スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ洪水2011年10月初めより

タイ洪水に関する情報

2011年10月初めより
 タイ中部を中心に洪水が発生し、
 被害が全国に広がりました。


日系企業が多く入居する
 アユタヤ県を中心とした工業団地が冠水し、
 工場が操業停止となるなど大きな影響が出ました。

被災した全ての工業団地で
 12月8日までに排水が完了し、
 現在も復旧・復興に向けた取り組みが進められています。

スポンサーサイト

3.11地震・津波・放射能2011年3月11日

3.11

2011年3月11日14時46分18秒(日本時間)、

宮城県牡鹿半島の東南東沖130kmの海底を
 震源として発生した東北地方太平洋沖地震は、
 日本における観測史上最大の規模
 マグニチュード (Mw) 9.0を記録した

最大震度は7で、
 震源域は岩手県沖から茨城県沖までの
 南北約500km、
 東西約200kmの広範囲に及んだ。

この地震により、
 場所によっては
 波高10m以上、
 最大遡上高40.1mにも上る大津波が発生し、

 東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に
  壊滅的な被害をもたらした。

また、
 大津波以外にも、
 地震の揺れや液状化現象、
 地盤沈下、
 ダムの決壊などによって、

 東北と関東の広大な範囲で被害が発生し、
  各種ライフラインも寸断された。

2012年(平成24年)4月11日時点で、
 震災による死者・行方不明者は約1万9000人、
 建築物の全壊・半壊は合わせて38万戸以上、
 ピーク時の避難者は40万人以上、
 停電世帯は800万戸以上、
 断水世帯は180万戸以上に上った。

 政府は震災による被害額を
  16兆から25兆円と試算している。

地震と津波による被害を受けた
 東京電力福島第一原子力発電所では、

 全電源を喪失して
  原子炉を冷却できなくなり、
  大量の放射性物質の漏洩を伴う
  重大な原子力事故に発展した


 (福島第一原子力発電所事故)。

これにより、
 原発のある浜通り地域を中心に、
 周辺一帯の福島県住民は長期の避難を強いられている。

その他に火力発電所等でも損害が出たため、
 東北と関東は深刻な電力不足に陥った

リーマン・ショック08年9月15日

08年9月15日
 アメリカ大手証券会社のリーマン・ブラザーズが
 経営破綻したことを

 リーマン・ショックと言います。


アメリカの低所得者に金銭を貸して、
 結果サブプライムローン問題などの影響で、
 経営が悪化。

リーマンが発行している
 社債や投信を持っている企業にダメージが出たんです。

アメリカの経済に対する不安が広がり、
 投資家が投資する事に対して消極的になりました。

銀行は
 そのダメージのため、
 ローンや融資の貸し渋りをするようになり、

 融資を受けている企業などは、
  経営難になりました。

銀行からお金を借りて
 経営している会社は、
 けっこう多いため

 GMなどの大企業は
  お金の工面が困難になり、
  破綻の可能性がでました。

早い話、
 お金を借りていた人
 (低所得者)が返済できなくなり、

 サブプライムローン問題

貸していた会社
 (大元はリーマンと思ってください)が
 お金を返してもらえなくなったため駄目になり、

 リーマンショック

その影響で
 銀行とかが駄目になり、

 銀行がお金を貸さなくなって、
  借りたい会社(GMとか)がお金を
  借りれないから駄目になりそうって事です。

 倒産とか破綻

トヨタショック08年11月7日

■「リーマンショック」から「トヨタショック」へ

08年9月
 リーマン・ブラザーズ破綻から2カ月弱、

08年11月6日、
 トヨタは自らの2009年3月期業績予想について、
 売上高で2兆円、
 営業利益で1兆円もの大幅な下方修正を発表しました。

そして、
 翌日
 08年11月7日
 の東京株式市場は、
 一時636円安となる大波乱となり、
  「トヨタショック」 とまで呼ばれたことは記憶に新しいかと思います。

トヨタの業績悪化は、
 結局この「8年ぶりの営業利益1兆円割れ」だけでは止まらず、

09年3月期は、
 最終的に営業赤字に陥りました。

創業直後の1938年3月期以来、
 実に71年ぶりの営業赤字ということでしたから、
 その「ショック」の大きさは誰の目にも明らかです。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: