5W1Hを意識して書こう!

小説を書く際に
 気を付けなくてはならないのは、
登場人物の置かれた状況を
 いかに読者に伝えるかです。


不文章を書く事のしくみは
 ×言いたいことを述べるために書く
 ○足の不足を埋め込むために書く
 
子どもの国語力は
 「暗読み」でぐんぐん伸びる
 鈴木信一より

 
説明不足だと、
 なにがどうなっているのかわからないし、
説明が多いと、
 うざったく感じられます。
 
登場人物の置かれた状況を
 うまく読者に伝えるのは難しいのですが、
 1つだけコツがあります。

それは5W1Hを
 念頭に置いて書くということです。


5W1Hとは、
 英語のWhy、What、Who、Where、Whenの
 それぞれの頭文字をとった
 5Wに、Howの1Hを加えたものです。
 
簡単に言うと、
 「誰が」
 「いつ」
 「どこで」
 「なにを」
 「なぜ」
 「どうやって」


 行ったか?を
 明確に相手に伝えましょうね。
 ということです。
 
この5W1Hが不明瞭の場合、
 意味不明でわかりにくい文章になってしまいます。

そのため、
 冒頭や場面転換後のシーンでは、
 「誰が」
 「いつ」
 「どこで」
 「なにを」
 「なぜ」
 「どうやって」行ったか? を、
 すばやく明確に示す必要があります。
 
「意味不明、わけがわからない」と読者から批評される作品は、
 たいがいこの基本原則に反してしているのが原因です。

Who 誰が
What 何を
When いつ
Where どこで
Why なぜ(どんな目的で)
How どうやって

 
物語をわかりやすくするために、
 5W1Hを意識して小説を書くようにしましょう。
 

例として、
 2008年2月刊行のアサウラさんの人気ライトノベル
 『ベン・トー』 第一巻、第一章の冒頭2行をあげてみます。


 一九時四八分、『彼女』は、
  一軒のスーパーの前に立っていた。
 『彼女』は春の夜風に制服のスカートを揺らしつつ、
  ライトアップされた看板を見上げる。
 ベン・トー サバの味噌煮290円
 
『誰が』、
 「制服のスカート」という言葉から、
 学生の少女がここでの主人公であることがわかります。
 (制服姿で出歩く社会人は、まずほとんどいない)
 
『何を』、ライトアップされた看板を見上げています。
『いつ』、春の夜のできごとです。
『どこで』、スーパーの前で。
『なぜ』、スーパーに買い物に来たことがわかります。
『どうやって』、立ち止まって風に吹かれながら看板を見上げているところから、
 なにか普通ではない心境であることが伝わってきます。

このように、
 たった二行中に登場人物の置かれた状況を過不足無く伝える情報が入っています。
スポンサーサイト

上手にわかりやすく説明する30 の方法

長い説明の前には、
 ポイントの数を宣言しよう。

どうしても、
 長い話にならざるを得ないときがあります。

それでいて、
 どうしてもわかりやすく
 説明しなければならないときがあります。

例えば、
 事件の状況説明や経緯の説明などでは、
 一部始終を詳しく説明しなければいけませんから、
 どうしても話が長くなります。

だからとはいえ、
 説明不足だと、
 誤解を招きかねません。

長い話を
 わかりやすく説明する必要があります。


プロの弁護士は、
 説明の前に、
 いつも次のような決まり文句を言います。

「ポイントは、3 つあります」。


長い話を始める前に
 「ポイントは3 つあります」と、
 数を宣言するのです。

こうすることで、
 聞き手は

 「ああ、大切なことは
 3 つあるのだな。
 これから3 つの説明が始まるのだな」

 と理解できます。

今、
 1 つ目の話をしているのか、
 2 つ目の話をしているのかということも、
   区切りをつけやすくなります。
 順を追って説明するので、
  説明もしやすくなり、
 聞き手も理解しやすくなります。

その8
 「ポイントは3つあります」と、
  先に数を伝えておこう。

段落の役割

明快な文章を書くには
 
段落ごとに
 役割を持たせることによって
 
その文章の目的を果たすことが
 できるようにすることが必要である

報告書は
 事実を読み手に伝えるために行う表現である


ポイントは2つ
1.出来事・事実・ことがらの報告
 外界に起こった現象についての報告で
 書き手がどう思ったか
 感じたかと言うことではなく
 出来事や事実そのものがどうであるかを
 読み手に伝える叙述である


2-1.書き手の意見・感想・好み・希望・推測・伝聞・判断の報告
 書き手の心中で起こった内容を
 概念化した表現を持つ述語が用いられる
 つまり「だれが、どうした」かを報告する表現である

意見
 知らせるべきだ と考えている
感想
 情けないことだ と思った
 情緒があってよい と感じている
好み
 ~の方がうまい と判断した
希望
 ~なることを希望している
推測
 嘘つきだ と思う
伝聞
 雨が降ったからだ と推測する
判断
 円安になる と聞いた

2-2.書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断の直接的表現
 書き手が、出来事・事実・ことがら・人物なのに対して
 抱いた考え・気持ち・好き嫌い・希望あるいは伝え聞いたこと
 判断したことなどを直接的に表現するものである


意見
 知らせるべきだ
感想
 情けないことだ
 情緒があってよい
好み
 ~の方がうまい
希望
 ~ならなければいけない
推測
 嘘つきだ
伝聞
 雨が降ったからだ
 「~である(だ)」という形をとることが多い判断
 円安になるそうだ
 「だろう らしい ようだ そうだ」という助動詞
 「かもしれない ということだ」などの語句を使って述べる表現である



「出来事・事実の報告」
あるいは
「書き手の意見・感想・好み・希望・推測・伝聞・判断の報告

「書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断の直接的表現
とを
 
はっきり区別して扱うことは
 文章や言葉の解釈や思考にとって大変重要である



「書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断の直接的表現」を行うときは
その内容は書き手によって異なる可能性がある

例えば
 ある同じ焼きそばを
 Aさんは
  味が引き締まっておいしい
 Bさんは
  塩気が勝ちすぎて、食べられたものではない
 と言うのである

だから
 言葉の受けてが
「書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断の直接的表現」に接したとき
 その内容を事実そのものとして受け取ると
 誤った判断・行動に陥る危険がある

文章を書く場合
 書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断を客観的に
 読み手に伝えて
 読み手が誤った判断をする危険性を防ごうとする

・私は、この焼きそばを、味が引き締まっておいしいと 感じた
・彼女は嘘をついていると、私は 判断した

のように
 「書き手の意見・感想・好み・希望・・推測・伝聞・判断を報告」
 する形で表現する

これは、物事、出来事に対する
「書き手」の意見・感想などが
「どうであるか」を報告するものであるからである

報告書には型がある

報告書には
 実用的な目的がある

目的を果たすために
 盛り込まなければならないこと

1.調査目的
2.調査方法・調査対象
3.調査して得られたことがら
4.考察・結論
5.関連する問題
6.調査資料・参考資料


以上の項目を盛り込まなければならない


目的が何であるのか
どういう対象に対して調査して
何がわかったか
報告書を書く目的から言って必須の内容である

調査目的、調査して得られたことがら
考察・結論がはっきりしない報告書は
 読む値打ちがない

調査内容の信頼性を評価するためには
 どのように調査し
 何を参考にしたかも

その報告書の信頼性を
 評価するために必要である

調査を行う間に
 関連する問題を発見したり
 
調査しなければならない問題に
 気づいたりすることもあろう

願い

日本語を使って思考する能力

コミュニケーションを行う能力を
 身につけることを願っている

つまり、身の回りから
 1.問題を発見
 2.事実を確認
 3.事実に基づいて思考
 4.他人によく理解される表現


 コミュニケーションを行う能力である
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: