ネットで見つけた泣ける話

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、
 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。

その時、
 サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
 
このビデオの
1本目は、
 サキの3歳の誕生日に。

2本目は
 小学校の入学式に。

そして3本目は
 …○○○の日に見せてあげてください」

まもなく、
 サキちゃんのママは天国へと旅立った。


そして、
 サキちゃんの3歳の誕生日。
1本目のビデオがかけられた。

(ビデオからつないだテレビ画面に、
  病室のママが映し出される)

「サキちゃん、
  お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。

でもママはね、
 テレビの中に引っ越したの。
だから、
 こうやってしか会えない。

パパの言うことをよく聞いて、
 おりこうさんでいてね。
だったら、ママ、また会いに来ます」


サキちゃんの小学校入学の日。
2本目のビデオ。

「サキちゃん、
  大きくなったネ。おめでとう……。
ママ、うれしいな。
どんなにこの日を待っていたか。

サキちゃん、
 ちゃんと聞いてね。

ママが今住んでいるところは、
 天国なの。
だから、もう会えない。

でもね、
 パパのお手伝いがちゃんとできたら、
 ママ、もう一回だけ、会いに来ます。

 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!

ほうら、
 サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」



そして3本目のビデオ。
 そのタイトルは、こう書いてあった。

新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、
 パパは再婚し、新しいママが来た。

3人いっしょに、
 3本目のビデオを見つめた。

なつかしいママの顔が映し出された。

「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。

 でも、もう大丈夫。
 新しいママが来たんだから。

 ……

 サキちゃん。今日で本当にお別れです。

 ……

 サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。

 (泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)

 ママ、もっと生きたい…。

 あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。

 あなたの成長を見つめていたい…。

 じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。

 それは、『ママを忘れる魔法』です。

 ママを忘れて、パパと、新しいママと、
  楽しい暮らしをつくってください。

 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」

そこでビデオは終わった。


しかし、
 サキちゃんに、この魔法は効かなかった。

パパと、新しいママにも効かなかった。

ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。

そして今度は、
 サキちゃんが主役の、
4本目のビデオがつくられたのだった。

天国のママに見てもらうために
スポンサーサイト

4歳になる娘が字を覚えたがる

ネットで見つけた
 泣ける話し

4歳になる娘が、
 字を教えてほしいといってきたので、
 どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、
 毎晩教えていた。

ある日、
 娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、
  神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」
  こっそりと中を読んでみたら、

「いいこにするので、
  ぱぱをかえしてください。おねがいします」
 と書いてあったそうだ。

旦那は去年、
 交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、
 神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、
 私も先生も泣いてしまった。

「もう少ししたら、
 パパ戻って来るんだよ~」

最近、
 娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。

娘の心と、
 写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。

貧乏

泣ける話

ネットを見た話し。

うちは貧乏な母子家庭で、
俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから
写真の変わりに
母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、
どうにかして形に残したかったらしい
ほぼ毎日、
赤ん坊の俺を一生懸命描いてた
絵の隣に
『キゲンが悪いのかな??』とか
『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで

小学四年生の時、
家に遊びに来た友達数人に、
そのアルバムを発見された

めちゃくちゃ笑われて、
貧乏を馬鹿にされた

友達が帰って直ぐ、
俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた

仕事から帰って来た母さんがそれを見つけて、
泣きだした

破いた理由を言っても、
変わらず泣き続けた

翌朝起きると、
居間で
母さんがゴミ箱から絵の破片を集めて
セロハンテープでとめてた

「恥ずかしい思いさせてごめんね。
でもね、これ、母さんの宝物なんよ」

申し訳なさそうに優しくそう言われると、
涙が溢れ、
俺はごめんなさいと謝った

技術KI計画 ホワイトカラーの生産性を高める手法

技術KI計画とは
 Knowledge Intensive Staff Innovation Plan

製品開発・設計部門を主対象とした
 生産性向上のための業務改善手法。

日本能率協会グループが
 東京工業大学との共同研究で90年代初めに開発した。

◆何が課題なのか?
 改善提案を募っても
 暇な人がやるものだと現場が思っていたりと、
 改善活動を軌道に乗せるには
 風土改革が必要なことは少なくありません。

◆課題の解決は、どのようにするのか?
 こうした課題を乗り越えるために開発された
  業務改善手法の1つが
  1990年代初めから普及が始まった「技術KI計画」です。

 日本能率協会(JMA)グループが
  東京工業大学との共同研究により開発しました。

 もともとはホワイトカラーの生産性を高める手法を研究していたのですが、
  途中から、
  製品の開発・設計を担うエンジニアリング部門の
  生産性向上にテーマを絞りました。

 JMAグループは
  これまで450社以上に技術KI計画を指導し、
  プロジェクト型業務である
  チーム営業やシステム開発などでも成果が上がるとしています。

効果
◆意識共有を進める
 
技術KI計画の
 基本コンセプトは、

 あるプロジェクトに参画する
 経営者やマネジャー、エンジニアなどの
 問題意識を可視化して共有することにより
 知的生産性を高める、というもの。

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)の高橋豊氏は、
  「プロジェクトに対する問題意識は
  メンバーそれぞれ異なるのが普通。

  それを表に引き出して、
  みんなが同じ方向を見るようになれば、
  生産性は高まる」


  と解説します。

技術KI計画は
 4つの手法で構成されます。
(1)週1回2時間以上の頻度で開催する
  上下関係を越えて本音で話す場
  「ワイガヤミーティング」
(2)模造紙と粘着メモ紙を使って作る
  「見える計画」
(3)個々の役割を明確化して
  上司が合意するプロセス
  「合意納得&契約マネジメントスタイル」
(4)業務の振り返りプロセス
  「YWT(やったこと・分かったこと・次にやること)」 です。

(2)~(4)はワイガヤミーティングの中で実行します。
 また、見える計画は
 主に7つの図で構成されます。

 最初に従来のプロジェクトの進め方の
 悪い点を図示した後


 今回のプロジェクトの
  目的、
  期待する成果、
  課題、
  役割分担、
  1~3カ月の中日程、
  1~2週間の小日程を図にしていきます。


JMACによれば、
 技術KI計画を
 企業の組織風土として定着させるには1年はかかります。

 (1)~(4)の細かなやり方は
 各社に合ったものに徐々に改善しなければ、
 「やらされ感」が出てきてしまうからです。

事例◆帝人が全社改善活動に採用
 
 帝人は2004年から改善活動を推進したものの、
  組織によって取り組みに温度差がありました。
 そこで、
  グループ共通の業務改善手法の1つとして、
  技術KI計画を4職場に2005年下期から導入。
 プロジェクト的な業務の進め方をする2職場では
  コミュニケーションが活性化し、
  知的生産性が高まる成果があったといいます。

 帝人は同手法の横展開を図る予定です。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20071010/284077/より引用

ドラッカーの10の教え

1. 才能よりも真摯さ
 人を管理する能力や人心掌握術は学ぶことができますよね。

 しかし、
 マネジャーに本当に大切なのは  

 自分とチームの仲間(部下)に
  正面から向き合える「心」の部分だそうです


 知的な能力よりも、
  人付き合いのスキルよりも、

  公明正大で部下としっかりと向き合えることが大切です

 まずはスキルを磨く前に、
  自分の心(真摯さ)を磨きましょう

2. すべては顧客からはじまる
 マネジャーの最初の仕事は
 「組織の定義付け」 です。
  
 そのためには
  野球部がどんな組織で、
  何をすべきかを決めることから始まります


 ただ、「わかりきった答え」、
  たとえば「野球部は野球をする組織」というのは、
  ほとんどの場合間違いなのだそうです。

 事業は「顧客」から考えることが大事です。

 「顧客は誰か」を考えて、自分の事業とは何かを考えてみましょう。

3. 「何を売りたいか」ではなく
 「顧客は何を買いたいか」を問う

 マーケティングの基本は「顧客」ですよね。

 野球部を応援してくれる人たち、
  野球部員たちは、
  野球部という組織に何を求めているのでしょうか。

 自分たちがやりたいこと!ではなく、
  自分たちの組織の周りにいる
  「顧客」の声に真摯に耳を傾けてみましょう。

4. 仕事に「働きがい」を与える
 マネジメントの目的は仕事を通じて成果をあげることです。

 では、
  仕事を通じて成果を挙げさせるには何が必要でしょうか?


 それは「働きがい」だと言います。
  
 自発的に仕事に取り組み成果を求めること。

 働きがいを与えるには
  ①生産的な仕事
  ②フィードバック
  ③継続学習、が必要です。


 仕事を与えるときには、
  この3つの要素も踏まえて託してみましょう。

5. 人の強みを発揮させる
 人が雇われるのは、
  強みがあり、
  それを生産に結び付けられるからです。

 人は弱いものですが、
  弱点に眼を向けるのではなく、
  強みに目を向けて他者の弱点を補えるようにしてみましょう。

6. イノベーションは既存のものすべてを陳腐化する
 マーケティングも企業を成長させる大きな要因ですが、
  それだけでは企業としての成功はありません。

 大事な課題は「イノベーションに取り組む」ということです。

 既存の枠組みを壊すことに反発もありますが、
  イノベーションを起こさないと
  最後は取り残されていってしまうのです。

 イノベーションを起こすためには、
  組織の中ではなく組織の外にもたらす変化とは何か?と考えて、
   外に目を向けてみましょう。

7. 自らの組織をもって社会に貢献する
 社会貢献といっても
  「ゴミ拾い」とか誰にでもできるものではありません。

 自らの組織の強みを活かして、
  社会の問題に解決できることを探してみましょう。

 社会貢献をすることで、
  社会との新たな接点が生まれ
  イノベーションも促進される可能性が高まるでしょう。

8. 間違いや失敗をしない者を信用してはならない

 成果とは百発百中ではありません。
 
 成果とは打率であり、
  間違いが少ないことを評価してはいけないのです


 事なかれ主義からは、
  見せかけの努力や無難なこと、
  下らないことだけに着手する人もでてくるものです


 多くの間違いを犯す人ほど優秀かもしれませんから、
  新しい試みを否定的に考えないように雰囲気作りをしましょう。

9. 最大ではなく最適

 規模には限界があります。

 お金も最大を目指したら際限なく仕事をして、
  集めなくてはいけません。

 最大ではなく最適を目指すことが大切です

 自分の組織はどのくらいの規模が最適なのか、
  常に考えることにしましょう。

10. 成果こそ、すべての活動の目的である

 組織の構造、
  人の関心をすべて成果に向けさせることが大切です。

 成果よりも
  努力が大事だというのは錯覚で

  
 成果のために
  仕事するのが最大の目的なのです


 努力ではなく、
  成果に焦点を定めるようにしましょう
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: