スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ありがとうございます』と『ありがとうございました』の違い

『ありがとうございます』
『ありがとうございました』

これらの違いは何でしょうか?

現在と過去の違いでしょうか?よく分かりませんけど。

どのように使い分けるのでしょうか?



お客様をお見送りする時、
“ありがとうございます”と
“ありがとうございました”
 
どちらが正しいですか?とご相談をいただくことがよくあります。
改めて考えると悩みますよね。

基本的にはお客様に言葉を投げかける状況やタイミングで使い分けます。
“ありがとうございます”は、
 お付き合いをする中での敬意を表現しますし、

“ありがとうございました”は
 ここで一旦流れが終わったという時に使います。

例えば、
 商品をお買上げの時の金額の提示では、
 “1200円でございます”の前に「ありがとうございます」を使います。

また精算を終え、
 お帰りになるお客様へは
 “またお越し下さいませ”の後に
 「ありがとうございました」と締めくくります。

飲食店や小売店にはこれからも続くお付き合いをお願いしたいという意味で、
 「ありがとうございました」と言わず、
 「ありがとうございます」と語尾を「ます」としているところもあります。

どちらの語尾の使い方とも感謝を伝える
 「ありがたい」が元ですので、
 自社ではどういう意味でどちらを使うかを相談されてみてはいかがでしょうか。

従業員の皆様が言葉の意味を理解した上で、
 投げかけることで、その言葉には“気持ち”が込められますね。
スポンサーサイト

“ありがとうございます”と“ありがとうございました”の違い

お客様を玄関までお見送りをするのですが、その時“ありがとうございます”と“ありがとうございました”どちらを言えば良いか悩むことがあります。何か基準のようなものはあるのでしょうか?教えてください。

接客動作が継続するかどうかで使い分けます

お客様をお見送りする時、“ありがとうございます”と“ありがとうございました”どちらが正しいですか?とご相談をいただくことがよくあります。改めて考えると悩みますよね。

基本的にはお客様に言葉を投げかける状況やタイミングで使い分けます。
“ありがとうございます”は、お付き合いをする中での敬意を表現しますし、“ありがとうございました”はここで一旦流れが終わったという時に使います。
例えば、商品をお買上げの時の金額の提示では、“1200円でございます”の前に「ありがとうございます」を使います。また精算を終え、お帰りになるお客様へは“またお越し下さいませ”の後に「ありがとうございました」と締めくくります。
飲食店や小売店にはこれからも続くお付き合いをお願いしたいという意味で、「ありがとうございました」と言わず、「ありがとうございます」と語尾を「ます」としているところもあります。

どちらの語尾の使い方とも感謝を伝える「ありがたい」が元ですので、自社ではどういう意味でどちらを使うかを相談されてみてはいかがでしょうか。

従業員の皆様が言葉の意味を理解した上で、投げかけることで、その言葉には“気持ち”が込められますね。
スノウ2250さんがお感じになった素朴な疑問はCSアップの題材として自社、自店ではどうするかを皆さまで話し合われてはいかがでしょうか。

ご確認お願い致します。

「ご確認お願い致します。」
「ご確認をお願い致します。」

「よろしくお願い致します」は正しい用法か

ビジネスメールなどで“よろしくお願い致します”という文言をよく見かけるのですが、
 「致す」と閉じる(以下、漢字で書くこと)か
 「いたす」と開くか(以下、仮名で書くこと)で用法が異なります。

「致す」と閉じた場合は動詞の用法になり、
 “そのことがもとで、よくない結果を引き起こす”という意味が含まれます。
テレビの謝罪会見などで、
 「私の不徳の致すところです」のように
 頭を下げる姿を見たことがあるのではないでしょうか。

「いたす」と開いた場合は
 補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語の用法になり、
例えば
 “お願いする”の謙譲語・丁寧語は
 “よろしくお願いいたします”になります。

つまり、
 ×「よろしくお願い致します」よりは
 ○「よろしくお願いいたします」の方が正しい用法ということになります。

補助動詞は公用文書の書き方を規定する内閣訓令でも開くで統一されています。


「ご確認をお願いいたします」と、
「ご確認願います」は同じ意味で使って問題ないでしょうか?

「ご確認」は、
 尊敬語ではなく、「美化語」という範疇に属します。

 たんに名詞を上品な物にするだけの機能しか無く、
 相手に対する敬意は含まれません。

「ご確認願います」は、
 丁寧な表現だと言うだけです。
 この表現に、
  「相手に対する敬意」は含まれていません。

一方、「お願いいたしします」は、
 謙譲語であり、相手に対する敬意が含まれています。

こういう事情なので、
お客様などに対するメールには
 ○「ご確認をお願いいたしします」は使用可能ですが、
 ×「ご確認願います」は使うべきではないと考えます。

程度

程度         

                  目安
よく  わかります      90%
だいたい  わかります   70%
すこし  わかります     30%
あまり  わかりません    20%
ぜんぜん  わかりません   0%
よく  わかりません     10%

日本語の勉強が簡単な理由

1.発音が簡単♪
 
日本語は何といっても発音が簡単です。
アクセントをつける必要もなく、
 イントネーションもさほど難しくはないそうです。
全ての文字にアイウエオの母音が付く点も、
 発音が簡単な理由です。

そのなかでも小さな
 “っ”や、
  ぎゃ・ぎゅ・ぎょなどは区別がしにくいそうです。

また、
 “う”の音に惑わされることもあるそうで、

日本語学習中の外国人が
 「そですか  (そうですか)」
 「おとおさん (おとうさん)」

 などの表記をしてしまうのはこのためです。


いずれにせよ、
 これらの間違いは
 日本人相手ならさほど苦労はしないといいます。
せっかく外国語を勉強しても
 正しく発音しないと相手に伝わらないですが、
 日本語の場合は子音がなく、
 中国語のようなイントネーションのルールもないので、
 ひとまず発音の心配はさほどしなくていいそうです。



2.時制がシンプル
 
英語には
 現在形、過去形、未来形に加え、現在(過去、未来)進行形と
 現在(過去、未来)完了形があります。

フランス語は
 より時制の区切りが多く、
 複合過去、半過去、大過去、単純過去、前過去、
 単純未来、前未来で動詞が変化します。

これは日本人が
 英語学習をするときに難点となるポイントです。

反対に言えば、
 日本語は英語ほど細かい時制の区別はないため、
 文法に関しては混乱しにくい言語といえます。

日本語の動詞の変化は
 英語やフランス語などの言語に比べると比較的少ないです。
日本人が英語などの言語を学ぶときに必要となる
 “時制の概念を覚える”ことが、
 欧米人の日本語学習には必要ありません。


3.日本語になっている英単語の多さ

私たち日本人は
 日常的に、英語を使っているという意識もなく英語を話しています。

「ドアをし閉めて」、
「カメラとって」、
「ペン貸して」、などなど。

一部は
 和製外国語となり本来の意味と違うために
 混乱してしまう人も多い
ですが、
 それでも英語圏の人からしてみると
 新たにゼロから新しい単語を覚える必要がなく簡単に思えるようです。

例えば
 フランス語を勉強するアメリカ人は、
 ドア=ポルト、
 カメラ=アパレル、
 ペン=スティロといった風にゼロから覚えなくてはいけません。

4.“なんとなく”で伝わる

日本語は文法があいまい

英語やフランス語は文法がきっちりとしている

日本語は
 基本的に主語を省いて話し、
 場合によっては
 目的語も省いても意味が伝わる場合があります。


これは言語学習者からするととても都合がいいです。

センテンスのなかから
 思いついた単語をいうだけでも、
 相手のネイティブ日本人は
 言いたいことを理解してくれます。

また、
 日本人は10話さなくとも
 相手の言わんとすることを理解するのが早い
ので、

これも
 “なんとなく”で伝える外国人の助けになっています。

日本語学習中の

外国人が日本人相手にだったら
 日本語で会話できるのに

 
外国人相手だと
 まるで会話にならないのはこのためです。


5.冠詞がない

日本語には
 英語でいうところのaやtheなどの、
 名詞の前につける冠詞がありません。

英語学習中の日本人には、
 この冠詞や、
 可算名詞・不可算名詞の区別などが厄介の種ですが、

それは
 名詞にそういったルールのない日本語のおかげです。

フランス語やヨーロッパの言語には
 これに加え、
 男性・女性名詞の区別があって複雑ですが、

日本語には
 性別の区別もありません。

どの名詞も、
 ほぼ数を指定する必要がありません。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: