スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかる語と受ける語は近づける

かかる語と受ける語は近づける[かかり・受け1]

読みやすくわかりやすい文を書くためのノウハウはいくつかありますが、
その中でも、この「かかる語と受ける語は近づける」は最も基本的なものです。

誤解を避ける
 
修飾語/被修飾語、主語/述語、目的語/述語などの関係を「かかる/受ける」と言います。
「かかる語」と「受ける語」の間に他の言葉が挟まると、しばしば文が誤解されてしまうので、注意が必要です。

例えば、次の文で、難しいのはパソコンでしょうか、本でしょうか。

難しいパソコンについての本

どちらとも取れるのは、
「難しい」が
  「パソコン」にかかるようにも
  「本」にかかかるようにも見えるからです。

1.「難しい パソコン についての  本」
  ---               ---
   ↓____________↑

2.「難しい  パソコン についての 本」
  ---   ---
   ↓____↑
 
もし1の「本が難しい」であれば、誤解のなくなるように、
 かかる語「難しい」と受ける語「本」を近づけてあげます。


「パソコン についての 難しい   本」
               ---  ---
                 ↓___↑

このように、言葉が両方にかかって見える場合は、
かかる語(この例では「難しい」)を受ける語の直前に持ってくるようにしてください(註)。



入れ子構造を解消して文を読みやすくする
 
また、かかる語と受ける語を近づけると、しばしば文がすっきりして読みやすくなります。

この文は、読むと少々つっかえる感じがします。

「私は、 学者が インドが世界経済に与える  影響について  論じた 本に 感銘を受けた」
 -- ---                                ---     ------
  ↓   ↓_______________________↑           ↑
  ↓__________________________________↑            
                 
「私は、ある学者がインドが世界経済に与える影響について論じた本に感銘を受けた」

 理由はこの文が複文で、しかもかかる語と受ける語の距離が離れすぎていることにあります。文の構造を見ると、「私は~感銘を受けた」の間に「ある学者が~論じた」の文が挟まり、さらにその間に「インドが~与える」の文が挟まる二重の入れ子構造になってしまっています。この入れ子構造のせいで、読む人の頭が惑い、文を読みにくく感じるわけです(文が読みにくいとき、原因は複文の入れ子構造にあることが多いです)。


 こういう文は、先ほどの、

ノウハウ:
かかる語と受ける語は近づける[かかり・受け1]
 に従って、入れ子構造を解消しましょう。方法は簡単です。かかる語(「私は」「ある学者が」)を後ろに移動して、受ける語(「感銘を受けた」「論じた」)に近づけます。

「私は、 学者が インドが世界経済に与える  影響について  論じた 本に 感銘を受けた」
 -- ---                                ---     ------
  ↓   ↓_______________________↑           ↑
  ↓__________________________________↑

「インドが世界経済に 与える  影響について  ある学者が  論じた  本に 私は、感銘を受けた」
 --          ---              ---    --       -- ------
  ↓________↑                ↓____↑         ↓____↑         

だいぶすっきりしたのではないでしょうか。

 かかる語と受ける語が離れていたら、近づけてあげる。そうすると、文の構造が明快になり、読みやすく/わかりやすくなります。

註 ただし、上記の2「パソコンが難しい」の場合、言葉を入れ替える方法では明確にできません。

 「難しいパソコン」についての本


 という方法もありますが、

  操作の難しいパソコンについての本
  パソコンの難しさについての本

 のように書き換えたほうがよいでしょう。
スポンサーサイト

Ⅴしっかり覚えよう! 文法

31.略字、俗字や当て字は使わない

×午后
○午後

×60才
○60歳

×卆業
○卒業

×斗争
○闘争

×年令
○年齢

Ⅴしっかり覚えよう! 文法

26.サ変動詞にできない名詞には
 「する」を付けて動詞扱いにしない


×ワープロするときは、~
○ワープロ打つときは、~

×漠然と仕事するのではなく
○漠然と仕事するのではなく

例外
観察する 経験する 逮捕する 発表する

サ変動詞とは
 サ行変格活用の動詞のことで
 「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・しろ(せよ)」
 と活用するものである

Ⅴしっかり覚えよう! 文法

21.「通り」「多い」は
 「とおり」「おおい」と表記する


ポイント
現代かなずかいでは、オ列の長音は
 原則としてオ列のかなに「う」を添える
・おとうさん(お父さん) おうむ(鸚鵡) おうぎ(扇)

旧かなづかいで「ほ」または「を」を使っていたものは
 「お」を使って表記する
・とおり(通り) おおい(多い) こおり(氷) ほお(頬)

Ⅴしっかり覚えよう! 文法

13.送りがなは、
 7つの法則(通則)に従って付ける


おくりがなは、
 どのように付けたらよいか

ポイント
送りがなの付け方は、
 1973年に内閣告示(1982年一部改正)された
 「送り仮名の付け方」の7つの通則に従う

7つの通則とは
単独の語
 ・活用のある語
  (1)活用の語尾を送るもの


  (2)活用の語尾以外の部分から送るもの


 ・活用のない語
  (3)送りがなを付けない名詞
  (4)送りがなを付ける名詞
     活用のある語から転じた名詞
  (5)副詞・連体詞・接続詞
 ・複合の語
  (6)単独の語の送りがなの付け方による語
  (7)慣用によって送りがなを付けない語

通則とは、単独の語と複合の語の別
  活用のある語と活用のない語などに応じて考えた
  送りがな付け方に関する基本的な法則のことである

各通則は、本則のほか
 例外、許容、注意の4つの部分から成り立っている

14.活用のある語は、活用語尾を送る 通則1
憤る(いきどう) 読む 生きる 助ける 潔い(いさぎよ)

ポイント
活用のある語は、活用語尾を送る
 語幹が「し」て゜終わる形容詞は、「し」から送る
 ・親しい 美しい 珍しい

活用語尾の前に「か」「やか」「らか」を含む形容詞は、
 その音節から送る
 ・暖かだ(あたたかだ) 
 ・穏やかだ(おだやかだ) 緩やかだ(ゆるやかだ)
 ・明らかだ 柔らかだ 
 
次の語は、以下のように送る
 ・教わる 異なる 和らぐ
 ・明るい 大きい
 ・平らだ 哀れだ(あわれだ)

許容
次の語は、( )の中のように示すように
 活用語尾の前の音節から送ることができる
 ・表す(表わす) 表れる(現われる)
  著す(著わす)あらわす
  行う(行なう) 断る(断わる)
  賜る(賜わる)たまわる
  
15.活用語尾以外の部分に他の語を含む語は
 含まれている語の送りがなの付け方によって送る 通則2

活用の語尾以外の部分に、他の語を含む語の場合はどうするのか
①動詞の活用形、またはそれに準ずるものを含むもの
 騒がす 騒ぐ 輝かして 輝く 頼もしい 頼む
 
②形容詞・形容動詞の語幹を含むもの
 悲しむ 悲しい 柔らかい 柔らかだ

③名詞を含むもの
 女らしい(女) 汗ばむ(汗)

ポイント
活用語尾以外の部分に他の語を含む語は
 含まれない語の送りがなの付け方によって送る

許容
読み間違えるおそれのない場合は
 活用語尾以外の部分について
 次の( )の中に示すように
 送りがなを省くことができる


 浮かぶ(浮ぶ) 生まれる(生れる)
 聞こえる(聞える) 終わる(終る)
 積もる(積る)

16.名詞には、原則として送りなを付けない 通則3
名詞と送りがなの関係は


 山 川 空 海 何 彼

ポイント
名詞には、原則として送りがなを付けない

ポイント
例外
・次の語は、最後の音節を送る
 辺り 独り 情け 誉れ 哀れ(あわれ)

・数を数える「つ」を含む名詞 
 その「つ」を送る
 1つ 2つ 幾つ

17.活用のある語から転じた名詞には
 元の語の送りがなの
 付け方によって送る 通則4

ポイント
活用のある語から転じた名詞には
 元の語の送りがなの付け方よって送る 通則5
・活用の語から転じたもの
 動き 調べ 晴れ 当たり 憩い 香り 
・「き」「み」「げ」などの接尾語が付いて名詞になったもの
 寒さ 確かさ 憎しみ 惜しい

例外
 次のような語には、送りがなをつけない
 謡 趣 煙 話 組

許容
読み間違えるおそれのない場合は
 活用語尾以外の部分について
 次の( )の中に示すように
 送りがなを省くことができる
 曇り(曇) 届け(届) 当たり(当り)
 答え(答) 祭り(祭) 群れ(群)

18.副詞・連体詞・接続詞は、
 最後の音節を送る 通則5

必ず 既に 再び 全く 最も 去る
明るく 大いに 直ちに 若しくは


19.複合の語の送りがなは
 その複合の語を書き表す漢字の
 単独の語の送りがなの付け方による 通則6

・活用のある語
 流れ出る 申し込む 組み合わせる 心細い 待ち遠しい

・活用のない語
 生き物 入り江 売り上げ 乗り降り 教え子

ポイント

許容
読み間違えるおそれのない場合は
 活用語尾以外の部分について
 次の( )の中に示すように
 送りがなを省くことができる
申し込む(申込む) 組み合わせる(組み合せる)
待ち遠しい(待遠しい) 入れ江(入江)
売り上げ(売上げ・売上)

20.複合の語のうち、
 慣用的に送りがなを付けるものがある 通則7

ポイント
・地位・身分・役職などの名
 関取 頭取 取締役 事務取扱

・工芸品の名に用いられた「織」「染」「塗」「彫」
 博多織 型絵染 輪島塗 鎌倉彫

・その他
 消印 小包 切符 請負
 割引 組合 手当 売上
 小包 見積 待合
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: