スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大乗仏教と上座部仏教

釈迦の没後、
 約500年を経て
 
仏教的な考えにより、
 大乗仏教(だいじょう)
 上座部仏教(じょうざぶ)


 に分かれました。

また、
教えの学び方により、
 「密教(みっきょう)」
 「顕教(けんぎょう)」


 とに分かれます。

上座部仏教(じょうざぶぶっきょう)・旧名称<小乗仏教>
 
「乗」とは教えの事で、
 乗り物にたとえられ、
 小乗とは小さな乗り物です。

なぜなら、
 出家して厳しい修行を積んだ
 僧侶だけがさとりを開き救われます。

したがって、
 修行をしたわずかな人が救われ、
 一般の人々は救われません。

釈迦の没後の、
 長い間この思想が定着していました。


★小乗仏教(小さな乗り物)という名称は、
 大乗仏教からつけた差別語なので、  
 最近では「上座部仏教(じょうざぶ)」といわれています

参考資料:上座部仏教とは?

★ 主要国 
 スリランカ、タイ、カンボジア、ラオス、ビルマなど・・・

小乗仏教での釈迦のあり方
 
小乗仏教では、
 さとりを開いた35歳以上の釈迦を崇拝します。


大乗仏教(だいじょうぶっきょう)
 
小乗仏教では
 修行をしたわずかな人しか救われず、
 一般の人々は救われません。

しかし、
 釈迦はすべての人々を救いたかったはずである、
 という思想のもとに誕生したのが大乗仏教です。

大きな乗り物で
 すべての人々を救う事を目的とします。

日本に伝えられた仏教は、
 すべてがこの大乗仏教を
 基本にしています。


教えの違いにより「
 顕教(けんぎょう)」と「
 密教(みっきょう)」とに分かれています。

★ 主要国 
 日本、中国、チベット、朝鮮半島など・・・

大乗仏教での釈迦のあり方

大乗仏教の仏とは、
 宇宙そのものであり、
 宇宙の真理とでもいうべき仏陀(宇宙仏)であります。
この仏陀が真理を説き、
 教えを説きます。
しかし、
 宇宙仏は姿、形が無く、
 そのままでは教えを説く事が出来ません。
そこで仏陀が人間である釈迦に姿を変えて
 この世に登場した、
 と考えられます。

顕教(けんぎょう)
 
 宇宙仏を毘盧遮那仏(ぶるしゃなぶつ)といいます。
 この仏さまは姿、形が無く、
  言葉で教えを説かれる事が無いので、
 「沈黙の仏」といわれています。

 そこで人々に教えを説く為に人間である釈迦を遣わされました。
 毘盧遮那仏の教え、
 つまり宇宙の真理を「如(にょ)」といい、
 ここからやって来た者という意味で釈迦の事を
 「如来(にょらい)」といいます。

「顕教」とは
 教えが言葉で顕されている事からこう呼ばれています。


密教(みっきょう)
 
宇宙仏を大日如来(だいにちにょらい)といいます。
 
この仏さまは、
 自ら教えを説かれる事から「雄弁の仏」といわれています。
密教は、
 釈迦を通じてその教えを聞くのではなく、
 直接大日如来から聞こうとしたものです。

しかし、
 その言葉は、
 私たちには理解する事が出来ません。
しかし、
 本当は、
 この言葉を聞く受信機を皆持っています。
ただ、
 受信機が煩悩(ぼんのう)の埃(ほこり)で汚れている為、
 教えを聞く事が出来ないのです。
埃を払い、
 心を清めて研ぎ澄ませば、
 教えを聞く事が出来るとしたのが密教です。

「密教」とは、
 なかなか聞く事の出来ない秘密の教えという意味です。
スポンサーサイト

縁起、四諦、八正道

釈迦の教えは、

 縁起、四諦、八正道

 から成り立っています。

 

縁起(えんぎ) 
 物事がお互いに関係しあっているという意味

釈迦は、
 人生は苦であり、
 
 苦の根本的な原因としは、
 「無明(むみょう、無知、迷い)」、
 無知である為に迷い、
 迷う為に物事に対して
 「愛(愛憎の念)」をもち、

 それに対して「取(執着)」し、
  執着する事で苦しむと考えました。

四諦、
 八正道でこの無明から抜け出す方法を説いています。

四諦(したい) 
 苦という人生の本質、

 苦の原因、原因の消滅、苦の原因を取り除く方法



苦諦(くたい)
 苦に関する真理。
 人生とは本質的に苦であると説いています。
 
集諦(じったい)
 原因に関する真理。
 人生が苦である事の原因を明らかにしている
 
滅諦(めったい)
 原因の消滅に関する真理。
 苦の原因である煩悩(ぼんのう)の消滅が苦の消滅です。
 
道諦(どうたい)
 道=実践(方法)に関する真理。
 苦の原因を取り除く方法を説いています

八正道(はっしょうどう) 
 道諦をさらに詳しく説いた八つの正しい道(方法)

この方法を修行を積む事により、
 煩悩(ぼんのう)をなくし、
 結果として苦を克服する事が出来ます。


正見(しょうけん) 
  我の意識を離れ、正しく物事を見る事。
 
正思惟(しょうしゆい) 
  正しく物事の道理を考える事。
 
正語(しょうご) 
  真実のある正しい言葉を語る事。
 
正業(しょうごう) 
  正しい行為。間違った行いをしない。
 
正命(せいみょう) 
  正法に従って清浄な生活をする事。
 
正精進(せいしょうじん) 
  正しく目的に向かって努力する事。
 
正念(しょうねん) 
  邪念を離れて正しい道を思念する事。
 
正定(しょうじょう) 
  正しく精神を集中して安定させる事。

釈迦

誕生

仏教の開祖釈迦は、
 紀元前五世紀ごろにインドで釈迦族の王子として生まれた。
本名は
 姓をゴーダマ
 名をシッダールタという。

釈迦という呼び名は、
その出身である釈迦族からとったものである。
のちに真理に目覚めてからは、
仏陀(ぶっだ)・
釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)
 (釈尊(しゃくそん))などと呼ばれる。



生涯

誕生 … ルンビニー園での誕生と生母の死
   (四月八日 花まつり降誕会(ごうたんえ))
出家 … 二十九歳ごろに宮殿を捨てて出家(結婚後一子をもうける)
苦行 … それから六年間の厳しい修行(断食と坐禅の日々)
成道 … 苦行の中止後に菩提樹の下で悟り(禅定の中で悟りを得る)
    十二月八日 成道会(じょうどうえ)
説法 … 鹿野苑という地で初めての説法
   (中道・縁起・四聖諦・八正道)
入滅 … 八十歳、クシナガラの地で
   (キノコまたは豚肉料理による中毒死)
    二月十五日 涅槃会(ねはんえ)
    頭を北、顔を西に向け横たわり入滅


仏教に関する言葉を含む故事・ことわざ

因果の小車 (いんがのおぐるま)

悪いおこないに対しては
 悪い報いがすぐにめぐってくるものだということ。
悪い原因があれば悪い結果が、
 小さな車輪がくるくる回るように
 すぐにめぐりめぐってくるの意から。


袖すり合うも他生の縁 (そですりあうもたしょうのえん)

道で見知らぬ人と
 袖がちょっと触れ合うようなささいなできごとでも、
 それは単なる偶然ではなくて
 すべて前世からの因縁によるもの。だから、どんなささやかな出会いもたいせつにせよということ。
「他生」は前世からの因縁の意で、「多生」とも書く。
また、
 「袖振り合うも他生の縁」
 「袖触れ合うも他生の縁」などとも言う。
 いろはがるた(京都)。


弁慶の立ち往生 (べんけいのたちおうじょう)

進むこともできず、
 かと言って退くこともできず、
 動きのとれないことのたとえ。
「往生」は死ぬこと。
 
衣川(ころもがわ)の合戦で、
 主君源義経(みなもとのよしつね)を守るために
 武蔵坊(むさしぼう)弁慶が、
 敵の矢を満身に受けながら、
 長刀(なぎなた)を杖(つえ)にして
 立ったまま往生したという伝説から。
〔例〕「弁慶と賢虚は立って往生し」(古川柳)


衣ばかりで和尚はできぬ (ころもばかりでおしょうはできぬ)

形だけ整っていても
 中身が伴わなければ
 ものの役には立たないというたとえ。

単に僧衣をまとっただけでは
 僧侶(そうりょ)にはなれない。
それなりの仏心を持たなければならないの意から。


納所から和尚 (なっしょからおしょう)

一足飛びに出世することのたとえ。
また、一足飛びの出世などはありえず、
 ものごとはそれなりの順序を
 踏まなければならないというたとえ。

「納所」は寺の事務をとる所で、
 下級の僧侶(そうりょ)のこと。
納所からいきなり和尚にはなれないの意から。



打たぬ鐘は鳴らぬ (うたぬかねはならぬ)

原因がなければ結果は生じない。
「打たねば鳴らぬ」とも言う。


牛に経文 (うしにきょうもん)

いくら説き聞かせてもききめもないことのたとえ。
「牛に説法、馬に銭」とも言う。
〔類句〕馬の耳に念仏。犬に論語。


習わぬ経は読めぬ (ならわぬきょうはよめぬ)

習ってもいないお経を

 読むことができないように、
 知らないことは
 いくらやれと言われてもできないということ。

〔例〕「習わぬ経を覚えたで孟母(もうぼ)越し」(古川柳)


豚に念仏 猫に経 (ぶたにねんぶつ ねこにきょう)

理解できない相手に、
 ありがたい教えや、
 ためになることをいくら言って聞かせても
 なんの効果もなく、
 むだであることのたとえ。

豚に念仏を、
 猫にお経を聞かせても、
 そのありがたみはわからないことから。
〔類句〕馬の耳に念仏/犬に論語/犬の前の説教


門前の小僧 習わぬ経を読む
 (もんぜんのこぞう ならわぬきょうをよむ)

毎日のように
 繰り返し見たり聞いたりしていると、
 習わなくても
 いつの間にか覚えてしまうということ。

寺の門前に住む子供は、
 いつの間にか聞き覚えて、
 習ったこともない経を
 読むようになるの意から。
 いろはがるた(江戸)。
〔類句〕勧学院の雀は蒙求を囀る


釈迦に説法 (しゃかにせっぽう)

あたかもお釈迦様に仏法を説くように、
 よく知り尽くしている人に対して、
 ものを教えようとする愚かさのたとえ。

「釈迦に説法、孔子に悟道」とも言う。
なお「悟道」は悟りを開く道の意。
また「釈迦に経(きょう)」とも言う。
〔類句〕河童に水練/極楽の入り口で念仏を売る


牛に引かれて善光寺参り
 (うしにひかれてぜんこうじまいり)

たまたま他人に連れられて、
 ある場所へ出かけて行くこと。
また、
自分の意志からではなく他人の誘いで、
 思いがけないよい結果を得たり、
 よい方面へ導かれたりすることのたとえ。
昔、信濃(しなの)(長野県)の善光寺近くに住みながら、
 信仰心など持ち合わせていなかったおばあさんが、
 ある日さらしておいた布を
 隣の家の牛が角(つの)にひっかけて
 走り出したのを見て、
 それを追っていくうちに、
 いつの間にか善光寺に駆けこみ、
 それが縁で深く信心するようになったという説話から。

なお「参り」は「詣り」とも書く。
〔例〕「よき牛があったで拝む善光寺」(古川柳)


敵は本能寺にあり (てきはほんのうじにあり)
ほんとうの目的が
 まったく別のところにあることのたとえ。

戦国時代、
 明智光秀(あけちみつひで)が
 備中(びっちゅう)(岡山県)の
 毛利(もうり)攻めに出向くと見せかけておいて、
 突如進路を変え、
 京都の本能寺で織田信長(おだのぶなが)を
 討ったという故事から。


鬼にもなれば仏にもなる
 (おににもなればほとけにもなる)

人間は相手しだい、
 出方しだいで、
 鬼のように恐ろしい存在にもなれば、
 仏のようにやさしい存在にもなるということ。


知らぬが仏 (しらぬがほとけ)

知っていれば腹の立つことでも、
 知らなければ怒ることもないわけで、
 仏のようにおだやかにしていられるということ。
また、実態を知らずに、
 のほほんとしている人をあざわらって言うことば。
いろはがるた(江戸)。
〔例〕「知らぬが仏間男が通夜をして」(古川柳)
〔類句〕見ぬは極楽知らぬは仏/聞けば聞き腹


仏作って魂入れず
 (ほとけつくってたましいいれず)

ものごとは、
 肝心の部分がおろそかにされると、
 結局はなんにもならないということ。
仏像を作っても、
 魂を入れなければ
 せっかくの仏像が仏像としての
 意味をなさなくなるの意から。

〔類句〕画竜天睛を欠く/九仞の功を一簣に虧く


嘘も方便 (うそもほうべん)

嘘をつくのはもちろん悪いことだが、
 時と場合によっては、
 ものごとを円滑に運ぶための手段として
 必要なこともあるということ。

「方便」は、便宜的な手段の意。
本来は仏教の教えで、
 一般大衆を救って悟りの世界へ導くためには、
 仏も便宜的な表現の手段を用いたということから。
〔類句〕嘘も世渡り


馬の耳に念仏 (うまのみみにねんぶつ)

いくら意見や忠告をされても、
 当人はなんとも感じず、
 まるっきり効き目のないことのたとえ。

ありがたい念仏を馬に聞かせてみても、
 馬はなんとも感じないことから。
英語では「Sing (whistle) psalms to a dead horse.
死んだ馬に賛美歌を歌って聞かせる」と言う。
〔例〕「馬の耳蛙(かえる)のつらに母こまり」(古川柳)
〔類句〕馬耳東風(ばじとうふう)
 /馬の耳に風/犬に論語/蛙の面に水

釈迦

釈迦(しゃか)

釈尊、仏陀とも呼ばれ、一般的にはお釈迦様と呼ぶ。

仏教の開祖として有名である。

釈迦というのは一族の名称で、
 名をシッダールタという。

その生没年は
 前463-前383年、563年-483年など
 諸説があって定まってはいない。

尚、80歳で亡くなったということは定説のようである。

釈迦は
 現在のネパールとインドの国境沿いにある
 カピラバストゥという小国に王子として生まれ、
 
生後7日目に母を失ったが、
 叔母によって育てられて
 物質的には
 何一つ不自由のない生活を送り、

王族としての教養や技芸には
 どれも精通していたという。

16歳の時には
 婚姻をして一子を儲けるなど
 幸せの絶頂にいるかと思われた釈迦だが、

その実、
 世の無常を思って
 心は常に深い悲しみに満たされていた。

17歳の時に城の東西南北の門から外出すると、

 東門では老人に、
 南門では病人に、
 西門では死者に遭遇し、

 最後に
 北門から出たときに修道者に出会ったことで

 自らの進むべき道を予見することになった。

時が経って29歳の時、
 長年の志を決して妻子に別れを告げ、
 一人の従者と共に城を抜け出して
 
マガダ国において
 修道者の生活へと身を投じ、
 当時有名であった
2人の仙人を尋ねて
 教えを請うたが満足できず、

次いで
 他の修道者と共に6年の苦行に励んだが、
 釈迦はその苦行にも何ら得るものを感じられなかった。

苦行による悟りに
 疑問を感じた釈迦は
 他の修道者と決別し、

35歳の時に
 一人菩提樹の下で坐禅を敢行した。

昼夜座って瞑想を続け、
 自己を徹見した。

こうして坐禅を続けるうちに49日が経ち、
 釈迦はその心に静寂を得た。

いわゆる大悟である。

悟りを得た釈迦はまず、
 自分を追いかけて修道へと入り、
 そのまま苦行を続けている5人の修道者に
 その教えを説いた。

釈迦のことを
 苦行から逃げたと蔑んでいた5人であったが、そ
の説法を聞いているうちに共鳴し、
 釈迦の下に帰依することになった。

その後、
 この5人と共に方々で教えを説き、
 自ら模範を示して教導したので
 人々は続々とその下へと集まるようになった。

その教化は
 有力な教団から王族、大商人にまで及び、

経済的な援助を申し出る者も現れて
 その説法場所として
 コーサラ国祇園精舎が、

E037map.gif


※祇園精舎(ぎおんしょうじゃ、
 正式名:祇樹給孤独園精舎、ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ)は、
 中インドのシュラーヴァスティー(舎衛城)にあった寺院で、
 釈迦が説法を行ったとされる場所。

※『平家物語』冒頭部分です

 祗園精舎の鐘の声、
 諸行無常の響きあり。
 娑羅双樹の花の色、
 盛者必衰の理をあらは(わ)す。
 おごれる人も久しからず、
 唯春の夜の夢のごとし。
 たけき者も遂にはほろびぬ、
 偏に風の前の塵に同じ。

口語訳

 祇園精舎の鐘の音には、
 諸行無常すなわちこの世のすべての現象は
  絶えず変化していくものだという響きがある。
 沙羅双樹の花の色は、
 どんなに勢いが盛んな者も
  必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。
 世に栄え得意になっている者も、
  その栄えはずっとは続かず、
 春の夜の夢のようである。
 勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、
 まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。



 マガタ国には竹林精舎が建てられた。

仏教の教義は
 当時の主流であった
 バラモン教のカースト制に代表される
 教義と相容れない部分が多く、

 仏教の勢いが増してくると
  迫害を受けることもあったという。

釈迦は
 悟りを開いた35歳からの45年間を
 人々の教化に費やし、
 80歳の時に故国へと向かう途中に
 食中毒を起こして死去したとされる。

死の際には
 2本の沙羅双樹の花が傍らに咲いていたという。

※さらそうじゅ【娑羅双樹】
フタバガキ科の常緑高木。
 インド北部原産で、
 日本では温室で栽培される。
 幹は高さ30mに達する。

材は堅く、くさりにくく、
 インドの代表的有用材で、
 建築材、枕木、橋梁、カヌーなどに用いる。
樹脂はサール‐ダンマーといい、
 ワニスや硬膏の原料になる。

釈迦が入滅した場所の四方に、
 この木が二本ずつ植えられていたという伝説からこの名がある。
 しゃらそうじゅ。さらのき。さらじゅ。しゃらじゅ。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: