スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ら抜き言葉

ら抜き言葉(ら抜き表現)で書かない

〇「止められる」
×「止めれる」

〇「食べられる」
×「食べれる」

などの”ら抜き言葉(ら抜き表現)”。

一時期、
 間違った日本語としてかなり批判されたこともありました。
最近は、
 ”ら抜き言葉(ら抜き表現)”に違和感を覚える人は
 年々減ってきてるようにも思えます。

しかし
日常会話はともかく、
 文章に登場する”ら抜き言葉(ら抜き表現)”には、
 まだまだ不快感を覚える人が多いのが現状です。

次の文章は”ら抜き言葉(ら抜き表現)”で書かれています。

下手な文章の書き方例
×選手たちがここまでやってこれたのも、努力のたまものだ。
×私の家までこれますか
×夜更かしして、約束の時間に起きれない

改まって文章を人に見せるのであれば、
 ”ら抜き言葉(ら抜き表現)”は好ましくありません。

正しい言葉遣いが分かっているのであれば、
 正しく表現するのが礼儀です。

先の例は次のような正しい文章に変更できます。

うまい文章の書き方例
〇選手たちがここまでやってこられたのも、努力のたまものだ。
〇私の家までこられますか。
〇夜更かしして、約束の時間に起きられない

会話の中の”ら抜き言葉(ら抜き表現)”は良いとしても、
 文章中の”ら抜き言葉(ら抜き表現)”は
 まだまだ許されないと心得ましょう。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: