スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重敬語

二重敬語

二重敬語に気をつけよう

1つのことばに同じ種類の敬語を2つ以上つけてしまう誤りを、
 二重敬語といいます。

地位の高い人には、
 ついつい気負いすぎて敬語をいくつも重ねてしまうしまうものですが、
 たくさん敬語をつけたからといって、
 より敬意が高くなるわけではありません。

適切な使い方を身につけましょう。


二重敬語の文例

1.ご注文をお承りしました ⇒X
2.ご注文を承りました   ⇒O
3.ご注文をお受けしました ⇒O

◎ポイント
 承るは「わかる」の言い換え型の謙譲語で、
 「お~する」は付け足し型の謙譲語です。

 文例1は、これらの謙譲語が二重に使われています。


1.社長がおっしゃられたことは、ごもっともだと思います⇒X
2.社長がおっしゃったことは、ごもっともだと思います ⇒O

◎ポイント
 「おっしゃる」は、「言う」の言い換え型の尊敬語で、
 「られる」は付け足し型の尊敬語です。
 この2つの敬語表現を重ねることは間違いになります。


1.先生は、すでにお帰りになられました⇒X
2.先生は、すでにお帰りになりました ⇒O

◎ポイント
 「お帰りになる」と「られる」はどちらも付け足し型の尊敬語です。
 したがって、
 この言葉を組み合わせて使うと、間違った敬語遣いになります。


1.ゴルフをなされるそうですね⇒X
2.ゴルフをなさるそうですね ⇒O
3.ゴルフをされるそうですね ⇒O

◎ポイント
「なさる」は「する」の言い換え型の尊敬語で、
 「れる」は付け足し型の尊敬語です。
 この2つの敬語表現を重ねることは間違いになります。


二重敬語になっているものでも、
 次の文例のように慣用的に使われている言い回しもあります。

「お召し上がりになる」は、召し上がる+お~になるの二重敬語

「お伺いする」は、伺う+お~するの二重敬語
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: