七福神

七 福 神 の 由 来

七福神とは、
 大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、
 寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、
 布袋尊(ほていそん)の七つの神様の総称です。

「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、
 七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、
 七つの幸福が授かると言われています。

七福神の信仰は、
 室町時代の末期のころより生じ、
 当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。

特に農民、漁民の信仰として成長し、
 現代に今も生き続けてきたのです。


え び す て ん

七福神中で唯一の日本の神様。
いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、
 満三歳になっても歩かなかったため、
 船に乗せられ捨てられてしまい、
やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、
 信仰のはじまりと伝えられている。
左手に鯛をかかえ右手に釣竿を持った親しみ深いお姿の、
 漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。


だ い こ く て ん

大黒天は、
 大自在天の化身ともいわれ、
 大国主命と神仏習合したものである。
一度仏となったが、
 人々に福徳を授けるために再びこの世に現れたという。
大地を掌握する神様(農業)でもある。
大きな袋を背負い、
 打出小槌をもち、
 頭巾をかぶられた姿が一般によく知られていて財宝、
 福徳開運の神様として信仰されている。

 
び し ゃ も ん て ん

毘沙門天は、
 四天王の一仏で、
 別名「多聞天」といい、
 七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、
 右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている。
七福神では、
 融通招福の神として信仰されている。


べ ん ざ い て ん

弁財天は、
 七福神の中で、唯一の女神で、
元はインド河(水)の神であったが、
 やがて音楽の神、言語の神となり日本に伝わった当初は、
 弁才天と呼ばれた。
その後、
 財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天といわれるようになり、
 財宝を授けてくださる神へとなったものである。
知恵財宝、
 愛嬌縁結びの徳があるといわれている。

 
ふ く ろ く じ ゅ

福禄寿は、
 名前は、幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、
 中国、道教の長寿神。
南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、
 人々の信仰を集めたといわれる仙人である。
長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢 千歳という。
長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、
 左手に宝珠、右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴である。
招徳人望の神様として信仰されている。

 
じ ゅ ろ う じ ん

寿老人は、
 福禄寿と同じく星の化身で、
 にこやかな微笑みをたたえ、
 手には巻物を括り付けた杖、
そして団扇や桃などを持ち、
 鹿を従えた姿が一般的に知られている。
団扇は難を払い、
 桃は長寿のしるしで、
 鹿もまた長寿の象徴である。
長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。

 
ほ て い そ ん

布袋尊は、
 弥勒菩薩の化身といわれ、
 いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、
 大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、
 信仰の厚い人に与えられたという。
笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。


スポンサーサイト

大府七福神

大府七福神

古来から庶民信仰のうちでも七福神は、
 お祝いごとには必ずといってよいほど顕現され、
日本、中国、インドの神々がうちつれて
 人々に幸運をもたらすといわれます。
どうぞ、大府七福神を巡拝されて福運をお授かりください。

※けん‐げん 【顕現】
 はっきりと姿を現すこと。
 はっきりとした形で現れること。
※うち‐つ・れる 【打(ち)連れる】
 みんな一緒に連れ立って行く。そろって行く。
※じゅん‐ぱい 【巡拝】
 各地の社寺を参拝して回ること。


大府七福神のお勧めの巡拝コースは、
 大日寺→地蔵寺→浄通院→光善寺→賢聖院→普門寺→地蔵院です。


大府七福神

①大日寺
 大府市月見町5-251 (0562)46-4112
 
寿老尊天 光明山
 杖と巻物を携えた壽老尊は、
  長命長寿円満の神様として信仰されています。


②地蔵院
 大府市中央町6-59 (0562)46-0480
 
福禄寿尊天 永光山

 長頭白髪の老道士のお姿で親しまれる神様で、
  幸福、高禄、長寿を祈願します。


③浄通院
 大府市追分町3-12 (0562)46-0715
 
恵比寿尊天 慈雲山
 商売繁盛のご利益があると伝えられます。


④光善寺
 大府市北崎町不二塚22 (0562)46-4004
 
弁財尊天 萬秀山
 七福神の中で唯一の女神、女性の幸運を願う神様です。
 「禍を転じて、福となす」の霊験あらたかなりといわれています。

⑤賢聖院
 大府市北崎町北屋敷22 (0562)46-1454
 
布袋尊天 北嶌山
 七福神の中で唯一実在した人物で、
 十世紀の中国の禅僧でした。
 愛憎や貧富に縛られない広大無辺の心、
 福徳を授けてくださいます。


⑥普門寺
 大府市横根町石丸95 (0562)46-0164
 
大黒尊天 海雲山
 開運招福、商売繁盛を祈願します。


⑦地蔵寺
 大府市長草町本郷40 (0562)46-1963
 
毘沙門尊天 延命山
 多聞天とも呼ばれて、
  各種の厄災を除き悩みを聞いてくださる神様です。
 特に財宝を守り、
  お金を授けてくれると信仰する人が多い神様です

補陀洛山寺

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)  
 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜の宮348

那智の浜の近く、
 那智駅から徒歩5分ほどのところにある補陀洛山寺。

神社のすぐ隣にお寺がある!
 不思議に思われる方もおられると思いますが、
 かつて熊野ではこれが普通でした。

熊野は神仏習合の聖地。
熊野信仰は、
 神道や仏教や修験道が混然一体となり、形作られていたのでした。

 
明治の神仏分離、
 廃仏毀釈により、
 熊野でも多くの寺院が排され、
 神道化していきました。

 ここではその神仏習合の名残を見ることができます。

補陀洛山寺は、
 浜の宮王子の守護寺で、
 那智権現所属の七ヶ寺の本願のひとつ。

那智権現の末寺のひとつでした。
天台宗に属し、
 山号は白華山。
本尊は
 十一面千手観音。
本尊は重要文化財に指定され、
 平安後期の作と伝わっています。

明治初年、那智山で神仏分離が行われるに際して、
 那智山の仏像仏具類は、
 この補陀洛山寺に移されたそうです



補陀落渡海とは?
この補陀洛山寺は
 「補陀落渡海(ふだらくとかい)」の出発点だったことで知られています。

「補陀落」とは 
サンスクリット語の「ポタラカ」の音訳で、
 南方の彼方にある観音菩薩の住まう浄土のことをいい、
 『華厳経』にはインドの南端にあると説かれているそうです。

観音信仰の流布とともに、
 チベットや中国にも補陀落は想定されました。
チベットでは
 ラサ北西に建つ、
 観音の化身ダライラマの宮殿をポタラ(補陀落)宮と呼び、
 中国では舟山諸島の2つの島を補陀落としました。

日本においては
 南の海の果てに補陀落浄土はあるとされ、
 その南海の彼方の補陀落を目指して船出することを「補陀落渡海」といいました。
 
日本国内の補陀落の霊場としては那智の他に、
 高知の足摺岬、栃木の日光、山形の月山などがありましたが、
 記録に残された40件ほどの補陀落渡海のうち半数以上が熊野那智で行われています。
熊野は
 補陀落渡海の根本道場といってもよい場所でした。

話が逸れますが、日光について。
日光は昔、
 フタラと呼ばれ、「二荒」と書いていたが、
 それをニッコウと音読みし、
 それから「日光」の字が当てられたと伝えられていますが、
 そのそもそものフタラとはフダラクから来ています。
 
また、
 日光山は鎌倉時代初期、
 熊野で修行した弁覚が中興し、
 熊野修験の修法を大幅に取り入れたといわれています。

渡海上人
 この那智の浜からは
  25人の観音の信者が補陀落を目指して船出したと伝えられています。
 境内にある石碑に、
  それらの人々の名が刻まれています。
 平安前期の貞観十年(868)の慶龍上人から
 江戸中期の亨保七年(1722)の宥照(ゆうしょう)上人まで25人。
 平安時代に5人。
 鎌倉時代に1人。
 室町時代に12人(そのうち11人が戦国時代)。
 安土桃山時代に1人。
 江戸時代に6人。


寺の裏には渡海した僧たちの墓が残されており、
 墓碑には「勅賜補陀落渡海○○上人」と記されています。

『平家物語』では
 平重盛の嫡男 平維盛が補陀落渡海をしており、
 その供養塔もあります。

補陀落渡海をした人物として、
 鎌倉幕府の正史『吾妻鏡』には鎌倉武士
 下河辺行秀(しもかわべゆきひで)があります。

 下河辺行秀は源頼朝の家臣。
 下野(しもつけ)の国の那須野で頼朝が狩りを催したとき、
  勢子に追われて、大きな鹿が1頭、飛び出してきた。
 
 そこで、
  行秀が命じられ、矢を射たが、鹿には当たらなかった。
 逃げる鹿を別の人間が射、見事、射当てた。
 
 行秀はこの恥辱に耐えかね、
  その場を逐電、行方知らずとなった。
 それからしばらくして、
  行秀が熊野で法華経を読んでいるとの噂が立つ。
 そして、行秀が那智の浜から補陀落渡海を行ったとの書状が鎌倉に届いた。



補陀落渡海の方法
補陀落渡海の多くは11月、
 北風が吹く日の夕刻に行われたそうです。
渡海僧は当日、
 本尊の千手観音の前で読経などの修法を行い、
 続いて隣の三所権現を拝し、
 それから船に乗りこんだのでしょう。

渡海僧が乗りこんだ船を復元したものがお寺の境内にある建物のなかに展示されています。

奇妙な形をした小さな船です。
船の上には屋形が作られています。
それからその屋形の前後左右を4つの鳥居が囲んでいます。

この渡海船の上に立つ4つの鳥居は
 「発心門」「修行門」「菩薩門」「涅槃門」の四門を表わしているのでしょう。
修験道の葬送作法によると、
 死者はこの4つの門をくぐって浄土往生すると考えられています。

渡海船に立てられた4つの鳥居は、
 渡海船がそのまま葬送の場であることを表わしているのでしょう。
展示されている船には帆は掛けられてはいませんが、
 船出の折には白帆があげられました。

渡海僧は、
 30日分の食料と灯火のための油を載せて、小さな屋形船に乗りこみます。
渡海僧が船の屋形のなかに入りこむと、
 出て来られないように扉には外から釘が打ちつけられたそうです。
渡海船は、
 白綱で繋がれた伴船とともに沖の綱切島あたりまで行くと、
 綱を切られ、あとは波間を漂い、風に流され、
 いずれ沈んでいったものと思われます。

船のしつらえや渡海の方法などは時代により異なるのでしょうが、
補陀落渡海とは、
 いわば生きながらの水葬であり、
 自らの心身を南海にて観音に捧げる捨身行だったのでした。


死亡してからの補陀落渡海
平安から鎌倉までは本気で補陀落往生を求めて渡海していたようですが、
室町時代以降、
 儀式化したようで、
 補陀洛山寺の住職は60歳くらいになると、
 渡海する慣わしになっていたようです。
その年を過ぎても渡海しない場合は信者に後ろ指を指されたといいます。

しかしながら
 江戸時代には生者の渡海は行われなくなり、
 代わって、
 補陀洛山寺の住職が死亡した場合、
 あたかも生きているかのように扱って、
 かつての補陀落渡海の方法で水葬を行うようになりました。

そのきっかけとなったと伝えられるのが次に述べる事件。
 
戦国時代のこと。
金光坊という僧が船出したものの、
 途中で命が惜しくなり、
 屋形を破り、船から逃げだして、小島に上がってしまった。
役人はこれを認めることができず、
 金光坊を海に突き落として殺してしまった。
そういう凄惨な話が伝えられています。
 
この事件がきっかけとなり、生者の補陀落渡海はなくなったそうです。
現在、那智浦沖には金光坊(こんこぶ)島と呼ばれてる小島があります。

宗派の特徴

やさしい仏教入門

宗派の特徴

○○宗の○○寺と言う
現在は一寺一宗ですが、
 奈良時代まではひとつの寺にいろいろな考えの僧侶がいました。
同じ分野を学ぶ僧侶たちが一つの集団を作りこれを衆と呼んでいました。
各衆には大学頭や小学頭と呼ばれる人がいて、
 勉強する僧侶を指導しました。
今の総合大学のような感じです。

これが平安時代になると、
 一つの衆だけで一つの寺を使用する
ようになり、

衆より○○を宗むねとする派閥つまり宗派の存在が大きくなり、
 一寺一宗となりました。

下記は日本の代表的な13宗派です。
系 統  宗派名  開祖・別名 生年-没年

奈良仏教系
 法相宗
 律 宗
 華厳宗

密教系
 真言宗  空海 弘法大師 774-835

密教&法華系
 天台宗  最澄 伝教大師 767-822

法華系
 日蓮宗  日蓮 立正大師 1222-1282

浄土系
 浄土宗  源空 円光大師 1133-1212 法然
 浄土真宗  親鸞 見真大師 1173-1262
 融通念仏宗  良忍 聖應大師 1072-1132
 時 宗  智真 証誠大師 1239-1289 一遍

禅 系
 臨済宗  栄西 千光法師 1141-1215
  日本には禅宗という宗派はありません。
 曹洞宗  道元 承陽大師 1200-1253
 黄檗宗  隠元 真空大師 1592-1673



法相宗
 「唯識三年倶舎八年」と言って難解な思想を持つ。
 無常のこの世で迷える自分自身の心を深く究明してゆく。
 密教のような即身成仏ではなく、
  長い時間をかけ段階を経て修行を重ねて成仏すると考える。
 また、ひたすら念仏や題目を唱えるとか坐禅をするなど、
  ひとつの行に専念するのではなく、さまざまな行を勧める。
 本尊は唯識曼荼羅(ゆいしきまんだら)。
 弥勒菩薩を本尊とする事も出来る。


律宗  
 鑑真和上が有名 本山=唐招提寺
 経・律・論の内、律を中心とする。
 戒・定・慧の三学でも定慧は戒に含まれると考える。
 戒律と言えば一般的には戒より律の方が念頭に置かれるが、
  律宗では戒に集約される(戒は自己規制=自発的。律は集団のルール=他律的)。
 スリランカ等の南方仏教の戒とは異なるが、
  天台宗系統とはまた異なる戒の系譜です。
 空海の影響で灌頂(かんじょう)もある。
 教典は四分律、梵網経、法華経が中心。
 本尊は盧舎那仏(るしゃなぶつ)

 最澄と空海は同じ密教系でも奈良仏教系とのかかわり方が異なる。
 空海は協調的で、奈良仏教系の寺に密教の影響を残している。

 最澄は戒のあり方で対立することが多かった。
  そのため奈良県には天台宗の寺が少ない。


華厳宗
 「一がそのまま多であり、多がそのまま一である」
  という相反するものを一つに統括しようとする考え方を持つ。
 哲学的な雰囲気が濃厚で宇宙的でもある。
 空海が東大寺の別当になったことがある為、作法や行事に真言宗的なところがある。
 教典は大方広仏華厳経が中心。
 本尊は毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)太陽のように光明を放つ仏で、
  この光明によって迷っている人々を浄土である華厳世界に導く。


真言宗
 曼荼羅的な思想が中心。
 十住心思想といって、人の心のあり方、価値観、
  宗教などを10段階に分け、
  最終段階は大日如来と同レベルに達することを説く。
 大日如来がすべての根本であって、
  万物は大日如来と深いかかわり合いを持っていると考える。
 また真言密教以外の教えは顕教とし、
  それは真言密教の一部であり、
  密教に到達するまでの過程とした。
 教典は大日経と金剛頂経が中心。
 本尊は大日如来。

 真言宗と天台宗とでは密教の取り扱い方が異なる。
 真言宗の密教は東密(とうみつ)と呼ばれ天台宗の密教は台密(たいみつ)と呼ばれる。
 天台宗では顕密一致といって密教と顕教を同格に扱う。


天台宗
 どの宗派とも違いが少ないのが特徴の一つ。
 また天台で学んで宗祖になった人が多いのも特徴。
 円、密、禅、戒、どれも大切にする(四宗融合)。
 人それぞれ縁に応じてどの分野から入っても良い。
 修行も四種三昧といって四通りの方法がある。
 四種三昧のひとつ常行三昧の発展した回峯行も特徴。
 教典は法華経中心であるが朝題目夕念仏といい、
  朝は法華経中心、夕方は阿弥陀経中心で勤める。
 本尊は定め無し。

 本尊をしいてあげれば法華経が中心なのでお釈迦様。
 または本山の根本中堂の本尊が薬師如来なので薬師如来。


日蓮宗 
 江戸時代までは法華宗または日蓮法華宗といった。
 現在でも法華宗を名乗る一派もある。
 法華経中心を徹底し、法華経と人の生き方と一体化させようとする。
 特に第16章の如来寿量品をよく読む。
 法華経の中で未来に登場するとされた上行菩薩は自分だと日蓮は考えた。
 南無妙法蓮華経の7文字に法華経の功徳がすべて込められている。
 お題目を唱えることは、法華経を読む、奉持する、他人に説く、書写する、
  などと同等の価値があると考える。
 本尊はお釈迦様、大曼荼羅、日蓮聖人。

 日蓮が学んだ天台宗も法華経を中心にすえているが、
  天台宗は多面性を持ち、法華経とは哲学的な関わり方をしている。
 日蓮は法華経を身体で読んだとも言われる。


浄土宗 
 当初は善導宗とも呼ばれた
 修行による成仏は否定し、修行の価値を認めない。
 念仏を唱えることは行として勧める。
 唱えることで極楽往生する。
 念仏を唱えることを重視。
 成仏と往生は区別して考える。
 極楽往生の後、極楽浄土で修行し成仏すると考える。
 教典は浄土三部経のうち観無量寿経に重きを置く。
 本尊は阿弥陀様。
 向かって右に観音様、左に勢至菩薩を祀るのが基本(弥陀三尊の形式)。
 浄土三部経は無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経の三つ。


浄土真宗
 人が求めなくとも仏が救って下さるという考え(他力回向の理論)。
 いずれ仏になることが約束されているから、改めて修行する必要はない。
 「阿弥陀様が救って下さる」と信じることで往生できる。
 それ以降は感謝の行ないとして念仏を唱える。
 教典は浄土三部経のうち無量寿経に重きを置く。
 本尊は阿弥陀様。理論的には「南無阿弥陀仏」という言葉(名号)。

 浄土真宗では
  弥陀三尊の形式はとらない。
 救い主は阿弥陀様のみ。
 阿弥陀様が人の苦悩をじっとして見ていられない事を表わすため坐像ではなく立像。
 他力は阿弥陀様の力を指す。


融通念仏宗
 「一人の祈りがすべての人の為になり、
  すべての人の祈りは自分のためにもなっている」
  同じように一行の念仏はすべての経文と同様になり
  「一と多」は互いに融通する関係となる。
 毎日百遍の念仏を唱えること(日課念仏)が修行の根幹。
 阿弥陀様の存在の仕方が他の浄土系と異なり、密教系の大日如来的な存在。
 教典は華厳経と法華経が中心。
 浄土系であるが浄土三部経は二義的。
 本尊は十一尊天得如来。

 十一尊天得如来は中央に阿弥陀様、周囲に10体の菩薩が囲む曼荼羅。
 「一が多、多が一」の考えは華厳経の特徴。


時宗
 念仏を唱える時は、唱える心構えや、その結果がどうなるか、
  などと言うようなことを心配する必要はない。
 ただ心のままに、何も期待せずに念仏を唱えることを説く。
 日々の生活の中で一瞬一瞬を臨終と考える。
 念仏を唱えて往生するのではなく、念仏すなわち往生という考え。
 教典は阿弥陀経が中心。
 本尊は阿弥陀様または南無阿弥陀仏の書。


臨済宗
 教典や教えに依存せず相手の心に直接働きかけ、
  その本質を悟らせる。
 あらゆる生命と共存していることに感謝するため、色々な仏様や神様を祀る。
 すべてのものに仏性を見て礼拝する。
 1700余りの祖師の言葉を体得することが悟りの基本。
 そして日常の中に真理を具体的なモノとしていくことが求められる。
 坐禅の座り方は対面形式で行う。
 教典は特に定めない。
 本尊も定めなし。
 普通お釈迦様が多い。

 本来の禅宗様式は本尊を祀らず、
  その場所には椅子をひとつ置く。
 椅子に座って法を説く人が本尊に相当する。
 また、この場合お堂は法堂(はっとう)と呼ばれる。
 仏像を祀るお堂は仏殿と呼ぶ。


曹洞宗
 坐禅を修行の基本として、修行の威儀作法を重視する。
 悟りを求めない修行によって悟りを得られると考える。
 悟りを目的とする修行は打算的であり打算的な悟りを生む。
 悟るまで修行することは、悟ったら修行しなくて良いことになる。
 悟りへのこだわりはいらない。
 坐禅の座り方は中国以来の面壁。
 教典は道元が書いた正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)が中心。
 その道元は法華経を大事にした。
 本尊はお釈迦様。


黄檗宗 
 明治9年 臨済宗黄檗派から黄檗宗に修行形態は臨済宗と同様。
 儀式の形式や使われる言葉は明時代の様式。
 教典は特に定めない。
 陀羅尼や阿弥陀経も読む。
 念仏を唱えるが浄土系とはかなり捕らえ方が異なる。
 南無阿弥陀仏を「ナムオミトフ」と読む。
 般若心経は唐音で読むのが特徴
 「ポゼポロミトシンキン。カンツサイプサ、ヘンシンポゼポゼポロミトス」となる。
 最近では他宗と同様に漢音で読む事もある。
 本尊はお釈迦様。

三毒

三毒(三不善根)

三毒(さんどく)とは、
 克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩のことである。

すなわち、
 貪(どん)、
 瞋(じん)、
 癡(ち)


 を指し、煩悩を毒に例えたものである。

人間の諸悪・苦しみの根源とされている。
最古の経典と推定される、
 南伝仏教のスッタニパータにも、
 貪、瞋、癡を克服すべきことが述べられている。

更に中部経典においては「三不善根」として記され、
 3つがまとめて論じられている。

三毒(三不善根)は悪の根源であり、
 それが展開されて十悪となる。


○三毒(三不善根)
1.貪(どん、貪欲:どんよく)
  むさぼり、必要以上に求める心のことである。

2.瞋(じん、瞋恚:しんに)
  怒りの心のことである。

3.癡(ち、愚癡:ぐち)
  真理に対する無知の心のことである。
  真理を知らないことである。
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: