使いがちな若者言葉・クセ言葉10

【私的には】
 ×  「私的にはA案でいきたいと考えております」
 ○  「私といたしましてはA案でいきたいと考えております」
 自分の主張をぼかす表現で、日本語としても間違いです。ムダな言葉は省きましょう。
 とくに連発されると耳ざわりで、自信がないように感じられます。

【よろしかったでしょうか】
 ×  「コーヒーでよろしかったでしょうか」
 ○  「コーヒーでよろしいでしょうか」
 過去のことを確認する意味で使うのは問題ありませんが、この場合は過去形にする必要は
ありません。

【一応】
 ×  「課長、一応作業が終わりました」
 ○  「課長、作業が終わりました」
 一応ということは何か問題でもあるの?」と上司は思ってしまいます。
 そうでないなら、余計な言葉を挟まず事実のみをシンプルに伝えましょう

【~でいいです】
 ×  「それじゃ、コーヒーでいいです」
 ○  「それでは、コーヒーをお願いします」
 自分の意見を言わずに、相手に合わせたような表現は、相手を非常に不愉快にさせます。

【~になります】
 ×  「こちらがデータになります」
 ○  「こちらがデータです」
 「~になります」では、何かがこれからデータに変化するという意味に。

【超○○】
 ×  「超いいですね」
 ○  「とてもいいですね」
 やはりビジネスシーンではNGです!日頃使っていると思わぬところで出てしまうので注意を…。



こんな言葉もNG!
 ・ていうか       ・~みたいな      ・微妙
 ・逆に          ・ヤバい         ・だって
 ・全然いい       ・ありえない       ・って感じ
スポンサーサイト

「お」と「ご」の使い分けにも注意!

原則として、
 「お住まい」などの訓読みには
  「お」、

 「ご住所」など音読みには
  「ご」がつきます。

ただし例外もありますし、
 「お返事」 「ご返事」のように時代とともに変化し、
 今では併用されている言葉もあります(本来は「ご返事」)。

そのほか、
 「ビール」などの外来語や、
 「雪」などの自然現象、
 「私のお帽子」
 「私のお考え」

 のように自分のことには基本的にはつけません。

ただし、
 「お電話を差し上げます」
  「ご連絡申し上げます」のように、
 自分のことでも相手側を立てる謙譲表現の場合には、
 定型パターンに従い「お」や「ご」をつけるのが正解です。

「さ」入れ敬語

× 「行かさせていただきます」
○ 「まいります」 または 「伺います」

× 「送らさせていただきます」
○ 「お送りいたします」

× 「働かさせていただいております」
○ 「働いております」

「させていただく」という謙譲語と、
 動詞+「させていただく」という謙譲表現の区別つかずに
 一緒になってしまった間違い。
「さ」だけとって「行かせていただきます」などとしても
 間違いではありませんが、
 あまりスマートではありません。

「やつ」 「やる」という言葉を使う

× 「やらせていただきます」
○ 「させていただきます」 または 「いたします」

× 「昨日ご注文くださったやつですね」
○ 「昨日ご注文くださったお品ですね」

× 「さっそくやりますので、少々お待ち下さい」
○ 「さっそくお調べいたしますので、少々お待ち下さい」

「やつ」は人・もの・ことを指す俗語、
また「やる」も「する」の俗語的な表現で、
あまり品のいい言葉ではありません。
「する」の謙譲語は「させていただく」、
 丁寧語は「いたす」になりますが、
なるべく具体的な動詞に言い換えましょう。

こんな敬語づかいも注意!

させていただく病

× 「先日拝見させていただいた資料について、ご相談させていただきたいと思い、
ご連絡させていただきました」
○ 「先日拝見しました資料について、ご相談させていただきたいと思い、
連絡いたしました」

最近多いのが、
 「させていただく」を多用する“させていただく病”。
長文で「させていただく」が続くと非常に聞きづらく、
 まわりくどい印象に…。
すっきりまとめた方がスマートです。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: