第2話 「任すから任せるに足りる人を創れ!」

東川鷹年の「中小企業の人育て」

「任すから
 任せるに足りる人を創れ!」

 という大命題を受けたのは良かったが、

さて、
 具体的にどうすればいいのか?
 


真剣に考えて七転八倒したが、
 とりあえずその答えの糸口を見つけるために、
 まず全社員が平等に持っているものを武器にして
 社員教育すればいいの ではと考えた。

結論を述べるとそれは、
 一日1440分という「時間」と
 140~150億という
 脳細胞の数という「脳力」、
 その結び付き方
 (回路づくり=習慣 づくり)

(※城野宏先生の提唱した脳力開発という考え方)
 があるという事に行き着いた。

この2つを武器として最大限に活用していける社員に育てれば、
 先代社長のような人物になれると
 目からウロコが落ちる思いをしたのであ る。

詳細は
 折に触れるとして、
 
その内容を具体的に社員の行動レベルに
 落とし込んでいこうとする過程の中で
 「任すから任せるに足りる人」とは、

“社長と同じ考えを持って行動し
 成果を上げてくれる人
 ”すなわち“社長の分 身”を創る事が
 重要なんだとの気づきがあった。


そんな折、
 先代社長に
 「任すから任せるに足りる人」を
 一言で言うとどうなりますか?

 と訊ねると、

「経営者的な感覚を持った人でないとあかんなぁ」
「担当する仕事の責任を自ら全うできる人でないとあかんなぁ」

 などと言われ、
 まとめ上げた結論 が、
 「部門経営者」となった。

これは、
 「自分が担当する仕事は
  自分が最高責任者なんだ」

 という意識を持って仕事をする人という意味である。

そして、
 それを定義づけ た。

 「自らが計画を立て、
  チェックし、改善し、
 その目標の達成に責任を持つ」 

 
 そんな人を育てればいいんだ
 という結論に行き着いた。


もし、
 全社員がこの部門経営者に育てば、
 どれほど“強い会社”になるかと思うと
 身震いがしたことを今でも覚えている。

皆様の会社を取り巻く
経営環境のめまぐるしい変化に対応し、
 ビクともしない“強い会社”とするためには、
 この部門経営者を育てる
 “人づくりの仕組み”が重要ではないでしょうか。


次回から
 この“人づくりの仕組み”をつくる過程の中で、
 先代から学んだ事を具体的にお伝えしていきます。
スポンサーサイト

まとめ

そんな素晴らしい環境で
 学び、感じ、豊かな自然に触れているからこそ
 「学力も高い」子どもが多いのではないでしょうか。

日本では
 豊かな自然に触れるのには
 車を使わないと触れることができない環境ですし、
 なかなかフィンランドのようにはいきません。

そもそも、
 人間の質が違うと思いますし、
 礼儀正しく知性のある日本人といえども
 なかなか豊かな感性のある人は少ないとも思います。

しかしながら、
 子どもたちなら教育次第で
 白にも黒にもなるのかと思いますし、
 僕ら大人もここで書いたような事を意識して生きていけば
 より良くしていけるんじゃないかと思います。

日本でできる最善な教育とはなんなのか・・
 まだまだ課題は多そうですが
 この本などのフィンランド式教育法を学ぶのは
 かなり大事なことだと思いました。

8.親を見て子は育つ

フィンランドでは
 子どもを育てる中で気をつけていることがあるそうです。


それは、
 親が子どもの見本になるということです。


例えば

 「疲れた」「めんどくさい」などと言う
 親を見て育った子は

 同じように「疲れた」「めんどくさい」言う
 子に育つ可能性は大きいです。


逆に、
 親が子どもの見本になり
 「疲れた」ではなく仕事で経験した話をしたり、
 どこかにハイキングに連れて行って
 自然に触れさせたりすれば
 自ずとポジティブな子に育つ可能性は高いです。

そんなことが書かれているのですが、
実はもっと大事なことがあるようです。

それは、
 「親も努力する」ということです。
いくら子どもに、
 「勉強しなさい」などと言ったところで
 説得力はありません。


しかし、
 逆に子どもに軽く勉強や物事を当たり前に説明できたり、
 礼儀がわかっている親ならば、
 子どもは「すげぇー。」と頷くはずです。

フィンランドの人は
 礼儀を最も重視するようです。


寧ろ、
 礼儀がしっかりしていなければ、
 他のことが優れていても認めない
 スタンスで教育をするのです。

その結果、
 礼儀がしっかりとした、
 知性を兼ね備えた教育ができるということでしょうね!


また、
フィンランドでは
 情熱を持って接する教師が多く、
 先生になりたくて教師になる人が多いそうです。

その辺は
 日本と違うかもしれません。

日本では
 職業のひとつとして教師がある感覚で、
 全員が情熱があるかというと疑問です。

この本で紹介されていますが、
 小テストやプリントでごまかして
 楽をする先生は多いそうです。

たしかにそんな経験があったようななかったような

7.国語力を身につける大事さを理解するべし

最近では
 特に国語力の低下が指摘されています。

「活字離れ」という言葉があるように、
 字を読む・書く機会が減っているのは事実ですね。

また、
 スマートフォンやPCが当たり前になっているこの時代では
 字を書く機会が減っています。

勉強は24時間できます。
睡眠を8時間だとしても16時間残りますが、
勉強したことは
 睡眠時に整理されるということなので24時間ですね。

「英語教育」は
 「国語教育」があって
 すべきだということですね。


母国語で豊かな表現ができない人が
 英語を学んだところで
 たかが知れているということです。


国語力が一番大事だということ、
 自分で物事を考える習慣を付ける教育を
 すべきだということが書いてありました。

6.豊かな発想を生むフィンランド教育

ここにフィンランドの子どもが書いた
 一枚の絵があります。
一体なにを書いたと思いますか?実は・・

『自画像』なんです(!)

「えっ!?」と思うかもしれませんが、
 実は凄い発想力で書かれています。

この画は自分を樹に例えています。
一番上には
 フィンランドの国旗が描かれたランドセルがぶらさがっていますし、
 身近なものが乗っかっています。

これは自分を木のように例えて、
 寂しさや沈黙さのある自分を表しているようです。

この著書に書いてあるとおり、
 日本の小学生に「自画像を書きなさい。」と指示したら
 必ず自分の顔に似せて書くに決まっています。
まず、
 日本は
 まわりに合わせるということが当たり前です。


一人違うことが
 恥ずかしいと思ってしまうのですね。


日本の教育では
 こんな発想ができる子は
 育たない環境だということが書かれています。


これは「フィンランド教育のたまものだなぁ。」
 と妙に感心してしまいました。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: