スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丁寧語

相手への敬意を表する言葉として、
 特別に丁寧な言葉を用いることがあります。


丁寧語の使い方

「お」「ご」「御」などの接頭語を付ける型  
  一般に「お」や「ご」「御」などの接頭語を付けると、
  丁寧な言葉となります。
  しかし、外来語にはこれらの接頭語をつけないことになっています。

 ・水 → お水
 ・飯 → ご飯

 しかし、外来語に丁寧語としての接頭語を付けると違和感があります。

 ・「おコーヒー」は間違いです。
 ・「おビール」は間違いです。

敬体(です、ます)を用いる型  
 いわゆる「です・ます」調の表現です。

 ・食べる  → 食べます
 ・きれいだ → きれいです
スポンサーサイト

ていねい語の作り方

ていねい語とは、
 ていねいな表現で、相手を直接に敬う使い方。

1) ていねいの助動詞「です」「ます」を使う。
  私はゲームをしています。
  
2) 「ございます」「おります」を補助動詞として使う。
  次の駅は、田無(タナシ)でございます。

3) 接頭語「お」「ご」をつける。
  お手紙・ご一緒

丁重語のかたちと例

特定型
 ・言う → 申す 「○○と申します」
 ・行く 、来る → まいる 「明日、そちらにまいります」
 ・する → いたす 「いかがいたしましょうか」

定型パターン
 ・~いたす ※「~する」のかたちをした動詞に使う
          「明日のプレゼンに出席いたします」 「私が部長に連絡いたします」

丁寧語とは

丁寧語は、
 言い回しを丁寧にして、
 話を聞いている相手への敬意をあらわします。

3つの基本形

 「です」
 「ます」
 「ございます」




尊敬語、謙譲語、丁重語は
 単独で使うことはほとんどなく、
 この丁寧語と組み合わせて使われます。

したがって、
 最もよく使われる敬語と言えます。

丁寧語だけを使うと、
 軽い敬意をあらわすことができ、
 先輩や年上の知人、
 自宅の隣人など、
 尊敬語を使うには少々大げさになってしまう間柄の人に使えば、
 好印象を持たれます。


「内容をご覧になりましたか?」
  ⇒尊敬語+丁寧語でおおげさに…

「内容をみましたか?」 
  ⇒ 丁寧語のみで、かたくるしくない

丁寧語(敬語の基本)

接頭語「お」「ご」「御(おん)」の使い方

接頭語の「お」「ご」「御(おん)」は、
 言葉を丁寧に、美しくするために使います。

また、
 尊敬語の働きをしているものもあります。

「お」を使うものは「和語」、

「ご」を使うものは「漢語」といいます。

「御(おん)」は、
 やや改まった表現になります。

「お」や「ご」は使いすぎると大げさになり、
 使わないと乱暴な表現になってしまいます。

 適度に使うことを心掛けましょう。

◆使用例
「お」 お話 お名前 お年 お食事・・・など
「ご」 ご自宅 ご住所 ご検討・・・など
「御(おん)」 御社 御礼 御曹司・・・など
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: