スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後漢000-184年-張角(ちょうかく)

張角(ちょうかく)

黄巾の乱の火付け役

鉅鹿郡出身。
大賢良師と称して道教の一派・太平道を指導。

自分を慕う者達を組織化し
184年に朝廷に対し
 「蒼天已死 
  黄天當立 
  歳在甲子 
  天下大吉」

 のスローガンのもと一斉蜂起。

自ら天公将軍、
 張宝・張梁の弟2人を
 地公将軍・人公将軍と称し、
 黄巾を身に着けた信者たちと共に戦うが、
 途中広宗にて病死してしまう。

演義では
 南華老仙より3巻の「太平要術書」を授かる。


【黄巾の乱 年表】
184年2月  張角が黄巾賊を率いて決起。自ら天公将軍と名乗る
184年3月  朝廷より盧植・皇甫嵩・朱儁が黄巾討伐を命じられる
184年5月  黄巾の頭目波才が皇甫嵩・朱儁の連合軍の火攻めに合い破れる。
184年6月  張角、広宗で盧植軍と対峙、その後盧植と代わった董卓軍を退ける。
184年秋~冬 10月、張梁が斬られ、11月張宝も破れる。
        この間に張角も病死
184年冬   張宝が破れて以降、
        黄巾の乱は終息へ向かう。

※子曰わく、
 知者は惑わず、
 仁者は憂えず、
 勇者は懼(おそ)れず。

※孔子がおっしゃいました、
 知者は(正しい知識を備えているので)判断に迷う事はない。
 仁者は(正しい行いを心がけているので)悩む事はない。
 勇者は(正しい時にのみ力を用いるので)恐れる事はない。


スポンサーサイト

後漢000-202年-袁紹(えんしょう)

袁紹(えんしょう)

三国時代のセレブ

袁紹は
 四代続いて三公を出した
 名門の御曹子で、
 霊帝の時代に洛陽の朝廷に仕えていた。

しかし、
 西涼の董卓が
 武力で洛陽を制圧したため
 董卓と対立した袁紹は
 冀州に逃れたのである。

連合軍は
 しょせん鳥合の衆だったため、
 仲間割れをはじめ、
 それぞれの領地に帰ったが、

袁紹は
 兵が多かったので、
 食に困り、
 そのまま兵に物を言わせ、
 州をのっとったのである。

そして、
 袁紹の優柔不断さから、
 曹操軍に散々打ちのめされ、
 昏倒して、冀州に帰ったが、
 病がつのって死んだのである。


【袁紹年表】
189年 蹇碩襲撃
     精兵五千を引き連れ、
     何進を暗殺しようとした十常侍蹇碩を殺害。
190年 汜水関の戦い
     反董卓連合の盟主として虎牢関を中心に戦果を上げ、
     董卓軍を討ち崩した。
190年 易京楼の攻防
     公孫?の立て籠る易京楼を火攻めにして大勝
199年 官渡前哨戦
     ?陽で曹操軍と対峙するも、
     曹操が一時許に引き揚げたため休戦状態となる。
200年 官渡の戦い
     関羽に顔良・文醜を斬られるなど連戦連敗。
     石弓隊の活躍で再び優勢に立つも
     配下の武将たちが次々と曹操に投降。
     形勢逆転したところを一気に攻められ敗走した。
201年 倉亭の戦い
     官渡で敗れた恨みをはらそうと、
     息子たちと曹操に決戦を挑むも敗退。
     ほとんどの兵を失い、
     命からがら冀州に落ち延びた。

呉182-252年-孫権(そんけん)

孫権(そんけん)

碧 眼 児

孫堅の次男。
兄孫策は、
 江東・江南を制した英雄であったが
 26才の若さで暗殺される。

その跡を継ぎ
 19歳の若さで孫家の盟主となる。
 
208年、
 曹操軍の侵攻があり
  戦うべきが降伏するかどうかで
  国論は二つに分かれたが

 蜀の諸葛孔明との会見により戦うことを決意。

兄の盟友
 周瑜を任用して曹操を打ち破っている。
 (赤壁の戦い) 
 これにより三国鼎立の一角へ躍進する。
 
彼は
 能力のある人間を登用して
 権限を与え
 うまく働かせる腕前は
 屈指の君主であった。


兄孫策のような華々しさこそないが、
 着実に領土を広げ
 三国時代で2番目に強大な勢力となる呉を築き上げ、
 治世を50年間も続けた。

ただ、
 晩年後継者をきちんと決めず逝去したため、
 それが元で
  後継者争いがおき国は廃退した。 


【孫権軍 呉 主な戦い】
203年 長江の戦い 負け VS黄祖 
208年 黄祖討伐戦 勝つ VS黄祖 
赤壁の戦い 勝つ VS曹操 
209年 合肥の戦い 負け VS曹操 
212年 濡須口の戦い 引分 VS曹操 
215年 合肥の戦い2 引分 VS曹操 
222年 夷陵の戦い 勝つ VS劉備 
234年 合肥の戦い3 負け VS曹叡 

呉175-200年-孫策(そんさく)

孫策(そんさく)

小 覇 王

揚州呉郡出身。
後漢の名将孫堅の長男。

武器:槍
 
一時、
 袁術の元に身を寄せるが、
 父より受け継ぐ玉璽を利用し
 袁術より兵をかり
 
父譲りの天才的な戦術で
 長江流域の江東・江南という地域を
 わずか2年で制圧し独立を果たし、
 父の死後5年で呉の礎を築いた。

これにより
 覇王・項羽にならって人々は
 彼を小覇王と呼びたたえた。
妻は大喬。
 
明るく爽やかな性格で冗談を好み、
 人の言葉をよく聞き入れた。

それゆえ
 優秀な人材を多く抱えた。

その中でも
 幼なじみの周瑜と江東の二張(張昭・張紘)は有名。

揚州南部をほぼ手中に収めた彼は
 曹操の背後を襲うが、
 気の強さがあだとなって
 処刑した太守許貢の元部下に
 矢で打たれ若くして暗殺される。

享年26歳

【孫策の主な一騎打ち】
192年 樊城の戦い 勝つ VS陳生 
197年 江東の戦い 引分 VS太史慈 
          勝つ VS于麋  
          勝つ VS 樊能  
    呉の戦い  勝つ VS厳輿  

【孫策軍 主な戦い】
195年  牛渚の合戦 勝つ VS劉ヨウ 
     呉郡の戦い 勝つ VS厳白虎 
197年  廬江攻略戦 勝つ VS劉勲 

呉156-192年-孫堅(そんけん)

孫堅(そんけん)

江東の虎

揚州の呉郡出身。

孫策・孫権の父。

武器:古テイ刀/シュク画の弓
 
海賊を討伐して以来、
 黄巾の乱など数々の反乱鎮圧で武勲を挙げ、
 当時代きっての名将であった。

先頭に立って戦い猪突猛進タイプであった。
 
彼は董卓討伐の乱に応じ、
 南陽太守の張咨、
 荊州刺史王叡を殺害して南陽を掌握する。

また、
 この戦いで先鋒を務めて敵地洛陽へ一番乗りを果たす。

そして董卓討伐の旗手である袁術を担ぎ出して、
 これを私欲とみられぬよう画策するしたたかな面もあった。

皇帝の印である
 玉璽を見つけ持ち帰るが、
 その事で劉表と争いが起こり、
 劉豹の参謀カイ越の策 にハマり
  おびき出されて戦死する。
享年37歳。

生きていれば
 早くして曹操と戦う大きな勢力となっていたであろう。

【孫堅軍 主な戦い】
174年 会稽の戦い 勝つ VS許昌 
184年 黄巾の乱      勝つ VS黄巾党 
187年  区星の乱      勝つ VS区星 
190年 シ水関の戦い 負け VS董卓 
192年 襄陽城の戦い 負け VS劉表 


彼の死については二説あります!!
  襄陽城の戦いの際に
  ・黄祖の兵に射殺されたとする説
  ・呂公の兵の落石で殺されたとする説
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: