スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従業員をやる気にさせる7つのカギ

会社を経営していくうえで重要なことは、
 いかに従業員をやる気にさせるかです。

経営者が一人でいくら頑張っても、
 できることは知れています。
会社を発展させていこうと思えば、
 自分と同じ気持ちになって、
 一緒に仕事をしてくれる従業員が必要になります。

(『稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ』より抜粋)


1.従業員をパートナーとして迎え入れる
 自分と一心同体になって仕事をしてくれる「パートナー」-ともに
 経営の責任を負う共同経営者として従業員を迎え入れることが必要です。

2.従業員に心底惚れてもらう
 経営者は、社長であるあなたに惚れ込み、
 どこまでもついてきてくれる従業員をつくり、
 彼らを幸せにしていかなければならないのです。

3.仕事の意義を説く
 従業員は、
 自分のやっている仕事に意義を見出せば、
 気持ちが高ぶり、持てる力を最大限に発揮してくれるはずです。

4.ビジョンを高く掲げる
 すばらしいビジョンを共有し、
 こうありたいと従業員が強く思えば、
 夢の実現に向かって、
 どんな障害をも乗り越えようという強大なパワーが生まれてくるのです。

5.ミッションを確立する
 従業員のモチベーションを揺るぎないものにする。
 それが、「ミッション」です。
 会社の使命や目的を明らかにして、
  それを従業員と共有します。

6.フィロソフィを語り続ける
 高邁な企業の目的を追求していくためには、
 「私はこういう考え方で経営をしていくつもりだ」ということを皆に話して、
 それを共有していかなければなりません。

7.自らの心を高める
 経営者は、しっかりとした哲学を学び、
 自分の器を大きくするように努めるべきです。
スポンサーサイト

稲盛和夫 名言 

経営者にとって、
 税金を払うことは身を切られる思いがします。
自分のお金をもぎ取られるように思えてしまうのです。
もちろん、
 これは錯覚です。

会社の利益は、
 決して経営者のものでありませんから、
 私心が入ったことによる見当違いの感慨でしかありません。

私は、
 このような錯覚に陥らないよう、
 経営はゲームだと考えるようにしています。

つまり、
 利益をお金と考えず、得点と思うのです。
そうすれば、
 第三者的に淡々と利益を見ることができるようになり、
 判断を誤ることはありません。
やはり、
 私心を離れること、
 それが経営のコツと言えるでしょう。

稲盛和夫
------------------------------------

人を動かす原動力は、
 ただ一つ公平無私ということです 
無私というのは、
 自分の利益を図る心がないということです 
あるいは、
 自分の好みや情実で判断をしないということです


稲盛和夫

------------------------------------

ただ才識だけで事業を行っていくのではありません 
才は使わなければなりませんが、
 その才を動かしていく
 人間性、哲学、思想というものが必要であり
その人間性を立派なものにつくりあげていかなければなりません 
人間性あっての才能だということを忘れずに
 経営に取り組んでいってください

稲盛和夫

------------------------------------

正しいと固く信じることができるならば、
 どんな非難があろうとも
どんな険しい道のりであっても、
 めざす頂に向って、
真直ぐに昇っていこうと私は心に決め
その後の自分にも他人にも厳しい姿勢で臨み続けました
それは決して間違っていなかったと思います

稲盛和夫

------------------------------------

したがって、
 どのように優れた能力も、
 それが生み出した成果も、
私に属しながら私のものではありません
才能や手柄を私有、独占することなく、
 それを人様や社会のために使う
つまり、
 おのれの才を「公」に向けて使うことを第一義とし、
「私」のために使うのは第二義とする
私は、
 謙虚という美徳の本質はそこにあると思います

稲盛和夫


------------------------------------

他人から「してもらう」立場でいる人間は、
 足りないことばかりが目につき、
 不平不満ばかりを口にする

しかし、
 社会人になったら、「してあげる」側に立って、
 周囲に貢献していかなくてはならない 


そのためには
 人生観、世界観を180度ひっくり返さなければならない

稲盛和夫
------------------------------------

よい経営を続けてゆくためには、

心の底流に
 「世のため、人のため」という
 思いやりの気持ちがなくてはならない

稲盛和夫
------------------------------------

ウソを言わない、
 人を騙さない 
  人を妬んだり恨んだりしない 
    愚痴を言わない 
常に勇気を持って仕事にあたる 
 優しい思いやりの心を常に持つ
謙虚にしておごらず、
 誰にも負けない努力をしていく 
  正義を重んじて仕事をする 
足るを知り、
 決して欲張らない 
  勢いにまかせて怒ることを抑える 
このような原始的であり、
 幼稚とも思えるような倫理観こそが、
  
経営者として、トップとして持たねばならない
   哲学、思想なのだと思います

「誠実であれ、正直であれ、謙虚であれ」というようなことは、
 口では容易にいえます 
しかし
 日常生活の中で、
 それが常に行動として表れていなければ何もならない

その実践こそがたいへん難しいことなのです

稲盛和夫

------------------------------------

厳しい山を登っていくためには、
 準備、トレーニング、
すなわち
 それに相応しい「考え方」を
  自分でつくっていかなければならない


立派な会社をつくろうと思えば、
 面白おかしいという、
  楽でいい加減な考え方では駄目なのです
ズックを履き、
 握り飯をもって近所の裏山に遊びに行くような
  簡単な会社経営をしたいのなら、
   楽な考え方でもいいだろう
しかし
 立派な会社にしようと思うのなら、
 立派な考え方をしなければならないはずだ

稲盛和夫

------------------------------------

宇宙の意志、
 サムシング・グレート、
  創造主の見えざる手 
呼び方は
 なんでもいいのですが、
  そうした科学のものさしでは測れない不可知な力と
知の存在を信じ、
 日々を生きていったほうがいいと私は考えています
それが人生の成否を決するばかりでなく、
人間から傲慢の悪を消し、
 謙虚という徳と善をもたらすからです

稲盛和夫

------------------------------------

生まれたときよりも少しでも善き心、
 美しい心になって死んでいくこと
生と死のはざまで善き思い、
 善き行いに努め、怠らず人格の陶冶に励み、
そのことによって
 生の起点よりも終点における魂の品格をわずかなりとも高めること
それ以外に、
 自然や宇宙が私たちに生を授けた目的はない

稲盛和夫

------------------------------------

死によって私たちの肉体は滅びますが、
 心魂は死なずに永世を保つ 
私はそのことを信じていますから、
 現世での死とはあくまでも、
  魂の新しい旅の始まりを意味します

稲盛和夫

------------------------------------

神や仏は、
 あるいは宇宙の意思は、
  何ごとかをなした人を愛するのではありません 
何事かをなそうと努める人を愛するのです
なそうとしてなせない、
 おのれの力のなさを反省し、
  また明日から、なそうと倦まず弛まず努める
そういう人こそを救ってくださるのです
守ろう、なそうとするだけで心は磨かれるのか 「イエス」です 
それで私たちは救われるのか これも「イエス」です
つまり心を高めようとする思いや、その行為の過程こそが尊く、
それによって心は磨かれているのです

稲盛和夫

------------------------------------

「世のため人のために尽くす」という考え方、
 欲望のままに必要以上のものを求めたり
むさぼったりしない「足るを知る」という生き方を心に刻みつけるのです
そのような理性と良心をもって感性や本能を制御しつつ人生を歩み、
「善き経験」を多く積んでいくことが、つまりは心を磨くことにつながり、
おのずから悟りに近づくことになる
そうやって高められた魂は、
 現世だけでなく来世にも継承されてゆくのです

稲盛和夫

------------------------------------

やはり、
 真のチャンスというものは単なる偶然の僥倖、
  つまり棚ぼたではないのです 
真のチャンスとは
 西郷が言うように、理、つまりどうりを尽くして行い
  時の勢いをよく見極めて動く場合にのみ当てはまることなのです
「かねてから国や世の中のことを憂う真心が厚くなくてはならない 
ただときの弾みに乗じて成功した事業は、決して長続きしない」
今から百三十年前に西郷は、こういうことを言っていたわけです

稲盛和夫

------------------------------------

すべての人が天から役割を与えられ、それぞれにその役割を演じているわけで、
その意味ではどの人にも同じだけの存在の重みがあるといえるのです
一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、善き思い、正しい行いに努めること、
素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、
人格を高めるづけること
すなわち、そのような当たり前のことを一生懸命行っていくことに、
まさに生きる意義があるし、それ以外に、人間としての「生き方」はないように思います


稲盛和夫

------------------------------------

利を求める心は事業や人間活動の原動力となるものです 
ですから、誰しも儲けたいという「欲」はあってもいい 
しかし、その欲を利己の範囲にのみとどまらせてはいけません 
人にもよかれという「大欲」をもって公益を図ること
その利他の精神がめぐりめぐって自分にも利をもたらし、
またその利を大きく広げもするのです

稲盛和夫

------------------------------------

ただし気をつけなくてはならないのは、利己と利他はいつも裏腹の関係にあることです
つまり小さな単位における利他も、より大きな単位から見ると利己に転じてしまう 

稲盛和夫

------------------------------------

「利を求るに道あり」と先に述べましたが、「財を散ずるに道あり」だとも思います 
お金は儲けるより使うほうがむずかしいといいます

稲盛和夫
------------------------------------

物事というのは、善意で考えるのと悪意で考えるのとでは、
おのずからたどり着くところがちがってくるものです
たとえば人と議論するにしても、何とかやり込めてやろう、
悪いのは相手の方だから、その非を認めさせてやろうと思っているのと
相手も困っているだろうから、いい解決策をいっしょに考えようと思ってやるのとでは、
同じ問題を扱っても結論は異なってきます
相手に対する「思いやり」のあるなしがその差を生むのです

稲盛和夫

------------------------------------

生まれたときよりは死ぬときのほうが少しは進歩した、少しは心が磨かれたという状態
それは、身勝手で感情的な自我が抑えられ、心に安らぎを覚え、
やさしい思いやりの心がしだいに芽生え
わずかなりとも利他の心が生まれるというような状態です


稲盛和夫

------------------------------------

福がもたらされたときにだけではなく、災いに遭遇したときもまた、ありがとうと感謝する 
そもそもいま自分が生きている、生かされている そのことに対して感謝の心を抱くこと 
その実践が私たちの心を高め、運命を明るく開いていく第一歩となるのだと、
私は心にいい聞かせてきました

したがって、必要なのは「何があっても感謝の念をもつ」のだと理性にインプットしてしまうことです
物質的にはどんな条件下にあろうとも、感謝の心をもてれば、
その人は満足感を味わうことができるのです

稲盛和夫

------------------------------------

たしかに人間というものは、
 この三毒(欲望、愚痴、怒り)にとらわれて
日々を送っているような生き物です
 
 
人よりもいい生活をしたい、
 早く出世したい 
こういう物欲や名誉欲はだれの心にもひそんでおり、
 それがかなわないと
なぜ思ったとおりにならないのかと怒り、返す刀で、
 それを手に入れた人に嫉妬を抱く 

たいていの人は
 こういう欲に四六時中とらわれ、
 振り回されています 
したがって
 大事なのは、
 できるだけ「欲を離れる」ことです

三毒を完全に消すことはできなくても、
 それを自らコントロールして抑制するように努めること 
この方法に近道はありません

稲盛和夫

------------------------------------

欲、すなわち私心を抑えることは、利他の心に近づくことです 
この自分よりも他者の利を優先する心は、
人間のもつすべての徳のうちで特上、
 最善のものであると私は思っています

稲盛和夫

------------------------------------

社長は
 二つの剣を持っている 

 正義の剣と
 邪悪の剣の二つ
 

このうち「正剣」を抜いたときは、
 たしかにことごとく成功しているが

「邪剣」を抜いたときには、
 これまたことごとくうまくいっていない 

それはつまり、
 社長に神がついている証拠で、
 
 正剣を抜いたときは
  神が加勢してくれるが

 邪剣を抜いたときには
  神はそっぽを向いているからだというのです 

邪剣とは「濁った願望」のこと

ですから、
 まず私心を含まず、きれいな心で思う 
 そのような思いをもって「正剣」を抜くことが、
物事を成就させ、人生を豊かなものにしてくれるのです

稲盛和夫

------------------------------------

物事を成就させ、
 人生を充実させてゆくために

必要不可欠なことは
 「勤勉」です 

すなわち懸命に働くこと 
 まじめに一生懸命仕事に打ち込むこと

もちろん仕事における喜びというのは、
 飴玉のように口に入れたらすぐ甘いといった単純なものではありません

労働は
 苦い根と
 甘い果実をもっている


 という格言のとおり、

それは苦しさやつらさの中からにじみだしてくるもの

仕事の楽しさとは
 苦しさを超えたところにひそんでいるものなのです


だからこそ、
 働くことで得られる喜びは格別であり、
 遊びや趣味では決して代替できません


まじめに一生懸命仕事に打ち込み、
 つらさや苦しさを超えて
 何かを成し遂げたときの達成感 
 それに代わる喜びはこの世にないのです



稲盛和夫

稲盛和夫の名言

31★上手く行く判断基準

私はすべての判断の基準を
 「人間として何が正しいか」
 ということに置いている。


経営における判断は、
 世間でいう筋の通ったもの、
 
つまり
 「原理原則」
 基づいたものでなければならない。


我々が一般に持っている倫理観、
 モラルに反するようなものでは、
 うまくいくはずがない。

32★ものごとの道理を大切にする

常に
 原理原則に基づいて判断し、
 行動しなければならない。

原理原則に
 基づくということは、

人間社会の
 道徳、倫理といわれるものを基準として
 人間として正しいものを
  正しいままに貫いていこう ということだ。


人間としての
 道理に基づいた判断であれば、
 時間や空間を超えて、
 どのような状況においても
  受け入れられる。


33★新規事業で最も重要なことは

新しい事業を始める際に、
 もっとも重要なこと、
 
それは自らに
 「動機善なりや、私心なかりしか」と問うことだ。

動機が善であり、
 実行過程が善であれば、
 結果を心配する必要はない。


ものごとに筋が通っているか、
 すなわち道理に適っているかどうかを判断するためには、
 単に論理的に矛盾がないかということだけでなく、
 それが人としてとるべき道に照らし合わせて、
 不都合がないかという確認が必要だ。

34★創造的なアイデアは外にはない。自分の中にある

人はインスピレーションを
 外に求める。

しかし
 私は、内に求める。
自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、
 改良を加えていくと、
 想像もつかないような大きな革新を図ることができる。

創造というのは、
 意識を集中し、
 潜在意識を働かせて
 深く考え続けるという
 苦しみの中から
 ようやく生まれ出るものだ


決して単なる思いつきや生半可な考えから得られるものではない。

35★常に自分のコンパスを持つ

創造的な領域では、
 基準とするものがない


真っ暗闇で嵐が吹きすさぶ海原を、
 羅針盤も持たず航海していくようなものだ。
そのような
創造の領域では
 自分自身の中に羅針盤を求めて
 方向を定め
 進んでいかなければならない


36★会社の従業員の心をひとつにまとめるには

異なった環境で育った人々の心を結びつけるには、
 世界中の人々から信頼や尊敬、
 共鳴や感動を得られる
 
普遍的な
 経営理念がなければならない。


そのような経営理念を
 世界各地の従業員が共有してこそ、
 文化の壁を越え、
 一体となって事業を推進できるのではなかろうか。

37★M&Aで気をつけなければいけないこと

買収や合併とは、
 全く違う文化の違う企業が一緒になることであり、
 企業間の結婚のようなものである。
したがって、
 最大限相手のことを思いやる必要がある。

38★商いの極意とは

商いの極意は、
 お客様から
 信用されることだと言われている。


もちろん、
 信用は商売の基本だが、
 さらに信用の上に
 「徳」が求められ、
 
お客様から
 尊敬されるという次元がある。


尊敬まで達する、
 お客様との絶対的な関係を築くこと、
 それこそが真の商いではないだろうか。

39★会社を大きくする大前提

会社が大きくなってから
 (会計や社内)システムを作るのではなく、
 
小さいころから
 しっかりしたシステムを作ったから

 
京セラは大きくなれたし、
 大きくなっても大きな問題が起きなかった(稲盛和夫、京セラ)

40★いい商売とは

いい商売、
 悪い商売があるのではなく、

それを
 成功に導けるかどうかが重要。


屋台を
 大きなフランチャイズチェーンに発展させる人もいるし、
 
十何年屋台を引いても
 財産を残せない人もいる。(稲盛和夫、京セラ)

41★商売で儲けを最大化するには?

早く言えば売上から費用を引いたものが利益だから、
 売上を最大にして経費を最小にすればいい。
そうすれば
 いろいろな種類の利益も
 すべて問題なく増える(稲盛和夫、京セラ)

稲盛和夫の名言

21★成功の一番の障害

高く自らを導いていこうとするならば、
 あえて障壁に立ち向かっていかなければならない。


その際、
 
一番の障壁は、
 安逸を求める自分自身の心だ。


そのような自分自身に打ち勝つことにより、
 障壁を克服し、
 卓越した成果をあげることができる。

※しょう‐へき【障壁】
 へだてや仕切りのための壁。
 妨げるもの。じゃま。


22★高い成功へとあなたを導くもの

人生には、
 近道や魔法の絨毯は存在しない。


自分の足で一歩ずつ歩いていかなければならない。
その一歩一歩がいつか信じられない高みにまで、
 私たちを運んでくれる。
これが、
 夢の実現に至る、唯一確実な方法なのだ。

※じゅう‐たん【絨毯/絨緞】
 床の敷物などに使う厚い毛織物の総称。


23★あなたの人生のドラマを作る

人生とは、
 自分自身が脚本を書き、
 主役を演じるドラマだ。
どのようなドラマを描くかは自分次第であり、
 
心や考え方を高めることによって、
 運命を変えることができる。

一日一日を懸命に生きれば、
 未来が開かれていく。


将来を見通すということは、
 今日を努力して生きることの延長線上にしかない。


24★成功者と敗北者を分けるものとは

成功する人と、
 そうでない人の差は紙一重だ。
成功しない人に熱意がないわけではない。
違いは、
 粘り強さと忍耐力だ。

失敗する人は、 
 壁に行き当たったときに、
 体裁のいい口実を見つけて
 努力をやめてしまう。



25★経営者が倒れても社員がチャレンジし続ける企業風土を作る

経営者は常にチャレンジし続けなければならない。
さらには、
 先頭を走る経営者が倒れても、
 その精神を継承した社員が
 経営者の屍を乗り越えてチャレンジを続けていく、
 そのような企業風土をつくらなければならない。

※かばね【屍/尸】
 死体。また、死体の骨。しかばね。なきがら。


26★完璧主義はつらいが、慣れれば楽になる

私は、
 仕事に関して完全主義だ。
このような完全主義を自分に課し、
 毎日を生きることは大変つらいことだ。
しかし、
 習い性となれば、
 苦もなくできるようになる。
経営者は、
 完全性を追求することを、
 日々の習慣としなければならない。

27★成功する経営者の人間像

経営者は、
 バランスの取れた人間性を持たなければならない。
ただし、
 それは、
 中庸という意味ではない。
ひとつの人格の中に、
 相反する両極端をあわせ持ち、 
 局面によって正常に使い分けれられる者こそが、
 バランスのとれた経営者なのだ。

※ちゅう‐よう【中庸】
[名・形動]かたよることなく、常に変わらないこと。
 過不足がなく調和がとれていること。


28★協調性ある集団を築くリーダーの心得

リーダーは、
 常に謙虚でなければならない。
謙虚なリーダーだけが、
 協調性のある集団を築き、
 その集団を
 調和のとれた永続する成功に導くことができる。


29★一発屋で終わる経営者、長く続く経営者

多くの事業家は、
 自らの才覚と能力に頼る。
しかし、
それでは一時的に成功したとしても、
 自分自身の才覚におぼれ、
 事業が長続きしない。

事業を成功させ続けるためには、
 心を高め
 徳のある人格を築き上げて
 いかなくてはならない。



30★判断基準を明確にする

人間として
 普遍的に正しい判断基準とは、
 
簡単に言えば
 公平、すべてのものを同じように扱うこと。判断や処理などが、かたよっていないこと。
 公正、公平でかたよっていないこと。明白で正しいこと。
 正義、人の道にかなっていて正しいこと。
 努力、力をこめて事をすること。
    あることを成し遂げるために、休んだり怠けたりすることなく、つとめ励むこと。
 勇気、勇ましい意気。物事を恐れない強い気力。
 博愛、ひろく愛すること。すべての人を等しく愛すること。
 誠実、私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。

 というような
  言葉で表現できるものである。

自分の心の中に、
 こうした人間として普遍的に正しい判断基準を確立し、
 それに従い行動することが成功への王道である。

稲盛和夫の名言

11★内部留保を厚くすること

土俵の真ん中で相撲をとるべきだ。
余裕が充分あるうちから危機感を持ち、
 必要な行動を起こさなければならない。
これが安定した事業を行う秘訣だ。

楽観的に構想を練り、
 悲観的に計画し、
 楽観的に実行する。


利益を追うのではない、
 利益は後からついてくる。


12★値決めは経営そのもの

値決めは経営である。
経営者が積極的であれば、
 積極的な価格になるし、
慎重であれば、
 保守的な価格になる。
値決めの目標は、
 お客様が喜んで買って下さる
 最高の価格を見出すことだ。
値決め、
 それは経営者の能力と、
 経営哲学の反映だ。


13★成功の源とは

情熱は、
 成功の源となるものだ。

成功させようとする意思や熱意、
 そして情熱が強ければ強いほど、
 成功への確率は高い。


強い思い、情熱とは、
 寝ても覚めても、
 二十四時間、そのことを考えている状態だ。

14★他者から信頼されるには

信頼関係は
 自分自身の心の反映だ。
たとえ、
 自分が損をしたとしても、
 人を信じていく。
その中でしか、
 信頼関係は生まれない。
信頼とは、
 外に求めるのではなく、
 自らの心の内にもとめるべきものなのだ。

人生というのは
 魂の修行の場ではないかと考えている。
苦難は魂を純化、
 深化させるために与えられている試練であり、
成功も
 その人間が
 どこまで謙虚でいられるかを試すものでしかない。

15★人生を決める3つの単純な原理

「素直な心」
「熱意」
「努力」


 といった言葉は、
 あまりにプリミティブ(素朴・原始的)なために、
 誰も気に留めない。

しかし、
 そういう単純な原理こそが
 人生を決めていくポイントなのだ。

16★過去を省みる習慣をつける

忙しい毎日を送っている
 私たちは、
 
つい自分を見失いがちである。

そうならないためにも、
意識して
 反省をする習慣を
 つけなければならない。


反省ある人生を送ることにより
 自分の欠点を直すことができ、
 人格を高めることができる。

17★チャンスを察知するために必要なもの

素晴らしいチャンスは、
 ごく平凡な情景の中に隠れている。
しかし、
 それは強烈な目標意識を持った人の目にしか映らないものだ。

成功に至る近道などあり得ない。

情熱を持ち続け、
 生真面目に地道な努力を続ける。


このいかにも
 愚直な方法が、
 実は成功をもたらす王道なのである。

18★今すぐ幸せを感じるには

「これだけでも十分ではないか」という、
 足るを知る心によって初めて、
 人間は幸せを感ずることができる。
そうすれば、
 今自分が生きていること、
 そのことに対しても心から感謝をすることができる。

19★逆境を克服する

長い人生の旅路では、
 失望や、困難、試練の時がなんどもある。
しかし、
 それは、
 自分の夢の実現をめざし、
 すべての力を奮い起こして誠実に努力をする、
 またとない機会でもある。

天は
 誠実な努力とひたむきな決意を、
 決して無視はしない。


20★「広く浅い知識」は「何も知らない」と同じ

ひとつのことに打ち込み、
 それを究めることによって、
 人生の真理を見出し、
 森羅万象を理解することができる。

ひとつの仕事や分野を
 深く追求することにより、
 すべてを知ることができる。

広くて浅い知識は、
 何も知らないことと同じだ。
 
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: