スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っておくと便利な㊙テクニック

知っておくと便利な㊙テクニック
 
「人は、意識しないと環境に流されてしまうもの。

気持ちのいい人たちに囲まれている場合はいいのですが、
ストレスの溜まる環境にい続けると、
 訳もなく暗くなったまま、
 それが当たり前になってしまいます」。

苦手な上司や予想外のつらい出来事に対処できる方法を取り入れてみて


嫌なことが起きたときは「イエス・バット法」で考える

嫌な言動に「なんで私だけ!」などと不満がわいたとき、マイナスの感情は一度「イエス」と肯定し、「でも信頼度は上がってるはず」など、「バット(でも)」とポジティブな内容を続ける。人間の脳は最後に言った言葉を記憶するようにできているので結果的に良い感情が残る。


顔を前に向け、軽く微笑み颯爽と歩く
 
一つ一つの表情や動作は、それにふさわしい感情とセットで記憶されている。「顔を前に向け、微笑んで颯爽と歩く」という動作は「絶好調」「いいことがあった」という感情とセット。嫌なことがあったり、気分が乗らないときは、席を離れ、少しの間、颯爽と歩いてみよう。


苦手な人と話すときは相手の頭の上に好物を思い浮かべる
 
人に対する好き嫌いも、食べ物に対する好き嫌いも、脳の同じ部分で判断する。苦手な人と話すときは、相手の頭の上に好物を思い描くと脳が喜びを感じ、自然に笑顔が出て気持ちもゆったりとする。人の感情は連鎖するので、自分が笑顔になると相手も穏やかに。
自分だけの「いいことリスト」を作る
 失敗したり、悲しい出来事があったときこそ、良かったことをメモ書きしよう。「△△さんと仕事できてよかった」など、自分にとってのプラスの要素を書き出し、最後に「私には運がある」と書き加えてリストを読み上げると、失敗や嫌な出来事もポジティブに受け止められる。
スポンサーサイト

テーマのある一日を設定する

テーマのある一日を設定する

「人間の脳は“決定事項”はどんどんとクリアしていくもの。

その性質を利用し、
 『テーマのある一日』を作って、
 上手にメンタルをトレーニングしましょう」

毎日のモチベーションを上げつつ
 ストレスを解消するための一日、
 欠点を克服したりなりたい自分になるための
 一日の設定の仕方を紹介します

ストレス解消するために

【例】 ぜいたくの日
お金を好きなように使える一日を決める。例えば、年に2回、値札を見ずに好きな服を買う。そのための軍資金も、予定する日程に向けて積み立てておくようにする


「“楽しい出力”をする日を、月1回、年数回など決めておきましょう。旅行や買い物などでぜいたくをすると、女性は気分が晴れやすい。日程は、早い段階で決めてスケジュール帳に書き込むこと。明確に目標設定でき、さらに手帳の中で“見える化”することで、『この日に向かって頑張ろう』と、普段の仕事でもモチベーションが上がります」。
セルフコントロールできるようになるために

【例】 絶対に怒らない日
週1回、「絶対に怒らない日」を設定する。その日は、どんなに頭にくることがあっても、笑顔で対応。朝、周りの人に「今日は怒らない日です」と宣言しておこう


「イライラしない、職場の人と仲良くしたいなど改善したい点は、週1回、『今日は怒らない日』『部署の人全員と会話をする日』などテーマ設定しトレーニング。『今日は○○の日』と周囲に宣言すると、笑顔で対応できるなどテーマを実行できたときに、良い反応を返してもらいやすくなります。週1回を何度も続けるうちに、自然に克服できますよ」。

プラスのボディランゲージを自分で決める

プラスのボディランゲージを自分で決める
 
気持ちが沈みがちなときや、
 目標に向かっていいイメージに
 自分を集中させたいときにするポーズを
 自分で好きに決めておこう。
ポーズと一緒に口にする言葉も設定しておくと、
 より効果的。

なりたい気分を
 イメージしやすいポーズと
 言葉を選ぶようにするのがポイント!

目標を達成する

【例】 Vサイン

 仕事や勉強で良い結果を出したいときに。プレッシャーがかかったり、やる気が持続しないときにポーズをとろう。Vサインやガッツポーズなど、勝利や達成をイメージするポーズがぴったり。頭の中で、目標を達成して喜ぶ自分の姿をイメージしつつ、「よし」「やるぞ」といった言葉もプラスして。
悪いことを忘れる

【例】 指を鳴らす

 失敗したり、スランプのときにしたいポーズ。指を鳴らす、手を軽く叩くなど、“場面転換”を想起させるポーズがおすすめ。失敗や悪いことに対しては「なし!」、スランプには「チェンジ!」などの言葉を。元プロ野球選手の桑田真澄さんは、打たれたら後ろを向いて「なし」と言っていたそう。
絶好調になれる

【例】 スキップをする

 面接やプレゼンなど、力を発揮したい「ここぞ」という場面で、自分を奮起させるポーズ。気分を高揚させるような、スキップや軽くジャンプをするといったポーズをしよう。自分がすらすらと話したり、周りから賞賛されている姿など、うまくいった様子をイメージしつつ「いける」「やれる」などの言葉を。
リラックスする

【例】 肩を落として深呼吸

 緊張して硬くなってしまったり、心配があり焦ってしまうときは、リラックスを促すポーズをする。両手を広げたり、肩を落とすポーズだけでなく、深呼吸も一緒にすると、よりリラックス効果が高くなる。「大丈夫」「リラックス」など、自分自身をホッとさせるような言葉をつぶやくと良い。
集中する

【例】 一点を凝視する

 目の前の仕事をしなければいけないのに、別のことが気になるときや、今以上に仕事の効率をアップさせたい。そんなときに使いたい集中力を高めるポーズは、時計やペン先など比較的小さめのポイントをジッと見つめるというもの。背筋を正し、「集中」などの言葉を口にしてみよう。
自信満々で強気になる

【例】 胸を張る

 うまくいかないんじゃないか、自分はダメだと悲観的になってしまうときに自信を取り戻したり、商談など相手にのまれてはいけない場面に使えるポーズ。胸を張る、大きくうなずくといったポーズを、笑顔を作りながら、ゆったりとした気持ちで行おう。「よし」「いこう」など前向きな言葉が良い。
ライバルを意識する

【例】 拳を握り締める

 やる気が出ないときはライバルを頭に思い描き、自分自身の気持ちを高める。想定するライバルは、意地でも負けたくない相手でもいいが、少しでも近づきたいと思える尊敬できる相手だと、長期的に自分を成長させられる。拳を握り締めるなど力の入るポーズで「負けない」などとつぶやく。
自分を応援してくれる人を思う

【例】 胸に手を当てる

 モチベーションを上げるには、自分のことだけを考えるより、応援してくれる人を頭に思い描いたほうが気持ちがアップしやすい。胸に手を当てるなど心を刺激するポーズで、「仕事を頑張る私を母は誇りに思ってくれている」などと大切な人を思い、「期待してね」とそっと呼びかけよう。

ネガティブからポジティブにする方法

ネガティブからポジティブにする方法


ポジティブな言葉と動作で脳を切り替える
 
どんなにストレスマネジメントやポジティブ思考を心掛けていても、落ち込んだり不安になることはある。そんなとき、たった3秒で気分をプラスに変えられる方法を教えてくれたのは、メンタルトレーナーの西田文郎さん。北京五輪で金メダルを獲得した女子ソフトボールチームや元プロ野球選手の桑田真澄さんなど、多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングを担当したことでも有名だ。

「スポーツの世界で“一流”になるためには、例えばホームランを打たれたり、ゴールを奪われても、次の瞬間に悪いムードを引きずらない“切り替え力”が必要。そのために、瞬時に気持ちをチェンジする『プラスのボディランゲージ』を指導しています。それは、スポーツの世界だけでなく、仕事や日常生活にも使えるテクニックですよ」

 プラスのボディランゲージはどのようなものか聞くと、「8つのシチュエーションに対し、自分はどんなポーズを取るかを決めておき(次ページ参照)、それぞれの気分になる必要があるときにそのポーズをするだけです」という。例えば何かイヤなことがあったら指を鳴らす。そんな簡単なアクションで気持ちが切り替わるという。

「人間は放っておくと7割が悪い方向に考えるので、意識的にポジティブな感情に集中する必要があります。事前に決めておいたポーズをすることで、『絶好調!』などの感情が脳に浮かぶように条件づけしておくと、必要なときにポーズひとつで気持ちを切り替えられるようになります。『よし』など、シチュエーションに合ったプラスの言葉も加えると、さらに効果的です」

 動作を伴うことで脳の内側にある大脳基底核が、言葉をつぶやくことで脳の表面にある側頭葉が刺激され、脳の内側と外側からポジティブになる。動作と言葉を連動させたほうが効果があるのはそのためだ。

「女性の脳は、男性に比べて敏感な上、抵抗力も強い。そのため、小さなことで傷ついたり落ち込み、さらに我慢して溜め込んでしまう傾向があります。ですから、気分をポジティブにする習慣を、意識して生活に取り入れる必要があります」

 仕事でミスしたり、やる気が出ないなど、マイナスな気分のときだけでなく、自分を奮起させたいといった「ここぞ」のときに力を発揮できるようになる。そんな気持ちの切り替え術を詳しく教えてもらおう。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: