漢字(熟語)の覚え方

漢字(熟語)の覚え方

漢字を効率よく覚えていくにはコツがあります。

ルールとしては次の3つです。
 1.回数ではなく頻度を増やす
 2.音を耳で覚える
 3.意味を考えながら覚えていく

このルールで漢字の学習をしていけば
 知識の定着も早く忘れにくいと思います。
また、
 このルールは
 社会や理科といったものでも使えますので応用してみてください。

それでは1つずつ説明していきます。

1.回数ではなく頻度を増やす

 多くの学習アドバイスの本には
  次のようなことがよく書かれています。
 「覚えられないことは何度も書いて覚えなさい」
 しかし、
  私はこのような考え方には反対です。意味がありません。

一度試してもらえればわかりますが、
【こくもつ  穀物】
 ふり仮名を隠して 

 穀物 という漢字をお子さんに書かせてみてください。

 何回で書けるようになりましたか?
 個人差はあるでしょうが、
  多くても5回で書けるようになったと思います。
 でも、
  明日には忘れているお子さんも多いでしょうね。

 基本的にその場で覚えたからといって
  いつまでも覚えているとは限りません。

 どんな子でもその場限りでいいのならば覚えることはできるのです。

 でも大切なのは
  入試本番まで覚えていることです。

 暗記ではなく
  記憶にしなくてはいけません。


 暗記を記憶に変えるためには
  覚える頻度を増やすことです。

 いっぺんに15回書くぐらいなら、
  朝昼晩3回に分けて5回ずつ書いてください。

 はるかに記憶の定着が違います。


2.音を耳で覚える
見慣れていない文字や言葉というものは
 一瞬抵抗を感じ脳フ思考がストップします。
一方で見慣れている言葉というのは
 すんなりと頭にはいってきます。

漢字の読み書きが覚えられない理由は、
 言葉そのものを認識していないからです。

例えば、
 形相(ぎょうそう)という言葉があります。

 これは中学入試では頻出の漢字なのですが、
  苦手にしているお子さんが意外に多いです。

 というのも小学生にとって
  形相なんて言葉は難しすぎるからです。

 そもそもお子さんの
  ボキャブラリーにありませんから
  覚えられるはずがないんです。


 漢字を覚えるためには
  まず言葉自体を知る必要があります。


 この場合は音声として分かるレベルです。

 刑法用語に
  『みひつの故意』という言葉があるのですが、
  あなたはこれを漢字で書けるでしょうか?

正解は『未必』なのですが、
 刑法を学んだことがない人は、

この『みひつ』という用語を
 音声として認識していないので書けないのも当然です。

知らない言葉を
 書けるわけがありませんから。


漢字を覚えるためには
 音声として認識する必要があるというのは
 こういうことです。


そのためには
 書けない漢字は
 何度も口に出させるということが重要です。

音声として認識されるようになれば
 書けるようになるまでのスピードもグッと上がります。

3.意味を考えながら覚えていく

人は意味のないものを覚えるのは苦手です。

例えば、
 「16854625932657896521563258」を
  覚えてくださいといっても無理ですよね。

でも、
 「カレーの材料が足りなかったのでたまねぎとにんじんを買いに行った。」なら
 そっくりそのまま覚えられますよね。

文字数で言えば
 「カレーの~」の文の方が圧倒的に長いですが、
 覚えやいのはこちらです。

意味のあるものというのは
 想像がしやすいから覚えやすいのです。

だから多少、長くても覚えることができます。

漢字を覚えるのが苦手だというお子さんは
 漢字を記号として覚える傾向があります。

意味で覚えず
 記号として覚えようとするから
 なかなか覚えられないのです。


漢字は
 表意文字なのですべて意味を持っています。

せっかく意味を持っているのですから
 それを使わない手はありません。

漢字を覚えるときは
 意味も一緒に覚える。


一見、手間がかかる方法に思えますが、
 記憶としての定着の早さからいえば
 こちらの方が圧倒的に優れています。

そのため何度もやる必要がなく
 結果としてはこちらの方が早く覚えられます。

おこさんが苦手な漢字は
 意味まで覚えさせてください。


あれだけ覚えられなかった漢字が
 すぐに覚えるようになるはずです。
スポンサーサイト

語彙力の必要性

語彙力の必要性

言うまでもなく、
 語彙力のある子ほど国語では有利です。

読解問題でもその力を余すところなく発揮します。

そもそも語彙数が少ないと
 文章を読むこともままなりません。

読解力以前に語彙力でつまずいてしまっている
 お子さんは意外と多いです。
国語で得点をとりたいのであれば
 しっかりとした語彙力をつけることが重要です。
読解問題が苦手だからと言って
 語彙を後回しにするのは得策ではありません。

ことわざ・四字熟語は
 意味が同じもの・反対の意味のものもチェック
ことわざや四字熟語の語彙問題は
 大きく分けて下記のパターンです。

1.意味からことわざ・四字熟語を選ばせる問題
2.ことわざ・四字熟語から意味選ばせる問題
3.空欄に言葉を入れさせる問題
4.同じ意味のものもしくは反対の意味のものを選ばせる問題

1と2はできても
 3・4ができないお子さんが多いようです。

中学受験では
 ことわざや四字熟語で難しいものはあまり出ません。

塾でつかっているテキストや問題集に載っているものを
 しっかりと覚えておけば
 十分に対応することができます。

まずは意味をしっかりと確認したあと、

ことわざや四字熟語を隠して書けるのかどうか?
 までしっかりと確認してください。

また、
 機会があるごとに同じ意味のことわざや反対の意味の四字熟語を
 クイズ形式にしてお子さんに出してみたりしてください。

言葉を知ることで
 言語感覚に優れていきますので面倒くさがることなく
 しっかりとお子さんの知識として
 身につけるようにしておくと
 読解でも強さを発揮します。

慣用句は体の部位・動物の含まれているものから
 中学受験では慣用句に関する問題もよく出題されます。

特に体の部位を使ったものと
 動物の含まれているものは頻出です。

出題パターンとしては主に次の2パターンです。
1.意味を選ばせるもの
2.空欄を埋めさせるもの

どちらのパターンで出題されても
 対応できるようにしておいてください。
特に体の部位を使ったものとしては
 次のものが頻出です。

【足】
・足が出る
・足もとを見る
・足が棒になる
・足を洗う
・二の足を踏む

【顔】
・顔が広い
・顔に泥をぬる
・顔から火が出る
・顔を立てる
・顔向けできない

【歯】
・歯が立たない
・歯に絹を着せぬ

【肩】
・肩で風を切る
・肩で息をする
・肩の荷が下りる
・肩を並べる


【腹】
・腹が黒い
・腹が立つ
・腹わたがにえくりかえる
・腹をすえる
・腹を割る

【鼻】
・鼻が高い
・鼻であしらう
・鼻につく

品詞の種類と識別

品詞の種類と識別

品詞というのは
 それほど単独で試験に出るわけではないのですが、
知らないと文章を読んだり
 文中から答えを探したりするときに困ったりします。
念のため
 品詞の基本的なことについて説明しておきます。

単語の性質とはたらき
文をつくる言葉のまとまりを文節といい、
さらに文節が意味のうえで最も小さく分けたものを単語といいます。
そして、単語を性質やはたらきによって分けたものを品詞といいます。

単語のうち、その語だけで一つの文節をつくることができる単語を自立語といい、
他の単語がないと文節をつくれないものを附属語といいます。

単語には、後に続く語によって語尾の形が変わる(活用する)ものと、
そうでないものがあり、分類してみるとこんな感じです。

【自立語】
 ・活用がある…動詞、形容詞、形容動詞
 ・活用がない…名詞、副詞、連体詞、接続詞、感動詞

【付属語】
 ・活用がある…助動詞
 ・活用がない…助詞

このうち、
 名詞・動詞・形容詞・形容動詞・副詞・接続詞は
 しっかりと覚えておいて下さい。

名詞
物や事柄の名前を表す単語が名詞で、次の4つの種類があります。

普通名詞 広く共通に用いられる名を表すことば。
 (例) 人間・えんぴつ・学校など
固有名詞 人名・地名など特定の名を表す。
 (例) 横浜市・東京湾・聖徳太子など
代名詞 人や物の名前を直接言わず、代わりに指し示す。
  人称代名詞と指示代名詞がある。
 (例) ぼく・わたし・きみ・彼・彼女など…人称代名詞
     これ・それ・あれ など…指示代名詞
数詞 数や量、順序などを表す。
 (例) 一つ・二点・三倍など

動詞
ものの動作・存在・状態・作用などを表す単語を動詞と言います。
活用があり、言い切る形は五十音の「ウ段」の音で終わります。

【動詞の種類】
1.自動詞と他動詞
  それ自身の動作・存在などを表す動詞が自動詞、他に働きかける動詞が他動詞。

  (例) 水が流れる。…自動詞
      水を流す。 … 他動詞 (他動詞は「~を・・・」の形が多い)

2.可能動詞
  「~することができる」という意味をふくんでいる動詞を、可能動詞という。
  (例) 書ける・読める・飛べる・歩ける

形容詞
ものごとの性質や状態などを表す言葉で、言い切りのときの形が「い」で終わります。

【形容詞の活用】
1.語尾が「い」となる形容詞の活用(命令形なし)
 眠かろ(う)・眠かっ(た)・眠い・眠けれ(ば)
 (例) 赤い・広い・痛いなど

2.語尾が「しい」となる形容詞の活用
 嬉しかろ(う)・嬉しかっ(た)・嬉しく(なる)・嬉しい・嬉しい(とき)・
 嬉しけれ(ば)
 (例) 美しい・新しい・優しいなど

形容動詞
ものごとの性質や状態などを表す言葉で言い切りのときの形が「だ」で終わるものを
形容動詞という。(名詞に続くときは「な」)

【形容動詞の活用】(命令形なし)
静かだろ(う)・静かだっ(た)・静かだ。・静かな(とき)・静かなら(ば)
(例) にぎやかだ・たいへんだ・元気だ・おだやかだ

副詞
名詞・動詞・形容詞・形容動詞・その他の副詞を修飾して意味をくわしくする言葉で、
活用がなく一語だけで主語や述語になることがありません。

【副詞の種類】
状態を表す 動詞を修飾して動作などの状態を表す。
(例) 鏡をが ぴかぴかに みがく。
    かれは あっさりと 問題を 解いた。
程度を表す 動詞・形容詞・形容動詞や、状態を表す副詞などを修飾して動作・
作用・状態などの程度を表す。
(例) もう ちょっと 頑張りなさい。
    かれは とても 計算が 早い。
    風が たいへん 強い。
呼応関係を組む 修飾する文節の形が決まっていて、話し手の気持ちを表す。
(例) けっして 許さない。… 打ち消し
    たぶん 合格するでしょう。… 推量
    まるで 本物の ダイヤモンドの ようだ。… たとえ
    どうか 今日のことは 忘れて ください。… 願望

接続詞
活用がなく、言葉と言葉、文と文などを結びつけるもの役割を果たします。
読解問題で接続詞補充の問題が出ると同時に文脈をつかむ意味でも重要です。

【接続詞の種類とはたらき】

順接
 前の部分の内容から当然と考えられる内容を、後に続ける場合。
(例) だから・それで・それゆえ・すると・ゆえに・そこで

逆接
 まえのこととは逆の内容が、後にくることを表す場合。
(例) しかし・だが・が・けれども・ところが・でも・それなのに

説明
 前のことがらに関することを後で説明する場合。
(例) すなわち・たとえば・つまり

補足
 前のことがらに関することを後で補って説明する。
(例) ただし・だって・なぜなら

添加
 前のことがらに後のことがらをつけたす場合。
(例) そして・さらに・そのうえ・それに・しかも・また・さらに・それから

並列
 前のことがらと、後のことがらを同列に並べる場合。
(例) また・および・ならびに

選択
 前と後のどちらかのことがらを選ばせる場合。
(例) それとも・または・あるいは・もしくは

転換
 前のことがらから話題を変える場合。
(例) ときに・さて・では・ところで

『れる・られる』の識別

『れる・られる』の識別
・受身の『れる・られる』
 例)知らない人に道を聞かれる。
   …「~に~れる」の形になる。

・可能の『れる・られる』
 例)子供が1人でも帰れる時間。
   …「~ことができる」と置きかえられる。

・自発の『れる・られる』
 例)昔のことが思い出される。
   …心情語の後に来る。
  ※「思い出す」、「案じる」、「しのぶ」は頻出。
  「自然と~」と補える。⇒昔のことが自然と思い出される。


・尊敬の『れる・られる』
 例)先生が話をされる。
   …主語が目上の人。例文の場合は「先生」。

【識別方法】
 1.「~に~れる」の形なら『受身』。
 2.「~ことができる」と置きかえられれば『可能』。
 3.「自然と~」と補えれば『自発』。
 4.主語が目上の人なら『尊敬』。

『らしい』の識別

『らしい』の識別
・推量の『らしい』  [助動詞]
 例)明日は雨らしい。
   …「どうやら」を補うことができる。⇒どうやら明日は雨らしい。

・形容詞の一部  [形容詞]
 例)子供らしい無邪気な笑顔
   …「どうやら」を補えない⇒×どうやら子供らしい笑顔。

【識別方法】
「どうやら」を補って意味が通じれば『推量』、通じなければ形容詞の一部。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: