スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日春秋

【コラム】中日春秋 2013年2月26日

いい絵本は、
 大人が読んでもわくわくする。
子どもに読み聞かせていると、
 言葉のリズムで唇や舌が喜び出し、
 何度も読みたくなる


▼昨年春に八十三歳で逝った米国の作家モーリス・センダックの
 『まよなかのだいどころ』
 (神宮輝夫訳)は
  音読してこそ魅力が分かる、そんな本だ

▼みんな寝静まった夜、
 主人公のミッキー君が、
 家の中のただならぬ物音に気づく。

 「うるさいぞ!」と叫ぶと…
 くらやみにおっこちて、
  はだかになっちゃって…
 おりたところは 
  あかるいまよなかのだいどころ…。
 裸ん坊のミッキーが
  真夜中の台所で陽気なパン屋さんと繰り広げる
  素敵(すてき)な冒険物語だ


▼世界的ベストセラーになった
 この傑作が、
 米国では論争の的になっているという。

 
 一糸まとわぬミッキーの姿が
  不道徳ではないかというのだ。


 見せたくないところは
  隠せばいい、


 とミッキーに
  おむつを描き加えた
図書館員もいるらしい
 (マルコヴィッツ著『「かいじゅうたち」の世界へ』)

▼少年の無邪気さを象徴する「裸」に、
 不道徳を見て取る
 狭量さにはあきれるが、

 こちらもなかなかだ。

※きょうりょう【狭量】
 一つの考えにとらわれ、
  異なる考えを受け入れられない・こと(さま)。

 度量の小さいさま。心のせまいさま。


 島根県奥出雲町では、
  公園に置かれた
  
 ミケランジェロ作「ダビデ像」の複製に
  一部の住民から「裸は気持ち悪い」
 「下着をはかせたら」
 との苦情が出ているという


▼ミッキーにおむつ、
  ダビデにパンツ。
 隠せばいいと思う心の方が、
  ずっと恥ずかしい。

スポンサーサイト

中日春秋

【コラム】中日春秋 2013年2月28日

その男の子には、心配事があった。
大きくなったら、科学者になると決めていた。
 「でも、自分が大人になるまでに、
  すべてのことが発見しつくされてしまうかもしれない」


▼その不安をお母さんに打ち明けたら、こう慰めてくれたという。
  「心配ありませんよ。
 あなたが発見するものは、まだまだたくさん残っていますよ」

▼少年は長じて、
 生命の謎に迫る大発見をする。

 英国の分子生物学者フランシス・クリック博士は
  「DNAの二重らせん構造の発見」を、
  米国のワトソン博士とともに成し遂げた

▼故クリック博士
 一九六二年に受賞した
 ノーベル医学生理学賞のメダルが、
 競売に掛けられることになった。

 
四億円とも見込まれる売り上げを、
 博士の志を継ぐ科学者のため
 役立てたい
というのが、
  遺族の願いだそうだ

▼受賞後すぐに
 メダルをしまい込み
 研究に戻った

 という博士の姿は、
 そのちょうど五十年後に同じ賞を手にし
 「賞は過去のこと。
  メダルは大切にしまい、もう見ることもない」
  と語った山中伸弥教授と重なる

▼博士は自著『熱き探求の日々』で大発見の日のことを、
 <興奮はしたが、手ばなしで成功だとは思ってもいなかった>と振り返っている。
 <二重らせんは…多くの考え方を示唆するものであるがゆえに終わりではなく、
  始まりなのだ>と。
 六十年前のきょう二月二十八日が、その始まりの日だ。

高速ツアーバス

中日春秋 2012年5月3日

市場における競争の激化は、
 一般に、商品の価格を下げる効果がある。

その点では消費者にメリットがあるが、
 怖い面もある

▼問題は、
 事業者が利益をぎりぎりまで削り、
  価格を下げてもなお値下げ競争を強いられる場合。

 原材料費に当たるものを抑えるなら、

 例えば、
  ハンバーグのサイズを小さくするように、
  商品の量やサービスの内容を変える手がある

▼だが、
 それでは顧客に一目瞭然。
 値下げになっていないと見抜かれる。

 だから、
  コストカットの矛先は勢い消費者の目につかないところ、
  気づきにくいところへと向かいやすい

▼報道によれば、
 高速ツアーバスの業界も規制緩和で新規参入が相次ぎ、
  大変な競争になっているようだ。

 群馬県の関越道で乗客七人が犠牲になった痛ましいバス事故も、
  そんな背景の中で起きている

▼逮捕された運転手は
 「疲れていて居眠りした」。

 夜通し五百キロなどという長距離を走るのに、
  交代ドライバーもなしなど、
  十分な手当てをしていない業者が少なくないのも、
  旅行会社からの請負価格を抑えるためという

▼行き先も所要時間も同じだが、
 低価格のため実は
 「安全」は
   疎(おろそ)かにしたと
  予(あらかじ)め分かっていたら誰が利用しよう。

 ツアーバスに限らぬ。

 一見同じ商品、
  サービスの背後で何が犠牲にされたか消費者に見えない。

 そこが低価格の、
  否、
  それを強いる競争万能主義の怖さである。

中日春秋

中日春秋 2012年4月28日

「×も傾ければ+(プラス)になる」。

これは、
 日本に暮らして実業界で奮闘する、
 ある米国人女性が、
 自身の気の持ちようを表現した言葉だ。

本紙の記事で読んで、
 以前にも小欄で紹介したことがある

▼否定されたり、
  失敗したりすれば、
  誰しも落ち込む。

 だが、
  少し見方を変えれば、
  それは自分の肥やしにもなり得る。


 苦境にある人を前向きにさせてくれる
  立派な箴言(しんげん)だと思う

※しん‐げん【箴言】-日本国語大辞典
 いましめとなることば。
 人生の教訓の意味を含めた短い句。格言。

丼勘定

中日春秋 2012年4月25日

江戸時代、
 金銭や鼻紙などを入れ、
 懐に持ち歩いた大きめの袋を
 
 「丼(どんぶり)」と呼んでいた。

更紗(さらさ)や緞子(どんす)でつくり、
 遊び人が好んで使った

 この袋から無造作に
  金を出し入れする様子から生まれたのが

 「丼勘定」という言葉らしい
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2オンラインカウンター ここから --> 現在の閲覧者数: