の物(本や手紙など)を読ませてもらうことです。
 目上の人が「読む」ことを拝読と言ってはいけません。
2.「拝見する(見る)」「拝聴する(聞く)」「拝借する(借りる)」など
 「拝」がつくものは謙譲語です。

【第9問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1.課長、この本をあげます。
2.課長、この本をお読みください。
3.課長、この本を差し上げます。

正解は1の「課長、この本をあげます」です。

解説
1.上司に「あげます」というのは失礼です。
 「さしあげます」と言いましょう。
2.「さしあげる」と言っても偉そうだと思われることがあります。
 不安なら、
 あげるものが本なら「お読みください」、
 食べ物なら「召し上がってださい」などと表現を変えましょう。
3.「花に水をあげる」「猫にえさをあげる」は、
 改まった場面では使わないほうがいいでしょう。

【第10問】敬語の使い方が適切なのはどれでしょう?

1.部長、今日はお疲れ様。
2.部長、今日はお疲れ様でした。
3.部長、今日はご苦労様でした。

正解は2の「部長、今日はお疲れさまでした」です。

解説
1.目上の人の一日の労をねぎらうときは
 「ご苦労さまでした」ではなく「お疲れさまでした」と言うのが一般的です。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: