スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってて当然!ビジネスNG敬語17つ

「ご確認ください→ご査収ください」

【ビジネスシーンで心得ておくべき、敬語はたった3種類】

■対、社内編

1.【×すみません→○申し訳ありません・恐れ入りますが】
 お詫びや頼みごとをする時に「すみません」の一言では気持ちは伝わりません。

2.【×了解しました→○かしこまりました】
 職場で上司に使うことが多い言葉ですが、これは間違った敬語です。

3.【×ご苦労様です→○お疲れ様です】
 これは目下にあたる人をねぎらう言葉です。くれぐれも注意しましょう。

4.【×おっしゃられました→○おっしゃいました】
 おっしゃられるは「おっしゃる」と「られる」の二重敬語になります。

5.【×宜しかったでしょうか→○宜しいでしょうか】
 自分の考えを押し付けるような言い方は、相手に不快感を与えかねません。

6.【×課長、この件どうしましょうか→○課長、この件はいかがいたしましょうか】
 「どうしましょうか」は目上に対する尊敬語や自分をへりくだる謙譲語も含まれていません。

7.【×私の説明がお分かりになりますか→○私の説明でお分かり頂けましたでしょうか】
 「お分かりになりますか」は、相手に高圧的な印象を与えます。

■対、社外編

8.【×いつもお世話様です→○いつもお世話になっております】
 「お世話様」は取引先の相手に使うと失礼になります。

9.【×弊社の担当者にお伝えします→○弊社の担当者に申し伝えます】
 伝えるのは自分の動作なので、「お」を付けるのは間違いです。

10.【×A社のB課長が参られています→○A社のB課長がお見えです】
 「参る」は謙譲語なので、自分に対して使う言葉です。

11.【×お休みを頂いております→○休みを取っております】
 休みを与えているのは自社ですので、取引先等の社外へ休みを伝える時は自社に対しての敬語は使いません。

12.【×お客様をお連れしました→○お客様をご案内致しました・お見えになりました】
 お連れするの「お」は上司に対してへりくだる意味を表しています。
 これは、お客様に対して尊敬語も謙譲語も使われていないことになります。

■番外編

13.【×とんでもございません→○とんでもないことです】
 とんでもないが1つの言葉なので、「ない」を「ございません」には置き換えられません。

14.【×A様でございます→○A様でいらっしゃいます】
 ございますは「ある」の丁寧語であり、尊敬語ではありません。

15.【×了解しました→○かしこまりました・承知いたしました】
 「了解」は敬意の無いフランクな表現になります。

16.【×伺わせて頂きます→◯伺います】
 「伺う」と「頂く」で二重敬語になります。

17.【×確認をお願いします→◯ご査収ください】
 「ご査収」は、より丁寧な言葉遣いです。
スポンサーサイト

ビジネス敬語のNG例20選

1. 「了解です」
「了解」とは「相手の考えや事情を分かった上で、
 それを認める」という意味のある言葉。
本来は上から相手を見て了承・許可を示す場合に使うものです。

そこで、正しい敬語としては
 「かしこまりました」
 「承知いたしました」がいいでしょう。
もしくはシンプルに「分かりました」でもOKです。

2. 「ご苦労様です」
これは目下にあたる人をねぎらう言葉です。
もうみなさんご存知のあるあるですが、
 思わず口をついて出ることもあり得ますので、くれぐれも注意しましょう。
○「お疲れさまです」が正解です。

3. 「よろしかったでしょうか?」
よく議論されるところですが、基本的に確認の意味で用いる場合は問題ないと思われます。
しかし、何も前提のない状態で、さも相手が一度それを了承したように用いると、不自然な印象を与えてしまいます。

よく言われる“押しつけがましい”というのはそのような理由でしょう。
これは「よろしいですか」で十分です。

4. ×「○○はお休みを頂いております」
社外に対して誰かがお休みである旨を伝える場合、基本的に自社について敬語は使いません。

この場合、休みを与えたのは自社ですから、
 “頂く”は不自然であり、
○「○○は休みをとっております」が正解です。

5. ×「ご利用できません」
よく使われますが、これは“利用できません”に“ご”をつけただけで、
 いちばん気をつけるべき“できません”の部分が敬語になっていません。

○「ご利用になれません」が正解です。
 また、この場合は
○「ご利用いただけません」も可であるようです。

6. ×「すいません」
お詫びや頼みごとをする場面で「すいません」のひと言は軽く聞こえます。
○「申し訳ありません」
○「恐れ入ります」などの表現がよいでしょう。

7. ×「どうぞお座りください」
これは「お座り」が“動物に命令するときに使う印象が強い”ため、NGである言葉です。
なるべく人に対しては使わないように、
○「どうぞお掛けになってください」としましょう。

8. ×「とんでもございません」
“とんでもない”でひとつの言葉なので、“ない”の部分だけを置き換えることはできません。
○「とんでもないことでございます」が正解です。

9. ×「担当者にお伝えします」
これはなんだかおかしいとすぐにわかると思います。
“伝える”は自分の動作なので、「お」を付けるのは間違いですが、正解がわかりにくいです。
この場合は
○「担当者に申し伝えます」が最適です。

10. ×「どうしましょうか?」
社内であればさほど問題はないかと思いますが、
 そもそも敬語になっていないので、お客様に対しては問題がある表現です。
○「いかがいたしましょう」とするのがいいでしょう。

11. ×「おっしゃられました」
「おっしゃられる」は“おっしゃる”と“られる”の二重敬語になるので、
○「おっしゃいました」で十分です。

12. ×「お越しになられる」
こちらも同様に、“お”と“られる”の二重敬語になるので、
○「お越しになる」で十分です。

13. ×「ご拝読いただけましたか?」
“拝読”は“読む”の謙譲語なので、“ありがたく読ませていただく”という意味になります。
当然、相手について“拝読”を使うのはNGです。

また、そもそも“拝”に敬語が含まれているため、
“ご~いただき”も二重敬語となり、不要なので、
○「お読みいただけましたか」
○「ご覧いただけましたか」が正解です。

14. 「例の件を伺っていますか?」
これも「伺う」が謙譲語になるので、
 「例の件をお聞きになりましたか?」と尊敬語にしましょう。

15. ×「お客様をお連れしました」
「お連れしました」の“お”は上司に対してへりくだる意味になり、
 お客様に対して敬語が使われていません。
○「お客様をご案内しました」
○「お客様がお見えになりました」が適切です。

16. ×「お世話様です」
「お世話様」は取引先の相手に使うと失礼になります。
○「お世話になっております」が正解です。

17. ×「○○様でございますか?」
ございますは“ある”の丁寧語であり、尊敬語ではないので、
この場合は
○「○○様でいらっしゃいますか?」が正解です。

18. ×「できません」
お客様に対して“できない”と伝えることになった時点で、
 すでに慎重な対応が必要な場面だと思われますので、
○「いたしかねます」が最適です。

19. ×「ご予算はおいくらでしょうか?」
こちらも慎重な対応が必要な場面だと思いますので、
 「ご予算はいかほどでしょうか」と最大限丁寧な言葉遣いをしましょう。

20. ×「ご確認願います」
「願います」は丁寧な表現ですが、敬語ではないので、
○「ご査収ください」がいいでしょう。

間違えやすいビジネス敬語の実例50選【模範解答付き】

1. ご苦労さまです
 目下の人に対して用いる言葉になります。「お疲れさまです」が適切となります。

2. 了解しました
敬意のないフランクな表現になります。「承知しました」または「かしこまりました」を用いるようにしましょう。

3. しばらくぶりです
「しばらくです」は同僚や目下に対して用いる表現になります。
たとえば
 「お久しぶりです」であれば、相手の立場に関係なく用いる表現になるので、失礼にまではあたりません。
ただ、敬意を表すうえでは「ご無沙汰しておりました」を用いるようにしましょう。

4. いつもお世話様です
「お世話様です」は、「ご苦労さまです」と同じような使い方になり、目上の人に用いるべきではない表現です。
「いつもお世話になっております」が適切となります。

5. ご一緒します
「ご一緒」という言葉は、対等な関係で使われるものになります。
目上の人から「一緒にいくか?」と誘われたときには「お供させていただきます」が正しい表現になります。

6. 大変参考になりました
「参考」という言葉が“自分の考えを決める際の足しにする”というような意味になってしまいます。
目上の人に対しては「大変勉強になりました」を用いるようにしてください。

7. すいません
「すいません」は「すみません」の口語として定着したため、目上の人に用いるには失礼な表現となります。

さらにビジネス上では「すみません」を使うことさえNGという考え方があります。
この言葉には感謝と謝罪の2つの意味が込められているため、
きちんと「ありがとうございます」「申し訳ございません」と伝えるのが正式、というものです。

8. 私には役不足です
自分の実力より軽いこと、与えられた役目に満足できないことを意味します。
能力が足りないという意味では「力不足」もしくは「力量不足」と言わなければなりません。

9. わが社
社内で叱咤激励する際などに使われる言葉であり、外向けに使ってしまうと偉そうな印象を与えてしまいます。
「弊社」および「当社」が正しく、それぞれ場面に応じて使い分けをおこないましょう。

10. なるほどですね
もともとが「なるほど、そうですね」の省略形だというだけでなく、
 「なるほど」自体が目下の人に対して使うものになります。
「おっしゃるとおりです」などの言い回しにしましょう。

11. おわかりいただけたでしょうか
わかりましたか、という意味になり、目上の人に使うには失礼となります。
「ご理解いただけたでしょうか」などを用いるようにしてください。

12. お座りください
座ってくださいの尊敬表現なので本当は間違いというわけではないのですが、
やはり犬のお座りのイメージもあり、ビジネスシーンではNGとされます。
「お掛けください」が適切です。

13. どちら様でしょうか
「様」がついているため丁寧な印象がありますが、
 意味としては「誰ですか?」ということになるので、
目上の人には大変失礼な表現となります。
会社に訪ねてきたお客様になどは特に使用しないよう注意してください。

14. どうしますか
「どうする」という言葉には敬意が含まれていないため、目上の人に対しては使わないようにしてください。
「いかがいたしますか」などを用いてください。

15. させていただいております
「させていただきます」は、
 基本的には「自分のすることが相手に良い影響を与えるとき」「相手の許可が必要なとき」にのみ使える表現です。
「〜いただいております」も同様で、
たとえば値上げのお知らせなど、相手が頼んだわけでもない場面での使用は失礼な印象を与えてしまうことも。
「しております」が適切な表現となります。
値上げの場合であれば「値上げさせていただいでおります」ではなく「値上げしております」としましょう。

16. ~のほう
「ご注文のほう」「商品のほう」など幅広く用いられていますが、
単純に日本語としておかしい表現となります。
以下、例となります。

× 私のほうで担当いたします → ○ 私が担当いたします
× お水のほうをお持ちします → ○ お水をお持ちします
× 書類のほうをお持ちいたします → ○ 書類をお持ちいたします

17. ~からお預かりします
たとえば「5000円からお預かりします」などは最近では一般的な言葉となりつつありますが、「から」は不要です。
「5000円をお預かりいたします」などが正しい表現になります。

18. 御社について存じ上げております
「御社について存じております」が正解となります。
あげる、は持ち上げるべき相手がいるときに使う表現になるため、
 対象が人であれば「存じ上げている」で問題ないのですが、人以外に対しては使わない表現です。注意してください。

19. お体をご自愛くださいませ
会話ではなく手紙やメールに登場することの多い「自愛」ですが、
この言葉に既に「体を大事にする」という意味が含まれています。
正しくは「ご自愛くださいませ」となります。

20. ~になります
「〜になります」といのは、基本的には物が変化していく様子を表す言い方であり、敬語ではありません。
「〜に成る」という場合以外は使わなようにしましょう。
以下、例となります。

× お手洗いは、突き当たりになります → ○ お手洗いは、突き当りにございます
× 500円のお返しになります → ○ 500円、お返しいたします
× 会議の資料になります → ○ 会議の資料でございます

21. 各位様
各位自体が皆様という意味になります。
「○○各位」や「お客様各位」としてください。

22. (役職名)+様
役職に敬称をつけるのは誤りです。
「○○社長」または「社長の○○様」としましょう。

23. お名前をちょうだいできますか
「お名前をお聞かせいただけますか」「お名刺を頂戴できますか」が合成されてできた造語です。
「お名前をうかがってもよろしいでしょうか」などが適切です。

24. とんでもございません
「とんでもない」で1つの単語なので、
 これを2つに分けて「ない」の部分だけを「ございません」に変えることはできません。
正しくは「いいえ、とんでもないです」などになります。

25. 今お時間よろしかったでしょうか
相手が今話せる状況にあるかどうか聞くのは礼儀ですが、
 「よろしかった」という過去形ではなく、「今お時間いただいてもよろしいですか」としましょう。

商品はこちらでよろしかったですか、
 などの確認も同様です。商品はこちらでよろしいですか、としましょう。

26. 申されていました
「おっしゃっていました」が正しい表現です。

27. ご拝受いただければ幸いです
「拝」という表現自体が、つつしんで、というような意味を持つ謙譲語なので、
 相手の行為に対して使うのは間違いです。
同様の理由から

× 拝見させていただきました → ○ 拝見しました
× 拝見されましたか → ○ 目を通していただけましたか、ご覧になりましたか
などが適切となります。

28. お客様がお越しになられました
「いらっしゃいました」「お見えになりました」などが適切です。

29. 一緒に参りましょう
「参る」は謙譲語なので、誘った相手も一緒にへりくだる表現となってしまいます。
「お伴いたします」や「ご案内いたします」が適切となります。

30. どこへ参られますか
どこかへ行きますか?という確認は
 「いらっしゃいますか?」や「行かれますか?」が正しい表現になります。

31. ○○様が参られています
これも謙譲語の「参る」を相手に使ってしまっている例になります。
来訪者に対しては「○○様がお見えです」が正しい表現になります。

32. 本日は休みをいただいております
「本日休みを取っております」などにしましょう。
「いただく」では、自社に対しての敬意となってしまいます。

33. ○○様でございますね
「○○様でいらっしゃいますね」が適切です。
ございますは丁寧語ではありますが尊敬語ではないので、
 相手の名前につけてしまうのは間違いです。

「田中でございます」というように自身に対しての使用や、
「営業部の鈴木でございますね」というように自社の人間に対しての使用は、問題ありません。

34. あなたが申されたように
「申す」は謙譲語になります。言うの尊敬語は「おっしゃる」なので、
「あなたがおっしゃいましたように」が正しい使い方になります。
話が伝わっているかを確認する時

35. あの件についてうかがっていますか
「うかがう」も謙譲語になります。
聞くの尊敬語は「お聞きになる」なので、
 「あの件についてお聞きになりましたか」が正しい使い方になります。

36. どうぞお召し上がり下さい
召し上がるという尊敬語に「お〜になる」をつけたものでなので、二重敬語になります。
「どうぞ召し上がって下さい」が正しい使い方です。

37. 花に水をあげる
あげる、というのは「やる」の謙譲語になるので、「水をやる」というのが正しい表現になります。
同様に、犬にエサをあげるも、犬にエサをやるが正解になります。

38. おられますか?
おる、は自分がへりくだるときの表現になります。
「いらっしゃいますか?」が適切です。

39. どうかいたしましたか?
「いかがなさいましたか?」などが適切な表現です。

40. どちらにいたしますか?
「どちらになさいますか?」が正しいです。
いたします、が謙譲語になるので、尊敬語となる「なさいます」のほうを用いるようにしましょう

41. 上司にも申し上げておきます
「上司にも申し伝えておきます」が適切です。
社外の人に対して、自分の上司を持ち上げる表現は使わないようにしましょう。

同様に、「外出されています」も「外出しております」になります。

42. 資料をご持参ください
「持参」は謙譲語になるので、相手への用法としては使えません。
「資料をお持ちになってください」などとしてください。

43. お客様をお連れしました
「お連れしました」ではお客様ではなく、
 その報告相手に対して敬意を払っていることになるので注意してください。

「お客様をご案内いたしました」「お見えになりました」などが適切です。

44.お求めやすい商品です
求めるの尊敬語は「お求めになる」です。
「お求めになりやすい商品です」が正しい表現です。

45. ご注意してください
「お(ご)〜する」というのが謙譲表現になります。
「ご注意ください」としましょう。

46. おっしゃられる通りだと思います
おっしゃるだけで尊敬語になるため、「られる」をつけると二重敬語になってしまいます。
「おっしゃる通りだと思います」が適切です。

同様に、おっしゃられました、ではなく、おっしゃいました、となります。

47. これで結構でしょうか
結構、はこちらの問いかけに相手がOKを出すとき、
つまり相手がこちらに返す言葉になります。
「これでよろしいでしょうか」が正しい表現です。

48. 明日は来られますか
「明日はいらっしゃいますか」が適切です。

49. ご覧になられる
ご覧になられるでは二重敬語となります。
「ご覧になる」としましょう。

50. ご注文の品はお揃いになりましたか
お揃いが料理に対しての敬語となります。
「ご注文の品は、以上でよろしいでしょうか」ぐらいが適切な表現となります。

敬語の使い方

【敬語とは】

 (1)先生が言いました。
 (2)先生がおっしゃいました。
  を比べてみよう。
 述べている内容自体は同じことである。
 しかし、(1)と(2)では「先生」に対する敬意が違う。
 (2)では「おしゃる」という表現を使うことによって、
  「先生」に対する敬意があらわされている(「先生」が高められている)のに対して、
 (1)ではとくに敬意はあらわされていない。
 (2)の「おっしゃる」のように、特別な言葉づかいをすることによって、
  敬意あるいは丁寧さをあらわす表現が敬語である。
 なお、敬語は、目下から目上に使うことが多いことは確かだが、
  いつもそうだとは限らない。
 言葉づかいの丁寧な人は、目上から目下へも、かなり敬語を使うものである。
 敬語は封建的なものだと思っている人もいるようだが、現代の敬語は、むしろ気配りの表現だといえる。

【敬語の種類】

 一口に敬語といっても、いろいろな種類がある。
 大まかには、尊敬語・謙譲語・丁寧語と三つに分けられているが、
 ここではもう少し細かく分けてみる。
 
1尊敬語

 話し手が主語を高める(主語に敬意を示す)表現。
  先生がおっしゃいました。
  奥様がこの文章を書かれた(お書きになった)らしい。
 の「おっしゃる」や「書かれる」「お書きになる」などが敬語である。
 それぞれ、主語である「先生」「奥様」を高めている。
 「……(ら)れる」型の言い方は、
  「書かれる」の他にも「始められる」「出発される」などのように、
 また、「お/ご……になる」型の言い方は、
  「お書きになる」のほかにも「お始めになる」「ご出発になる」などのように、
  それぞれ多くの動詞に関して使える代表的な尊敬語である。
 
 尊敬語には、
  このほか、「なさる」「くださる」「いらっしゃる」「召しあがる」などがある。
 名詞の場合は、その名詞に「……の」で係る人を高める。
  たとえば、「先生のおからだ」「その方のお名前」は、それぞれ「先生」「その方」を高めている。
注 主語や「……の」で係る人は、表現されないこともあるが、
  その場合でも、尊敬語を使えば、やはり高められる。
 たとえば、「先生」の話をしているときには、
  「先生がおっしゃった」と言わずに、ただ「おっしゃった」と言ったり、
  「先生のおからだ」と言わずに、ただ「おからだ」と言ったりすることがあるが、
  「先生」が表現されていなくても、「おっしゃる」「おからだ」という尊敬語によって、
  やはり「先生」が高められているのである。(こうした事情は、以下の各敬語でも同じ。)

2謙譲語

 話し手が主語を低める表現。
[謙譲語A]
 話し手が主語を低め、行為の関係する方面を高める(行為の関係する方面に敬意を示す)表現。
  私が先生に申し上げました。
  〔私は〕これから〔あなたの〕お宅に伺います。
  父が先生をご案内するそうです。
  の「申し上げる」「伺う」「ご案内する」などが謙譲語Aである。
 初めの例は、主語である「私」を低めて、「申し上げる」という行為の向かう先である「先生」を高めている。
 二番目の例も、主語「私」を低めて、「伺う」先つまり訪ね先である「〔あなたの〕お宅」を高めている。
 三番目の例も、主語「父」を低めて、案内する相手である「先生」を高めている。
 「お/ご……する」型の言い方は、
  「ご案内する」のほかにも、「お待ちする」「お知らせする」「ご報告する」のように、
  いろいろな動詞に関して使える謙譲語Aの形である。
 謙譲語Aには、このほか、「いただく」「さしあげる」「存じ上げる」「お目にかかる」などがある。
 謙譲語Aの主語は、普通は、話し手自身か身内である。
 名詞の謙譲語Aも存在する。たとえば「先生にお手紙をさしあげる」というときの「お手紙」は、
 手紙の向かう先である「先生」を高めているので、
 謙譲語Aである(ただし、「先生がお手紙をくださった」という場合の「お手紙」は尊敬語)。
 
[謙譲語B]

 話し手が主語を低め、聞き手に対して改まって述べる(聞き手に敬意を示す)表現。
  私が会議室の掃除をいたします。
  私は夏休みに旅行にまいります。
  父が私にそう申しました。
 の「いたす」「まいる」「申す」や「存じる」などが謙譲語Bである。
 初めの二つの例では「いたす」「まいる」によって主語「私」を、
 三番目の例でも「申す」によって主語「父」を、それぞれ低めている。
 謙譲語Bの主語は一般に話し手自身か身内で、これを低めることで、
  聞き手に対して丁重に述べる効果が出るのである。
 名詞の謙譲語Bとしては、自分の会社をへりくだって述べる「弊社」や、
  自分の書いた本をへりくだって述べる「拙著」などがある。
 
[謙譲語Bの用法の広がり]

  低気圧が通過いたします。
  まもなく電車がまいります。
 のような「いたす」「まいる」は、「低気圧」や「電車」を低めているわけではなく、
  ただ聞き手に対して丁重に述べる働きをしている。
 謙譲語Bの本来の「主語を低める」という働きは消えてしまっているが、
  「聞き手に対して丁重に述べる」という働きは保っているわけで、
  これも正しい使い方である。このような使い方は、丁寧語に近いともいえる。
 謙譲語Bの主語は、右に述べたように、話し手や身内であるのが一般的だが、
  今のような使い方の場合は、そうでないものでもよいわけで、いわば、謙譲語Bの用法が広がってきたわけである。
 ただし、本来が主語を低めるものであるから、
 ×あなたも旅行にまいりますか。
 ×先生もその会にまいりました。
のように、聞き手や、高めるべき人について使うのは、
 やはり誤りである(この場合、尊敬語「いらっしゃる」を使うべきである)。

[謙譲語Aと謙譲語Bの違い]

 謙譲語AとBとは似ているが、誰に対する敬意かという点が違う。
 Aは行為の関係する方面に敬意をあらわし、Bは聞き手に敬意をあらわすのである。
 Aの「伺う」と、Bの「まいる」とで、比べてみよう。
  私はこれから鈴木先生のお宅に伺います。
は、適切な敬語である。
 この場合、「私」を低めて、「伺う」つまり訪ねていくという行為の関係する方面である
  「鈴木先生」を高めている。
 簡単にいえば、「伺う」は訪ね先に対する敬意をあらわす敬語である。
 これに対して、
 ×私はこれから公園に伺います。
は不適切である。これでは、公園を高めることになってしまう。また、
 ×私はこれから祖父の家に伺います。
といえば、自分の祖父を高めてしまい、身内を高める誤りになる。
 あとの二つの文の「伺う」を「まいる」に変えて、
  私はこれから公園にまいります。
  私はこれから祖父の家にまいります。
と言えば、正しい敬語である。
 「まいる」の場合には、行為の関係する方面(訪ね先)ではなく、
  聞き手に対する敬意をあらわすので、
  訪ね先はどこであっても使えるのである。
 一方、たとえば、「これから先生の家に行く」という内容を親しい友人に伝えるような場合には、
  僕はこれから先生のお宅に伺うんだ。
  私はこれから先生のお宅に伺うのよ。
と述べるのは適切だが、
 ×僕はこれから先生のお宅にまいるんだ。
 ×私はこれから先生のお宅にまいるのよ。
とは、もちろん言わない。
 以上のことからわかるように、
  「伺う」は行為の関係する方面への敬意、
  「まいる」は聞き手への敬意をあらわす敬語である。
 行為の関係する先と聞き手が同一人物の場合(つまり、聞き手に対して行為を向ける場合)は、
  これからお宅に伺います。
  これからお宅にまいります。
のどちらでも使うことができる。

丁寧語

相手への敬意を表する言葉として、
 特別に丁寧な言葉を用いることがあります。


丁寧語の使い方

「お」「ご」「御」などの接頭語を付ける型  
  一般に「お」や「ご」「御」などの接頭語を付けると、
  丁寧な言葉となります。
  しかし、外来語にはこれらの接頭語をつけないことになっています。

 ・水 → お水
 ・飯 → ご飯

 しかし、外来語に丁寧語としての接頭語を付けると違和感があります。

 ・「おコーヒー」は間違いです。
 ・「おビール」は間違いです。

敬体(です、ます)を用いる型  
 いわゆる「です・ます」調の表現です。

 ・食べる  → 食べます
 ・きれいだ → きれいです
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: