スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最古の本『古事記』の内容とは?

日本最古の本である
 『古事記』


戦前まで、
 小学校で使う歴史の教科書には
 日本の神話が書かれていたことをご存知でしょうか。

なんと子供たちは、
 日本は神代の時代から続く国であり、
 天から神様が降りてきて国を作ったのだ、
 と教えられていました。

戦後そのような部分は
 一切削除されたのは言うまでもありませんが、
 この日本神話の原典ともいわれているのが
 日本最古の書物『古事記』です。

『古事記』は、
 和銅5(712)年に天皇の命を受けた
 太安万侶(おおのやすまろ)が
 稗田阿礼(ひだのあれ)という人の口誦(口伝)を基に編纂した
もので、
 つまり大昔から代々語り伝えられてきた話を集めた書物なのです。

戦前までは、
 皇室の祖先のことが記載されていることから、
 単なる歴史書としてだけではなく神典としても扱われていました。

『古事記』は
 全三巻構成になっており、
 
第一巻には
 イザナギとイザナミの国生み神話をはじめ、
 スサノオのヤマタノオロチ退治の話やオオクニヌシと因幡の白兎の出雲神話、
 その他に天の岩戸神話、天孫降臨神話など、数多くの日本の神話が網羅されており、
 物語として楽しめる内容になっています。

第二巻と第三巻は、
 神話ではなく初代神武天皇から三三代推古天皇までの事歴について詳しく書かれています。
『古事記』が編纂されてから
 8年後の養老4(720)年には
 『日本書紀』も編纂されましたが、
  こちらは中国の史書と同じように年月日まで詳細に書かれており、
  古事記に比べると史実性が高いという評価もあります。

これら『古事記』と『日本書紀』は
 併せて『記紀』と呼ばれ、
 日本古代の歴史を研究する上で欠かすことができない資料としても認められています。

今では現代語訳版なども出ていて、
 より一層読みやすくなっていますので、
 日本人としてのアイデンティティーを探る上でも一度読んでみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

酒呑童子(しゅてんどうじ)

地方文化をしっかりすることは
 国を愛することにつながります。

そういう心がないと、
 働いても、会社を愛するという気持ちが生じません。

仲間を愛する、
 顧客を愛するという気持ちが生じません。

 すべてつながっています。

日本には、
 素晴らしい文化・文明があります。



「これ、何をしておる、しっかりと案内せんか」
「ご主人様、そうはおっしゃいますが」
 道案内の男たちはすっかり恐れおののいて、ものの役にも立たない。

「え~い、情けない奴らじゃ。こうなれば我等だけで参ろうぞ」
「かしこまりました」

 大将らしき男が、
  力強い声をかけると、
  五人の部下たちは、負けないぐらい力強い返事を返した。
 総勢六名。

 どの男たちからもほとばしるような力強さが感じられた。
 男たちは突き立った峰をよじ登り、
  深い谷に迷いながら進んでいった。

「うん? 殿、あれはなんでございましょう?」

 六人がよくみると、
  小さな岩穴に身を寄せ合っている三人の老人がいた。
 驚いている一行に、
  老人たちは今までの数奇な身の上話を打ち明けた。

 ひとりの老人は
  津の国(三重県)からの者、
  ひとりは紀伊の国(和歌山県)、
  最後の一人は、
   音無の里(熊野)から来ていた。

「なぜ、そなたたちのような老人が、このような辺鄙な山奥にいるのじゃ?」

 主人と思しき男が三人の老人に聞いた。
 老人たちは答え始めた。


主人とおぼしき者の名前は
 源頼光(みなもとのよりみつ)である。
清和源氏の三代目という由緒正しい武家の棟梁である。
その頼光が、
 時の帝から勅命を受けた。

「京の都に夜な夜な出没し、女性(にょしょう)や童(わらべ)をさらっていく
 大江山の鬼を退治せよ。今回は中納言の姫がさらわれた」

 というものであった。
 頼光は、
  四天王と呼ばれる配下に、
  もう一人剛の者を加えた六人で丹波国を目指した。

 丹波の国に出かける前に、
  自分を含めた六人を三つに分け、
 自分ともう一人は、
  岩清水八幡宮に、
 もうひとつのグループは
  難波の住吉明神へ、
 そして、もうひとグループは
  熊野権現で必勝の参拝をすませたのであった。

「もし、お武家様。どうかなさいましたか?」

 出陣前のことを思い出している頼光に老人たちが尋ねた。

「いや、すまんすまん。
 ちと、考え事をしていたものでな。
 それで、そちたちも、
  妻子をここの鬼にさらわれたというのか」

「そうでございます。
 鬼の名前は酒呑童子(しゅてんどうじ)でございます。

 妻子は、
  もう殺されてございます。
 なんとか仇を討ちたいのですが、
 この年ではもう鬼にはかないません。
 お武家様がた、
  どうか私たちの無念を晴らしてくださいませ」

「よかろう」
 六人の武士は胸をたたいた。

 

 ♪むかし丹羽の大江山
 鬼ども多くこもりいて
 都に出ては人を食い
 金や宝を盗み行く♪


 頼光に斬り落された首は、
  空中に高く舞い上がり、
  大きな口をあけて牙をむくと、
  頼光めがけて飛びかかってきました。

 それは、それは、
  世にも恐ろしい形相で・・・。

 そのため頼光のかぶっていた、
  老人からもらった星甲は、
  綴りの六枚までが童子の歯でかみくだかれました。
 でも、
  最後の七枚目が噛み切れず、
  酒呑童子の首は力尽き地面に落ちてしまいました。

「神便鬼毒酒のおかげじゃ。
 そして、
  この兜のおかげじゃ。
 あのご老人は、
  だからこの兜をかぶることを忘れるなとおっしゃったのか」

 頼光はしみじみと思い返しました。

 酒呑童子を倒し、
  中納言の娘を助け出した頼光一行六人は、
  帰途につきました。
 その時、部下の一人が頼光に聞きました。

「殿、
  この騒動で忘れていましたが、
  あの案内をしてくれ、
 そして、
  突然消えたご老人方は、
  いったい誰だったのでしょうか?」

 頼光には、わかっていた。

 それは、
  ここに来る前に三つに分かれてお参りした、
  岩清水八幡宮、
  住吉、
  熊野の神々であったのだ。

♪むかし丹羽の大江山

 鬼ども多くこもりいて

 都に出ては人を食い

 金や宝を盗み行く♪

 これが有名な、「源頼光の大江山の鬼退治」です。

 実際には、
  大江山近辺に住んでいる族が京都を荒らしまわったので、
  源氏の棟梁である頼光が
  それを征伐した話のようです。

 でも、
  そういうことをこのような物語にする
  かつての日本人の創造性は素晴らしいですね。

桃太郎の話もそうです。
岡山あたりに鉄が産出される山があり、
 そこを支配している一族がありました。
鉄は戦いの武器として非常に
 重要なものです。
それを手に入れたい朝廷が、
 皇族の一人(桃太郎)に命じて
 その一族を配下に入れようとした(征服ではありません)話です。

鉄を精錬するから
 その火で顔が
 赤くなったり、
 青くなったり変色します。
だから赤鬼・青鬼です。

古事記 日本書紀

古事記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古事記(こじき、ふることふみ)は、
 その序によれば、

 和銅5年(712年)

 太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ、
 太安万侶(おおのやすまろ))
 によって献上された
  日本最古の歴史書
 上・中・下の全3巻に分かれる。

『古事記』に登場する神々が多くの神社で祭神としてまつられ、
 今日に至るまで日本の宗教文化に多大な影響を与えている。



日本書紀
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本書紀(平安時代の写本)
日本書紀(にほんしょき、やまとぶみ)は
 奈良時代に成立した日本の歴史書である。

日本における伝存最古の正史で、
 六国史の第一にあたる。
舎人(とねり)親王らの撰で、

 養老4年(720年)に完成した

神代から持統(じとう)天皇の時代までを扱う。
漢文・編年体をとる。
全30巻、系図1巻。系図は失われた。

日本神話から生まれた話


日本のむかしむかしの神様の物語です。

「大八嶋国」(おおやしま、日本の国の別のよび名)
 の誕生(たんじょう)

むかし、むかし、さらにもっとむかしのことでございます。
ある日、高天原(たかあまはら)にお住

まいの神々が全員集まり、
 はるか下にある下界を見下ろしながら会議を開かれました。

そし て、
 いざなぎ(伊耶那岐)、
 いざなみ(伊耶那美)のご夫婦をお呼びになり、
 美しい、「天の沼矛」 (あめのぬぼこ)を渡し、
 「あの泥海(どろうみ)のようなただよえる国をととのえ固めよ」
 とおおせにな られました。

 こうして、お二人は天の沼矛(ぬまほこ)を手に持ち、
 「天の浮橋」(あめのうきはし、高天原と下界をつ なぐ橋)から、
 どろどろした海原(うなばら)を見ながら、
 天の沼矛をおろしてゆっくり、
 "こをろ""こ をろ"とかき回し引き上げると、
 矛(ほこ)の先から塩の滴(しずく)がしたたりおち
 つもり固まりやが て塩の球となりました。

この球はおのずからころころと転がっているので
 「おのころ嶋(じま)」と名づけられました。

地球の誕生(たんじょう)です。
 私たちのご先祖(せんぞ)は、すでに地球が自転
(じてん)していることや塩の固まりであることを知っておられました。

 それからのお二人は、
「あやにやし、えをとめを」「あやにやし、えをとこを」と、
 言霊(こただま) をかけ合い「みとのまぐはひ」をされ、
次から次へと立派な国をお産みになりました。

 
どのような国が生まれたのでしょう。
最初に、
 淡路島(あわじしま)、
 二番目に四つの顔がある
  四国伊予(いよ)、
  讃岐(さぬき)、
  阿波(あ わ)、
  土佐(とさ)
 三番目に隠岐ノ島(おきのしま)、
 四番目に四つの顔がある九州
  (筑紫、豊、肥、熊 曾)
 五番目に壱岐の島、
 六番目に対島、
 七番目に佐渡島(さどがしま)」、
 最後に、本州である大倭 豊秋津嶋
 (おおやまととよあきつしま)をまず生みましたので、

日本のことを、「大八嶋国(おおやしま)」とも 言うようになりました。
 また、
 「秋津」(あきつ)とはトンボの古名で、
 トンボが交尾をしながら飛んでいる姿が
 本州に似ていることからついた名前といわれています。

そのあと、つぎつぎと小さな小 島をお産みになり、
 ここに日本の国土を生み終えられました。

国土をお産みになられたあとは、
 日本に住まわれる神々を次々に産み始められます。

海や 山、石や木や草花、
 そのひとつひとつに神様が宿っていったのです。

まさに「八百万の神」で す。

そして、
 火の神「かぐ土」を産んだとき「いざなみ」に大変なことがおこりました。
火の神「か ぐ土」の強い炎に焼かれて、
 みほと(女陰)に大やけどを負い寝込み、
 嘔吐(おうと)し、大小便を たれ流ししました。

すると、
 ゲロ、便、尿からも神様が産まれました。

ゲロからは、
 鉱山の夫婦神「金山彦」「金山姫」。

便からは、
 粘土の夫婦神「埴やす彦」(はにやすひこ)「埴やす姫」。

 尿からは、
  水の神「みづはの女」と
  穀物(こくもつ)の霊「わくむすひ」。

この、
 「わくむすひ」の娘が、
 お伊勢さんの外宮に祀られている
 「豊受気比売」(とようけひめ)で、
 日本中の穀類(こくるい)が
 豊かに実るようにと守っておられる神様です。

こうして、
 日本の国産みをされた「いざなぎ」と「いざなみ」は、
 お二人で力を合わせて十四の島々と三十五柱
 (神様は一人、二人と呼ばずに柱と言います)
 の神々を産まれましたが、
 「いざ なみ」は亡くなりました。

古事記神話の世界

死の世界 ヨミの国訪問(日本神話の世界6)

イザナキノミコトのヨミの国訪問
 
妻イザナミノミコトをなくされた、
 イザナキノミコトは、
 恋しさのあまり死の国であるヨミの国を訪問されます。
 以下は、その時のいきさつです。

1、イザナミノミコトは、
  御殿から出て、イザナキノミコトをお迎えします。
2、イザナキノミコトは、
  イザナキノミコトに帰ることを願います。
3、イザナミノミコトは、
  それを了承し、ヨモツ大神と相談するため御殿に帰ります。
4、イザナミノミコトの帰りが遅いので、
  イザナキノミコトは御殿に入ります。
5、中が暗かったので、
  火をともして見ました。
6、すると、そこには
  腐乱したイザナミノミコトの姿がありました。
7、イザナキノミコトは
  それを見て逃げ出します。
8、イザナミノミコトの追っ手が来ますが、
  切り抜けます。
9、最後にイザナミノミコト御自身が追ってこられます。
10、二人はヨモツヒラサカで
  最後の別れをします。


ヨミの国は暗かったか?

さて、次のようないきさつをみてみますと、
 ヨミの国は決して暗い世界ではありませんでした。

そこでは、
 イザナキノミコトとイザナミノミコトは、
 普通に会話もしておられます。
 
暗かったのは、御殿の中です。
そこでは、イザナミノミコトの遺体は朽ち果て、
 イザナキノミコトは会話をすることもできません。
 
ヨミの国が暗くて、
 御殿の中が暗いのはまだ理解できますが、
 イザナミノミコトの御体に相違があるのはどうしてでしょうか。


黄泉とヨミの国

中国で、「黄泉」というのは、
 本来、地下にある泉のことをさしました。
やがて、それは、
 地下そのものさすようになり、
さらには、
 地下世界、死者の国も意味するようになりました。
つまり、「黄泉」(コウセン)は、
 地下であり、
 そこには、埋葬された遺体があったのです。
対して、日本の死者の国であるヨミの国は、
 魂のいくところです。
日本では、遺体はほとんど問題にならず、
 魂が問題とされます。
それが証拠に、中国の挽歌は、
 遺体の損傷を中心テーマとしますが、
 日本の挽歌はまったく問題にしません。
日本の死の世界(ヨミの国)は、
 決して陰惨ではありません。
ヨミの国訪問の話に、
 腐敗した遺体が表現されるのは、
 「黄泉」の文字を取り入れたとき、
 中国的な考えが混入したからに違いないのです。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: