スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六曜の読み方と意味

六曜とは、
 六曜星の略で、

 大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口

 の6つを指し、
  それぞれ意味を持っています。

結婚式などで
 「本日はお日柄も良く」などと使われますが、

 この「お日柄」とは
 その日の吉凶のことであり、
 現代では六曜で判断することが多くなっています。

六曜は
もともと
 中国で生まれたと言われております。

定かではありませんが、
 「三国志」で有名な
 諸葛孔明が発案し、
 六曜を用いて作戦を立てたところ、

 ことごとく勝利をおさめた、
  という話もあります。

日本には
 鎌倉時代以降に
 伝わったと言われています。


六曜の順序は、

 【先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口】

 の順で繰り返されていますが、
 旧暦での月の変わり目には
 順番が変わる事になります。


【六曜の読み方と意味】

先勝
  せんしょう
  さきかち

  先んずれば勝つ。

  午前中は吉
  午後は凶。

  早ければ良い。
  万事に急ぐことが良い。

友引
  ともびき

  凶事に友を引くという意味があるので
   葬儀は慎む日とされている。

  その他の事では
   何事も引き分けで勝負のつかない日。

  朝晩は吉
  正午のみ凶。

先負
  さきまけ
  せんぷ

  先勝の逆で
   先んずれば負ける。

  勝負事や急用はなるべく避け、
   万事控え目が良い。

  午前中は凶、
  午後は吉

仏滅
  ぶつめつ

  仏も滅亡するような最悪な日。

  全てに凶
  特に婚礼などの祝儀は良くない日。

大安
  たいあん

  大いに安しの意味で
  万事に用いて吉
  婚礼などの祝儀には特に良い日。

赤口
  しゃっこう
  せきぐち

  正午のみ吉
  他は凶、

  祝い事には
   大凶とされている。
 
  火の元に気をつけようとも言われている。

  赤い血を連想させるので大工、
   板前など刃物を使う人は
   要注意とされる日だった。
スポンサーサイト

鏡開き

鏡開き

読み方:かがみびらき
同義語:鏡割り
関連語:正月・熨斗・餅

1月11日は
 「鏡開きの日」です。


鏡開きの日には
 今年1年の一家円満を願いながら、
 神様に供えた鏡餅〔かがみもち〕をお下がりとして頂きます。

丸い餅は
 家庭円満の象徴


鏡餅は、
 大小の丸い餅を重ねて出来ており、

 橙〔だいだい〕、
 譲葉〔ゆずりは〕、
 昆布、
 裏白の葉(※)などで飾られます。

古来から、
お餅は
 歳神様のご神体であると考えられていました。

また、
餅は"望月〔もちづき〕(満月)"に通じ、
 その丸い形から家庭円満を象徴するとも考えられており、
 縁起物として
 お正月に飾られるようになりました。

この鏡開きの日には、
 飾っておいて硬くなったお餅を
 かなづちなどで叩き「開き」ます。

鏡餅には
 歳神様が宿っているので、
 
 神様とも縁を切らないように
 「割る」や「砕く」とは言わず
 「開く」と、
 縁起のよい表現を使います。

 また、
  鏡餅を食すことを「歯固め」といいます。

 これは、
 固いものを食べて歯を丈夫にし、
 歳神様に長寿を願うことからと言われています。

※裏白の葉…シダの葉のこと。
 表面は緑色だが、
 裏面は白く、
 
 裏を返しても色が白いことから、
 心に裏が無いことや清廉潔白意味します。

 また、
  白髪になるまでの長寿を願う意味もあります。

正月

正月
読み方:しょうがつ

同義語
 新春・年明け・初春・春・陽春・
 歳旦・年初・年初・年頭・1月・睦月


関連語
 元日・鏡開き・かまくら・
 大晦日・振袖・お雑煮・おせち・餅


正月とは
本来、
その年の豊穣〔ほうじょう〕を司る
 歳神様〔としがみさま〕をお迎えする行事であり、
 1月の別名です。

※年神様とは・・・
 新しい年の穀物の実りをもたらし、
 私たちに命を与えてくださる神様であり、
 いつも私たちを見守っている祖先のことをいいます。

 つまりお正月は、
  祖先とともに新しい時を迎える時であり
  全てのものが新しく始まる節目なのです。

 ですから、
  年末になると年神様を迎える準備をするのです。



現在は、
 1月1日から1月3日までを
 三が日、

 1月7日までを松の内、
  あるいは松七日と呼び、

 この期間を「正月」と言っています。

地方によっては1月20日までを正月とする
 (二十日正月・骨正月)こともあります。

「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

「ぼたもち」と「おはぎ」!

甘いものが貴重だった昔は
 ごちそうであり、
 お供えや
 おもてなしとして
 
春と秋のお彼岸に欠かせない食べものです。

どちらもよく似ていますが、
 いったい何が違うのでしょう?


実は基本的には同じもので、
 季節によって呼び名や作り方が変わります。

呼び名
 「ぼたもち」は「牡丹もち」と書き、
   春に咲く牡丹の花に由来します。

 「おはぎ」は「お萩」と書き、
   秋に咲く萩の花に由来します。


 つまり、
  春と秋で呼び名が変わるんですね。

あんこ
材料となるあずきは
 秋に収穫されます。

とれたてのあずきが使える
 秋は
 皮ごと使った
 つぶあんに、

冬を越した
 春は
 かたくなった皮を取って
 こしあんにして使います。


だから、
 「ぼたもち」はこしあん、
 「おはぎ」はつぶあん


 を使って作ります。

かたち
牡丹は大きくて丸い花、

萩は小さくてやや細長い花。

そこで、
 「ぼたもち」は大きめで丸いかたちに
 「おはぎ」は小ぶりのたわらのように作ります。

今は季節にかかわらず
 同じ呼び名や作り方をしている場合も多くなりましたが、

昔は春と秋で呼び名や作り方が変わったのです。

あなたが食べているのは
 「ぼたもち」?
 それとも
 「おはぎ」?

 今度チェックしてみてね!

此岸にいながら彼岸に渡る六つの方法

布施波羅蜜(ふせ) 布施をすること
持戒波羅蜜(じかい) 戒律を持って生きること
忍辱波羅蜜(にんにく) 堪え忍ぶこと
精進波羅蜜(しょうじん) 努力すること
禅定波羅蜜(ぜんじょう) 座禅すること
智慧波羅蜜(ちえ) 前五つの波羅蜜の実践によって得られる智慧のことです。


布施波羅蜜(ふせ)とは
 
布施といえば、誰かにものをあげること、というのが普通の考えますが、仏教の考え方では、・・・

例えば、物乞いがいてお金を恵んであげようとする。このとき「少ないとケチと思われるかなぁ」あるいは「金持ちだと思われたいから、少し奮発するか」などと考えてはいけません。物乞いがいるから、お金をあげる、それともさっさと無視する、どちらかでよいのです。これが真の布施です。あれやこれやと考えたら、それは布施でもなんでもありません。
本当の布施とはこだわりをなくしてすべきです。


持戒波羅蜜(じかい)とは 
持戒とは戒律を持って暮らす事です。仏教では在家の人が守るべき五戒があります。
 
殺生(せっしょう)をしてはならない
盗みをしてはならない
淫らな愛欲の行為をしてはならない
他人を欺いたり,嘘をいってはならない
深酒をしてはならない
  
ずいぶんと難しい事をおっしゃると思うでしょうが、例えば、嘘をつくと、それをごまかす為に、また嘘をつきます。はじめから嘘などつかなければ、その後に嘘をつく必要はないはずです。
本当の持戒はただ守るだけのものではありません。
戒律を持つことは、戒律がまた私たちを守ってもくれます。

忍辱波羅蜜(にんにく)とは
 
忍辱とは耐え忍ぶことである。こういうと怒りたいときに怒らず、文句もいわずグッと我慢することだと思う人が多いでしょう。殊に日本人は、こういうことが美徳だとさえ感じています。しかし、本当の忍辱とはこのことではありません。
私たちは「人さまに迷惑をかけてはいけない」と常々いっている。しかし人はどこかしらで、必ず他人に迷惑をかけて生きているものである。それを自覚せよと、仏教は教えている。自覚すれぱ「すみません」と詫びる心が芽生えてくる。この心があれば、他人の迷惑も許すことができる。
忍辱とは他人の迷惑を許すことである。

精進波羅蜜(しょうじん)とは
 
精進とは「ゆったりとした生き方」です
ある剣客のところに一人の剣客Aが入門を請いに来ました。「先生、私が本気で修行をすればどれくらいで奥義を得られるでしゅか?」と聞きました。「まあ、5年くらいだろう」と答えました。「それでは寝食を忘れて修行すれば?」と聞くと、「それなら10年くらいだろう」「では、死ぬ気で修行すれば!?」すると「一生かかっても無理だな」と答えました。これを聞いた剣客Aはとうとう怒りだしました。しかし、剣客家はなぜだかわかるまでは、入門を赦さないと言いました。
実は、剣客Aは本当の精進を知らなかったのです。血のにじむような精進は精進ではなく、単に執着、執念である、と言う事に気づいていません。仏教ではこれを捨てよ、と教えているからです。
本当の精進、本当の努力とは、当たり前の事を当たり前にし、ゆっくりと着実に努力する事です。
釈迦は必死で苦行を重ねた結果、「中道(ちゅどう)」に気づかれました。人間らしいゆっくりとした生き方がこれです

禅定波羅蜜(ぜんじょう)とは
 
禅定といっても、いわゆる座禅をすることではありません。もちろん座禅をしても良いのですが、ここでいうのは禅的な生き方の事です。つまり、仕事をする時は仕事に、ごはんを食べる時はひたすらごはんを食べる。掃除をする時は掃除に、遊ぶ時は遊びに専念する事です。
日常のすべての立ち居振る舞いを、座禅と同じように、集中して、そのものになりきってせよ、という事です。
「○○しながら○○をする」をやめる事です。

智慧波羅蜜(ちえ)とは
 
この世の知恵ではなく、彼岸の智慧で生きる
本当の布施、本当の持戒、本当の忍野、本当の精進、本当の禅定、これらを実践するには、これまで私たちが常識だと信じてやってきたことを、もう一度別の方向から、別の視点で見直すことが必要だといえます。
常識や世間体にがんじがらめになった生活を、もっと風通しのよい生活にする。これが本当の智慧である。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: