スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末摘花(すえつむはな)

「若紫」と同時進行でしていた恋物語の巻デス。

夕顔を亡くして寂しい源氏は、
 新しい恋を求めていました。(少しは大人しくしてろ)

そんな時、
 源氏の乳兄妹の大輔の命婦<たゆうのみょうぶ>という人が耳寄りな情報をもたらします。
彼女は
 宮中に仕えるキャリアウーマンなので、
 宮中で源氏と顔を合わすことも多く、Love抜きで仲良くしています。

こんな源氏にも、
 いちお、いるんですね、女友達が。

さて、
 「耳寄りな情報」ですが、
 彼女が実家としているお邸のお姫さんが、
 両親を亡くして一人寂しく心細い思いをして暮らしている、というのです。

お姫さんのパパというのは
 常陸の宮<ひたちのみや>、という宮様でした。

同じ落ちぶれるんでも、
 宮家の姫、というと意味もなく哀れをそそります。
高貴な姫が落ちぶれる、というのは、こう、
 男としてはたまらないシチュエイションですね。(多分…)
頼る方もなく、
 この世のあわれを嘆きながら寂しく暮らす宮家の姫…。
ああ、
 きっと月の夜には、
 一人琴をかき鳴らして袖を濡らしておいでに違いない…。
 はかなげな美女…。たまりまへんワ…。
と、
 例によって、
 見てもいないのに勝手に盛り上がった源氏くん、
 命婦をせっついて、常陸の宮邸の庭先に潜り込み、
 姫の琴の音を聞くことに成功しました。

琴の音を聞くだけで満足するような源氏ではないのですが、
 相手はくさっても宮家の姫、
 さすがにイキナリ襲っちまう、というわけにはいきません。

この時代、
 ラブレターを贈る、
 というステップをはずしては真っ当な恋ではないのです。

『ま、今日のところは大人しく帰るか』と思って帰ろうとすると、
 何やら物陰に男がいます。

『げ、ヤバいな、オレ様がこんなとこウロウロしてるのを見られちゃかなわねえ』、
 と思ってヌキ足サシ足シノビ足で立ち去ろうとすると、
 何と男が近寄って来るではありませんか。おまけに、

「見ましたゾ~~、一緒に退出したと思ったのに、
 どこへ行ったか源氏くん、
 コソコソ女に会いに行く♪うひひひひひッ!」

などとぬかします。
何と源氏の悪友、
 頭中将<とうのちゅうじょう>が、
 鬼の首を取ったように得意がっているのでした。
呆れたことに、
 ご丁寧に狩衣<かりぎぬ>という略装に身をやつして、
 その辺の従者のフリをするという手のこみようです。
一体どこで着替えたんだオマエは!

ここまでされると、源氏ももう笑っちゃいます。
「てめー、いい加減にしろよ、
 普通、つけてくるか!?
 オマエ以外、誰もこんな馬鹿なことしねーぞ!(笑)」

全くもって、いいコンビです。
 二人はそのまま一杯やることにしました。
いいですねー、男のつきあい。
源氏は奥さん・葵の上よりも、
 そのお兄ちゃんの頭中将との方がよっぽど仲がいいのです。

さて、
 この一件で、
 どうやら頭中将も常陸の宮の姫に興味を持ってしまいました。
ま、源氏への対抗意識が殆でしょうけど。

こうなると、
 そんなに本気でもなかった源氏も、
 トンビに油揚げをさらわれるわけにはいきません。
せっせと姫に手紙を贈ります。
が、姫の方からは、
 源氏にも頭中将にもなーーんの返事もありません。

頭に来た源氏は
 「もういいから、姫のところに案内しろ!」と命婦を脅して、
 とうとう姫と枕を交わすことに成功しました。ヤッホー!

※枕を交わす、
 これも便利な表現ですね。
 いくらでもあるんです、この手の言いまわしは。

もっと昔(万葉の頃)だと、
 単に「枕く(まく)」なんて言ったりしました。
 「君が手枕(たまくら)まきそめて…」なんて具合に。

…しかし、いざ契ってみると、なんか、ヘン。
何か変な姫だった。

例によって、
 真っ暗で何も見えなかったなりにも、
 不穏なものを感じて、
 源氏はがっかりして帰ります。

家でゴーゴー寝直していると、
 頭中将がやってきて
 「あやしーな、何ネボーしてんだよ、おまえ。怪しい、怪しい!」
 なんて鋭いことをぬかします。

ハ、ハ、ハ…。
期待ハズレではあったものの、
 一回こっきりでポイというわけにもいきません。…だって宮家の姫だし。

仕方がないので、
 たまには通ってました。

カワイイ紫の君も引き取ったので、
 こんなつまんない女のとこに行きたくはないんですけど。…だって宮家の姫だしぃ。

いいですね、
 身分が高いってのは。
軒端荻<のきばのおぎ>とは何という違いでしょう。

さてさて、
 そんなある雪の日
 (ちなみに、懸想し始めたのが春、初めて逢ったのが秋です)、
 朝の光が綺麗なので「一緒に雪景色を見ようよ」かなんか言って、
 上手く姫君を窓際に誘い出した源氏です。

さー、これでやっと姫の顔を見れる!

ドキドキわくわくの源氏ですが、
 まさかマジマジと顔を眺めるわけにも行きませんので、
 横目でチラチラ様子をうかがいます。

すると!?
うっそ…。
これが、人間の顔!?
胴長・短足、青白い肌。
ヒドイ馬面。
みょーに出っぱったおでこ。
高い背。ガリガリの体。
しかも、
 鼻が、鼻が、象みたいに垂れ下がり、
…恐ろしいほどに先っぽが真っかっか!
こんな鼻って、ありえるの!?
見ちゃいけねえ、見ちゃいけねえ、これ以上見ちゃいけねえ!

と、
 心は思うものの、
 目がいうことを聞いてくれません。
こわいもの見たさ、とでも言うんでしょーか。
あまりの凄さに、
 まるで張り付いたようにぴたーっと動いてくれないのです。

恥ずかしげに「うひひ」と笑ったその顔は、
 気持ち悪いを通り越して、もう気の毒です。

着ているものも、「アンタ、なに!?」というぐらいダサいもの。
源氏はすっかり動転して、
 テキトーなことを言って逃げ出しちゃいました。

すすす、すごかった……!どうして見ちゃったんだろう!!
なまじな器量なら、
 いつともなしに忘れて行く、
 ということもあるでしょうが、
 ここまで徹底されると、
 すでに忘れるとか何とかいう問題ではありません。

もう源氏の胸には、
 あつい人類愛が芽生えてきちゃって、
 「わかったよ、これもきっと仏のお導き、色恋はヌキにして、俺が面倒見てやるよ」と達観します。
あかいはな、に寄せて、
 紅花<べにばな>の別名、「末摘花」<すえつむはな>という愛称で
 この姫は呼ばれることになるのでした…。
源氏くん、失敗の巻~~。
ちゃん、ちゃん。
スポンサーサイト

桐壺

時は平安、
 ところは京都、
 
桐壺帝(きりつぼてい)という人がいまして、
 桐壺更衣<きりつぼのこうい>という、
 正妻格ではないお妃を超溺愛します。

これにヤキモチを焼いた
 弘徽殿女御(こきでんのにょうご)という悪玉が
 桐壺更衣をイジメ抜きます。

まぁ、
 彼女はバックが強いし(父親が右大臣)、
 「更衣」より身分の高い「女御」だし、
 長男も産んでるもんで、強気だったんですねー。

そうするってーと、
 男はムラムラと弱い方の味方をしたくなるもんで、
 ますます溺愛 ⇒ イジメが激化、
 と悪循環をたどっているうちに、
 桐壺更衣は死んじまいます。

ま、イビリ殺されたってとこでしょうか。

こうなると、
 もう帝にとって桐壺更衣は永遠の女性
てなわけで、
 今度はその忘れ形見の光源氏を溺愛します。

光源氏は「光る君(ひかるきみ)」なんてアダ名をつけられて、
 小さい頃から宮中で皆にチヤホヤされて育ちます。

だからワガママなんだよ、オマエは。
パパ帝の奥さん達の部屋にも出入り自由です。
さて、
 パパ桐壺帝は桐壺更衣を失ったあと、
 しばらく落ち込んでたんですが、
 「先帝の内親王が亡き更衣に似ている」という噂を聞くやいなや、
 彼女を奥さん(女御)にもらいます。…ホントに落ち込んでたの?
これが藤壺女御<ふじつぼのにょうご>。
このパパは割とお盛ん
 という設定になってます。

今度は藤壺を溺愛する帝なのですが、
 悪玉弘徽殿も、
 さすがに内親王出じゃイジメるわけにもいきません。

もう自分の息子が東宮(とうぐう=皇太子)になってますし、
 今回はおとなしくしてます。

ちなみに、
 「桐壺」「弘徽殿」「藤壺」ってのは、
 みんな宮中の殿舎の名前。

桐壺更衣ってのは、
 名前でもなんでもなくて、
 単に「桐壺に住んでいる、更衣という身分の人」ってことです。

ただし
 桐壺帝は別に桐壺に住んでいたわけではない。
この人は、
 単に桐壺巻に由来して「桐壺帝」とアダ名されてます。

それでですね、
 勿論光源氏は、
 この藤壺にも出入り自由なのですが、
 そんなことをしているうちに、
 どうやら藤壺女御にホレちゃうんですね。
当時、藤壺は16歳、源氏は11歳。う~ん、無理もないか。

しかし、
 いつまでも子供の特権を振りかざしているわけにもいかず、
 源氏、12歳で元服(<げんぷく>=男子の成人式)をさせられます。

これ以降は、
 臣下として朝廷に仕えるサラリーマンになるわけです。
一人前のオトコな以上、
 もう藤壺の部屋に入り込むこともできず、
 当然会えなくなってしまいました。

お嫁さんももらいます。
勿論政略結婚。
左大臣の娘で、
 葵の上<あおいのうえ>といいます。
これがまた、年上なんですね。16歳。

で、
 このお姫さんは、
 本来ならば、東宮に入内(<じゅだい>=お嫁入り)して、
 お后にもなろうかという人だったから、
 超プライド高く育てられてて、全然源氏に打ち解けないんです。

寂しい源氏の女漁りは、こうして始まるのデ~ス。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: