スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン桜名言集 信じて諦めないこと!それが最も大切!

信じて諦めないこと!それが最も大切!

受験に関しては、
 自分を信じてすすめるかどうか、
 が合否を左右する重大な要素だと思います。

例えば、
 夏の模試でE判定を取ってしまったとき。
 ここで「もうダメだ・・・」
 と思って諦めてしまう人。

これではいけません。
たとえE判定を取っても、
 ギリギリで滑り込めばいいのです。

ただし、
 信じるだけでは合格できません。

そこから合格へ滑り込むだけの努力が必要となります。

それから、
 たとえA判定を取っても、
 落ちてしまうことがあります。

これは、
 A判定でない人が滑り込める、
 十分な証拠ではないでしょうか。

信じて諦めなければ
 何かしらの道は開けるはずです
スポンサーサイト

ドラゴン桜名言集 受験に知能はさほど重要ではない。必要なのは根気とテクニック!

受験に知能はさほど重要ではない。
 必要なのは根気とテクニック!


これはドラゴン桜本編の冒頭で述べられていることです。
 受験には知能(いわゆるIQなどといったもの)はさほど重要ではないのです。

現在の東大は非常に入りやすくなっているので、
 周到な用意のもとにしっかりと訓練を積めば、
 合格は十分可能なのです。

とにかく、最初にすべきことは
 「バカだから東大になんか行けない」
 という先入観をなくすこと


さらに重要なのは「最新の情報を入手する」
 といったことです。

テクニックで勝負するからには
 何よりも情報が命です


さらに、短期間で東大を目指す場合、
使える参考書や勉強法がとても重要な要素になってきます。

とにかく、誰にでも(?)可能性はあるのです

ドラゴン桜名言集 自分にも厳しく客観的になれる自信を持とう!

自分にも厳しく客観的になれる自信を持とう!


自分に厳しく客観的になるのは、
 とても難しいことだと思います。

と同時に、
 自分を客観的に見たくないという気持ちもあるのだと思います。

他人のことなら、
 良い面・悪い面など、簡単に評価することができるのに、
 自分自身はなかなか評価できない、
 ということは誰にでもあるはずです。

さらに、
 自分を厳しく見る勇気がなかったりすると、
 ますます自分がわからなくなります。

しかし、
 客観的にならなければ、
 自分が成長することはないでしょう。

テストの結果に向き合い、
 苦手を分析したりして、
 客観的に自分を見つめてみることが大切なのです。

また、
 自分でわからないときには、
 友達などに聞いてみるといいでしょう


仲のいい友達などに聞けば、
 「他人から見た自分」というのを教えてもらうことができます。
 それを、改善に役立てればいいのです。

これができれば、大人に近づきますね。

ドラゴン桜名言集 知識は幸せをもたらす強力な武器!

知識は幸せをもたらす強力な武器!

「知る者」と「知らざる者」に分かれる

知るか知らないか
たったこれだけのことですが、
 有利か不利かが大きく異なってくるのです


「知らない」ということは、
 非常に怖い


それだけ不利になる可能性が高いわけです。

逆に「知る」ということは、
 それが強力な武器となり、
 有利にことを進めることができます。

例えば、
 英作文の採点法。
 東大英作文は減点法で採点されます。

これを知っていれば、
 自分からのミスが防げます

 知らない場合、
 東大は難しいという気持ちが先行して、
 難しい文章を書こうとしてしまうわけです。

このように、
「戦略」を練る上でも知ることは大切です

ドラゴン桜名言集 知らないことに挑戦し、克服することが大事!

知らないことに挑戦し、克服することが大事!

世の中では、
いきなり新しい世界に飛び込んだり放り込まれたり、
というようなことが多々あります。

みんな、
その都度対応して、
なんとかその環境に順応し成長しようとします。

ということは、
「知らないことに挑戦する精神」が必要になるわけです

例えば勉強で言うなら英語。

国語・数学・理科・社会は小学生のころから触れていますが、
 英語はまったく新しい教科です。

ということは、
 英語を勉強するということは、
 新しいことに挑戦する精神を養うのと同じことです。

まずは、
 新しいことに挑戦して、克服しようとすることから始めましょう。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: