スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームワークとは

なぜ、今「チームワーク」が求められるのか?

日本人は昔から、協調性に優れた国民だといわれてきました。
しかし、最近はあうんの呼吸で培われた
「空気を読むチーム」が通用しない場面が多くなってきました。


例えばグローバル化。
日本だけでなく海外の人と一緒に働く職場が増えています。
例えばワークライフバランスの重要性。ライフステージに応じて
個人の働き方はより多様化していく傾向にあります。


こうした中、これから一層必要とされていくのは、
「個人」ではなく「チーム」で仕事をする視点ではないでしょうか。


チームの成果を最大化するためには、
 ひとりひとりが自分の役割の中でスキルを発揮し、
 リーダーシップを持ってチームを引っ張っていく必要があります。
ですが、協調性という名の下に、メンバーのスキルアップがなおざりにされています。


仕事で成果を出すことが難しくなる中、
 必要なのは「チーム」という視点で新しい成果の生み出し方を再考することです。
絆やつながりを超えた「新しいチームワーク」の考え方が、
 今脚光を浴びています。



チームの定義

チームとは、ある目標に向かって集まった組織体のことを指しています。

チームワークとは、目標を達成するために、チームメンバーで役割を分担して協働することです。

チームの成立条件
 1.達成すべき明確な目標の共有
 2.メンバー間の協力と相互依存関係
 3.各メンバーが果たすべき役割の割り振り
 4.チームの構成員とそれ以外との境界が明瞭


チームに必要な5つのポイントと、チームワークの4つの効果

チームワークを発揮するために必要なものが5つあります。
1.明確な目標
  ゴールは何か
2.役割分担
  メンバーそれぞれ何ををするのか
3.自律
  一人ひとりが積極的に参加しているか
4.情報共有
  全員が同じ情報を共有できているか
5.実行力
  議論をして結論を一つにまとめられる

ちなみにチームワークが良くなると、どんな良いことがあるのでしょうか。
   「効果」「効率」「満足」「学習」

ドイツの学者によると、チームのアウトプットには
 「効果」「効率」「満足」「学習」の4つがあると言われています。
目に見えやすい「効果」「効率」だけでなく、
 メンバーの「満足」「学習」もチームワークのアウトプットだといわれている点が特徴です。
良いチームで仕事をしたときの自分の満足感や学んだ気持ちは、
 アウトプットの1つといえるでしょう。
スポンサーサイト

現場の改善はチームワークから生まれる

「チームワーク」

ラグビーの伝統ある関東対抗戦では長らく早稲田・明治・慶應の3大学の独壇場でしたが、
 これに対抗してリーグ戦で勝ち残る道が開けました。
そこに登場したのが日体大の小柄ラグビー部員としてレギュラーの席を獲得した春口廣氏でした。
その後、彼は小さな部でありましたが関東学院ラグビー部監督に迎えられました。
春口監督は前向きで部員の良いところを上手に引き出し、愛情を持って育て、目標意識を徹底しました。
そして、レギュラー選手だけでなく総勢100名全員のチームワークで試合に勝つというのが春口監督の姿勢です。
優勝戦の前日、冬の大雪には選手以外が総出で雪かきをして試合ができるようにしたのです。
その結果、関東学院大学は優勝の栄冠を手にしました。
3強の関東大学戦の中で、彗星のごとくに出現した春口監督のチームは
 1997年に明治を破ってより通算6度の優勝を決めました。
チームワークはチームワークすることによって、そのチームに生み出され、根付くのです。


チームワークはチームワークすることによって、そのチームに生み出され、根付くのです。
 
1.働く人がレーバー化しているのをワーク化する  
   人のあらゆる活動の仕方は、観察すると外から見た形は同じでも、二種類の活動に分けられます。
 
 レーバー:奴隷的・機械的活動。やらされている気持ちが強い。
 ワーク :人間的・創造的活動。自ら目標を立てて実行できる。

2.「ワーク」とは  
 その活動をしたいという目標を自ら立て、
 それを達成するために、自ら計画・実行し、
 その結果をみて、足らないところがあれば、さらにやり直してがんばるという活動の仕方です。

このような活動をすると、
 人間は生命の充実感を感じ、人間的活力、
 すなわち 苦難に耐える能力、創造的で進取的な態度、倫理的責任感などが高まってきます。

3.「レバー」とは
  集団活動では、上司が図の点線から上の部分の目標の設定、計画の立案、評価の仕事を行い、
 部下は点線から下のように、上司の命令・指示通りに実行するだけです。

 このようなレーバ的な活動の仕方は機械や奴隷、家畜の動きと同じで、
 人間はこのように活動させられると、人間は確実にダメになります。
 仕事がつまらなくなり、無気力になり、あるいは、不信感、反抗心が高まっていきます。

4.チームのなかでこそワークできる  
 チームワークを生み出す能力というのは、
 みんなと力を合わせて問題を解決する能力、もしくは、生きる能力といってもよい。  
 ワークは一人で勝手に活動する場合にはできるが、集団活動のなかではできるはずがないというのです。
 価値観や個性のちがう人たちが、その個性にもとづいてワークをすれば、集団活動がバラバラになってしまう。

 だから、
  一人のリーダーが一つの目標と計画をたて、それにしたがって各人をレーバーさせてこそ、
  集団(チーム)は成りたつのではないか。
 というのが一般的な考え方です。

集団活動を民主化すれば何とかなるのではないかと考え、
 会議方式を取り入れ、
 みんなで実効策を決めて実行しても、みんなが、おもしろくならない。
やっぱりレーバー的活動にしてしまう。
だから、集団活動の実績もさがってしまう。
どうやってみても、集団活動ではレーバーをせざるをえないのではないか。

しかし、
世のなかには、数は多くないけれども、みんながすばらしいワークをしている集団活動が、現に存在します。
相対的に、みんなが心をかよわせ合い、
 活発に活動して実績のあがっている集団がある一方、そうではない集団がある。

チームワークという言葉があります。
この言葉こそ、みんながワークしている集団活動を意味し、
また、そのような活動が、可能であることを示しています。

5. 1+1 が 3 にも 4 にもなる

チームワークとは、
 その集団を構成する一人ひとりがワークして、しかもバラバラになることなく、
  それどころか強固に団結し、たがいに助け合い、補完し合い、
  1+1が3にも4にもなるような力を出す集団活動のことです。
 
 このことが成立するためには、
  その集団が達成しようとする個々の具体的な課題に関して、
  集団全員がその心の中に、
 図表-1:「共通の目標」にあるような共通の目標をもつようにすることです。

 目標は、あくまでも個人個人の主体的なものだけれども、
  それらを集団全体の目標として一つのものにすることができなければ、チームは決して成立しないのです。

共通の目標
 このためには、リーダーの役割が重要になります。
 集団の課題達成において努力すべき要点はなにかと言うことを、
  リーダーが全員といっしょになって話し合いながら考えだし、
  集団全員が共通の理解(知覚)をすることが必要です。
 その理解が各人の心に共通の目標意識となって現れてくるのです。

努力すべき要点
 
ある課題達成において努力すべき要点はなにか?
 まず、その課題にかかわる現状を、
  よく見て調べることから始めなければなりません。

 こうして得られた個々の「ありのままなる事実(=データ)」をすなおに組み立てていくと、
  情況全体の要点(本質)を見出だすことができるのです。 これが考えるということです。

 この現状を、よく見て調べるというプロセスをみんながいっしょに、
  一歩一歩、着実に進めて行けば、
  見出された要点は、みんなして挑戦すべき共通の目標として、各人に把握されます。
 
 これが大切なプロセスです。
 このような話し合いを「ミーティング」と呼びます。
 そこで行われる思考プロセスのことを「チーム発想」と名付けます。

ここでいう「ミーティング」と
 一般の企業で行われている会議とは、異なります。
 
一般の会議は、
 実効策をみんなで決定するために開かれます。
 ですから、
  会議では、各人それぞれに考えずみの答え(実効策)をぶつけあって、
  どれが正しいかを論じ合うことになります。

この会議のやり方では、
 会議のテーブルは、自分の考えにとらわれたエゴのぶつかり合いとなり、
 妥協か、取引きか多数決でなければ、まとまりがつかなくなります。

会議とミーティングとは、
 人々が集まって話し合うという点で一見似ているけれども、
 それぞれの目的も、話し合いのしかたも、集団活動におよぼす影響も、まったく別個のものです。

今日、
 一般の企業で行われている会議にもとづく民主的マネジメントは、
 決してチームワークをうみだすものではありません。
 このことは、広く誤解されていることです。

 ミーティングは先にのべたように、
  事実認識のデータから出発して、課題達成のための要点はなにかを、
  みんなで考えだそうとするものです。

 そればかりではなく、実効策のアイデアをみんなで話し合い、
  それらをデータとして、いわば、行動の要点をチーム発想する場合もあるのです。
 この実効策のミーティングでは、
  実効策をアイデアとして、全員で受け入れ、
  それらを原材料として、行動の要点をみんなで考えだすのです。

 現状の要点を考え出すことによって生まれてくるものとどうように、
  行動の要点を見出すことによって生まれてくるものが目標であり、実行方針であって、実効策ではない。
 ミーティングでのチーム発想では、
  実効策を話し合うことがあっても、それを議決することはないのです。

6.実行者が実効策をたてる  
 ミーティングをへて、課題達成のための要点が全員にひとしく理解され、
 各人の心に共通の目標が生まれた時、
 チームははじめて、その目標を達成するための計画・実行段階に入ります。

 この段階で最も注目すべき点は、チームワークでは実効策の策定とその実行とは、
  原則的に切り離し得ないプロセスです。 実行者がみずからの実効策をたてるのがたてまえだという点です。

 従来のやり方では、実効策を策定するのは上役であり、実行者たちは、
  上役の命令通りに、与えられた実効策を実行させられます。

 チームワークにおいても、リーダーは厳然として命令します。ですが、その命令は、

 第一に 計画・実行段階に入ることの決断です。
 第二に 計画・実行分担者の任命です。

チームワークにおいては、
  すでにリーダーを含めて全員に共通に実行方針が明確に把握されているので、
  それ以上にリーダーが、具体的な実効策までを策定し、命令する必要はないのです。

 実行に移るためには、失敗の可能性に対する覚悟が必要であり、
  一身にその責任を負って勇気ある決定を行うことは、 責任者以外になしえない、最高の任務だからです。

 また、各人の適性をよく見て、実行分担者を選定することも、
  責任者以外になしえぬ重要任務なのです。

 さて、計画・実行段階においても、チームは時々ミーティングを持ちます。
 これは、リーダーおよび、
  各実行分担者間の連絡調整のために開かれるのであって、チーム発想のためではありません。
 この種のミーティングも当然、あり得るのです。
 実行を終えれば、最後に、また、ミーティングを開き、みんなで実績を評価します。
 この時も、やはり、みんなでということがポイントです。
 実績のデータをミーティングで示し合い、
  評価するというよりも、みんなで味わい合うような感じに持っていきます。
 このプロセスが、チームワークとして欠くことのできないしめくくりです。

 
チームワーク
 このチームワークの理論をとなえた人は、
 故人になられた小林 茂氏です。


 彼は、ソニー厚木工場長、常務取締役を歴任され、退職後は、
  組織革新研究会を主宰され、
  芦ノ湖学校を開いて、多くの日本企業のリーダーにチームワークを教えられた人です。
 私も昭和52年10月に参加し、
  その後、同チームワークに傾倒し、
  2回リーダーとして招へいを受けて参加し、
  小林茂氏の感化を受けた一人です。 記:長谷川好宏

チームワークと仲良しとは関係がない

目的意識を共有した時からチームワークがスタートする

あなたは自分の職場をどう見ていますか?

 (1) チームワークが良く、みんな仲良しである 
 (2) チームワークは良いが、必ずしも仲良しとは言えない
 (3) みんな仲良しであるが、チームワークはあまり良くない

 あなたの職場は、この(1)(2)(3)のどれに当てはまりますか? まさか、

 (4) みんなの仲も悪く、チームワークも良くない
    というようなことはないでしょうね。


チームワークとは何でしょうか

チームワークとは何でしょうか?
 判っているようで改まって聞かれると困ってしまいませんか。

 チームとはある目的を達成するために集まった2人以上の集まりです。
 
 将棋をするため、楽しむために集まった2人は
  仲良しも知れませんがチームではありません。

 
 机を運ぶためという目的で呼ばれた2人は
  集まった瞬間からチームなのです。


 ワークとは、
  See→Think→Plan→Doの輪を回しながら仕事をすることです。

 誰かが考えたことを、指示された通りにやらされているのは、
  レーバーであってワークではありません。
 
※人のあらゆる活動の仕方は、
   観察すると外から見た形は同じでも、
   二種類の活動に分けられます。

 レーバー:奴隷的・機械的活動。やらされている気持ちが強い。
 ワーク :人間的・創造的活動。自ら目標を立てて実行できる。


レーバーが仕事だと思っている人は、
  仕事の結果に責任を持ちません。
 「結果が悪かったのは指示した方が悪い、
  自分はいわれた通りにきちんとやったのだから」と考えています。

 チームワークとは
 目的を共有した2人以上のグループが目的達成のために、
 S→T→P→Dの輪を回しながら仕事をすることです。

チームワークを良くするために

 チームの責任者になると、チームの状態が気になります。
 集まりが悪い、話が活発化しない、仕事が進まない、仲が悪い--など。
 大抵の場合、まずコミュニケーションを良くしようと考えて、
  会食をしたり、レクリエーションをやったりしませんか。

 私は35才の頃、人事からの依頼で合唱団の部長をやることになりました。
 会社の仕事とは違いますから、合唱団をやめても会社をクビになるわけではありません。
 面白くなかったら練習に来なくても、仕事が忙しいといえば誰も文句のつけようがありません。

 部長になってまもなく、指揮者とマネージャーが転勤してしまいました。
 合唱団の指揮者がいなくなり、
  ベテランの部員が代行して練習をやってはいましたが、
  練習の集まりが一時の半分以下になってしましました。
 何とかしようと、
  ハイキングをやったり、いろいろ理屈をつけて会食をやったりしたのですが、
  何をやっても集まりは悪く、練習の時よりも少ない人数しか集まりませんでした。

 半年ほどして、新進気鋭の指揮者が工場から転勤してきました。
 彼が熱心に指導するようになり、歌う曲も難しくなり、
  団員に対する要求もだんだん厳しくなってきました。
 難しく、厳しくなるほど、練習に集まる団員の数が増えてきたのです。

 合唱団に活気が出てきました。
 その勢いにのって、合宿や旅行の計画が団員の中から企画されるようになりました。
 行ってみると団員だけでなく、入団予備軍という人達も何人か参加しており、
  いつもの練習の参加者よりも多い位です。
 元気が溢れて、その結果として、レクリエーションなどが企画されると、
  部外者にもそのエネルギーが伝わり、楽しいと思えることには人が集まってくるものだと思いました。

 ノミニケーションだけではチームワークは良くならない。
 目的をもって集まったグループ(チーム)は、
  その目的にそった形で引張らなければ、決して活性化しないことを知りました。


目的が難しいほどチームワークがうまくできる

 チームワークは目的が明確で、難しい方がうまく回ります。
 メンバーが勝手に動いていても簡単にできてしまうような仕事ではチームワークを必要としないのです。
 
例えば、二人で荷物を運ぶ仕事を考えて見ましょう。

 二人が上司に呼ばれて「このテーブルを物置に運んでくれ」と頼まれたとしましょう。
 
A見ると一人で簡単に持てるような軽い小さなテーブルです。


 こんな場合はチームワークを発揮する余地はほとんどありません。
 どちらかが「俺がやっとくわ」と言ったら、「そんなら宜しく」で仕事が済んで終うのです。


B「この机を物置に運んでくれ」と重そうな机を示されたら、

 二人で力を合せなければ運ぶことはできません。
 どちらかがリーダーとなり、
  合図を出して気を合せなければ、持ち上げることもできません。
 これがチームワークの基本です。
 もっと重かったら、
  二人で相談して、手押し車など簡単な道具をつかうことも考える筈です。



Cところが、とても処理できそうにもない大きな機械を
 「今すぐ倉庫に片付けろ」と言われた


 二人は、「今すぐと言われても、とても無理です」とことわってくるに違いありません。
 目的の達成が不可能だと思ったら、
  人はあきらめてしまい動こうとしないものです。

 
ちょっと頑張ると達成できそうな目標は
 チームワークを発揮しやすい
 
いくら頑張っても達成できそうもない目標(高すぎる)は
 目標の達成がとても不可能だとメンバーが感じ
 逆にチームワークはがたがたになってしまうものです。


 こんな場合は、チーム内の論議が、どうやって解決していくかの議論でなく、
  できない理由探し、責任逃れの悪者探しになってしまいます。
 こうなったら、もうチームワークはどこかへ行ってしまい、
  仕事の成果は何も期待できなくなってしまうのです。



チームワークと仲良しは関係がない

 メンバーの仲が良いに越したことはありませんが、
  チーワークはメンバーの仲の良さとは関係はないのです。
 チームの他のメンバーの仕事が信頼できず、
  いつも気にしていたのでは自分の仕事にもミスがでます。

チームワークとは
  メンバー一人ひとりがチームの目的達成のために、
  皆でつくり、皆が承認した行動計画に従い、
  他のメンバーの仕事を信頼した上で、
  他のメンバーの仕事を視野にいれながら、
  自分の仕事をきっちりやっていくことです。

グループとチームの違いは?

グループとチームの違いです。

グループとは
 目的の有無を問わないただの集団であり、
 人が集まったものに過ぎません。

チームとは、
 ある目的を達成するために集められた人(チームメンバー)の集団であり、
 メンバーがそれぞれの役割を果たすことで
 チームの目的達成に貢献する集団です。

つまり、
グループとチームの違いは、
 ①チームの目的があるか、
 ②メンバーが役割を持っているか
 の2点だと思います。

グループをチームにするには
 何が必要なのでしょうか?

 ①チームの目的を共有すること、
 ②メンバーに役割を意識させること、
 ③メンバーに役割(仕事)を任せる

 ことの3点だと思っています。

まず、
 ①のチームの目的を共有することについては、
  チームとして達成すべき目的を共有し、
  そのために何をしなければいけないかを認識してもらうことで、
  チームとしての役割の存在を認識してもらう必要があります。

次に、
 ②メンバーに役割を意識させることについては、
  メンバーのそれぞれに役割を割り振ることで、
  自分がチームのためにやるべきことを認識してもらいます。

最後に、
 ③メンバーに役割(仕事)を任せることについては、
  自分がチームのためにやるべきことについて一任することで、
  責任感をもって役割を果たしてもらいます。

しかし、
 ②の役割について、
  役割を持つところまでは良かったのですが、
  役割がきちんと果たされておらず、
  形骸化してしまっているところも見受けられたように思います。

 きちんと仕事を任せて責任感をもってもらい、
  かつ離れて仕事の進捗を確認することで
  形骸化するのを防ぐ仕組みを創ることが重要であると考えています。

チームとは

チームとは
ただの人の集まりとチームではこんなにも違う。

そこで目指すゴールは、
 簡単なものではありません。
簡単なゴールへ向かうことは、
 チャレンジではなく、ただの作業であり、
 
ただの作業では
 思いは一つにならないからです。


ただやればできることのために、
 チームは必要ありません。

チームは
 困難にチャレンジし、
 それを乗り越えて行く
 本気の集団なのです。


周りから「絶対に無理だ」と言われようが、
 その実現へ向けて本気でチャレンジしていきます。
そして、それを成し遂げていくのです。


整理すると、
 
チームは
 以下の3つの条件を満たす組織です。


チームの条件
 1.簡単には成し得ない明確なゴールを共有している。
 2.仲間がゴールへ向かう思いを一つにしている。
 3.何があろうとも成し遂げようとする強いコミットメントがある。


みなさんのチームはいかがですか?


グループとチームの違い
ただの人の集まりとチームではこんなにも違う。

よく、
「グループはチームではない」と言われます。

私たちは便宜上、
 
グループを
 『人の集まりを集団として捉えたもの』、

そしてチームを
 『仲間が思いを一つにして、
  一つのゴールに向かって進んでいける組織』
 として区別しています。

チームも人の集まりですから、
 グループでもあるわけです。
また「スタディグループ」や会社などの組織構成の中で言うグループは、
 明らかにただの人の集まりではありません。

きちんとした目的を持った集団です。

チームも、
 実際にはチームと呼ばれながら
 チームとして機能していない場合もたくさんあります。
日常的に見られる言葉の運用は、
 このようにばらつきがあるので、
 定義に固執しなくとも問題ありません。

しかし、
機能するチームとただの人の集まりであるグループを比較した場合に、
 明らかに大きな違いがあります。

チームの特徴は・・・
 1.その目的やゴールを楽しんでいる。
 それらのゴールをチーム内で共有できている。
 2.給料などの二次的な報酬以上に、
  チーム活動から得られるやりがいや達成感を感じている。
 3.「失敗しないこと」ではなく
  「達成されるゴール」に焦点を当てている。
 4.メンバー間の意見の衝突を恐れない。
  その中から価値が生まれることを知っている。
 5.それぞれが、
  それぞれの責任をきちんと果たすことに誇りを持っている。
 6.集団の中で個人個人が尊重されている。
 7.お互いに対する敬意がある。
 8.集団のための自己犠牲を美徳としない。
  誰も犠牲になってはいけない。

 
 こういったことをあげると、
  ただの理想論のように見えてしまうかもしれません。

しかし、
 こういった理想のチームが実際に活躍しています。
 まずはただの理想でも良いのです。
 いかにそれを自分たちの組織で再現するかを考えるところからでも、
 チームビルディングを始めていくことができます。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: